Motown21トップメルマガ > メルマガバックナンバー

メールマガジン バックナンバー

 バックナンバー一覧
[ 2007-06-08 ]

 ■   ■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■  ■  ■ ■  ■
 ■■ ■■ ■  ■   ■   ■  ■  ■ ■ ■ ■  ■■ ■
 ■ ■ ■ ■  ■   ■   ■  ■   ■  ■  ■ ■ ■
 ■   ■ ■■■■   ■   ■■■■   ■  ■  ■ ■■
---------------------------------------------------------------------
      Presented by motown21 http://www.motown21.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     * ■1ヶ月に80人ものお客さまに登録をいただきました■
     ┃ 
┏━━━━┫ 
┃┌──┐┃ お客さまの携帯メールアドレスを事前に集めておく必要がない
┃│E-xs│┃ のが「E-xs:TIO」です。
┃└──┘┃ 来店時に登録をその場で勧める、車検などのDMに「QRコー
┣━━━━┫ ド」を印刷して、そこから登録をしていただく、同様にチラシ
┃ ◇□◇ ┃ を使って登録を促す。こうしたことができるもの、「E-xs:TIO」
┃ ○○○ ┃ の特徴です。1ヶ月に80人もの登録ができました。
┃ ○○○ ┃      ↓             ↓
┃ ○○○ ┃  http://www.motown21.com/PR/EXS_point/index.php
┗━━━━┛      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ┌─────────────────────────────┐
  │                             │
  │【Motown21 レター《Vol.92》 07年06月08日(金)】┝┓
  │                             │┃
  └┰────────────────────────────┘┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  
 Motown21レター読者の皆様、こんにちは。
 
 今日は夏を思わせる暑さですね。ここ横浜では風がある分、歩いていても少
 し楽ですが、事務所に戻ってくるとしばらくは汗が吹き出てきます。
 
 こんなときに「塩飴」がいいそうです。なんでも、汗とともに排出される塩
 分の補給不足が現代人が熱射病などで体力を失いやすい要因の一つだそうで
 す。その補給に一役買っているのが塩飴とか。
 
 作業現場で働くサービスマン諸氏、一度試してみてはいかがですか?
 
 
                            スタッフ カク
 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■□ Motown21レター第92号ヘッドライン

  ■Motown21レター特集1
   「オートサービスショーに行こー!」

  □気になる言葉:カー用品

  ■今週の更新&おすすめ情報
  ・顧客拡大
  ・話題を追って2本

  
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ■□
 □■  【オートサービスショーに行こー!】
 ■□
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Motown21レター特集[1] ━┛

  2年ごとに開催される自動車整備・補修機器及びビジネスソリュー
  ションの見本市「第31回オートサービスショー2007」が6月
  15日(金)から17日(日)の3日間にわたって開催されます。
  整備需要が低迷する中での開催に、どのような機器やビジネス業態
  があるのか注目が集まっています。
  
  
1.昨今の整備機器事情

 整備機器関連の市場規模は、平成16年において1,008億円となっています。
 この販売実績は、10年前の平成7年と比べるとマイナス327億円、約
 25%も落ち込んでいます。
 
 この10年間に認証工場数は83,198工場から88,644工場となり、6.5%も
 増加しているにもかかわらず、機器の販売額はマイナス成長です。増加した
 工場の中には、限定認証工場もあり全部認証と比べれば認証工具の数が少な
 いなどマイナス要因を考慮しても、落ち込み幅は尋常ではりません。
 
 因みに、工場当りの購入額では、平成7年で1,604千円に対して平成16年
 では1,137千円とマイナス29%と縮小しています。また、整備要員当たり
 の購入額も平成7年実績で344千円が平成16年では259千円と約25
 %も減っています。
 
 この間の全整備売上高は6,794億円のマイナスとなっていて工場経営が厳しい
 状況にあり、出るものを控え、何とか耐え忍んでいるのが実態です。機械設
 備が更新時期に来ているものの、大型の設備は後回しにして、今の整備作業
 に支障をきたすものだけを購入している感じです。
 
 その証として、ハンドツールの販売額が著しく伸びています。平成7年では、
 91.7億円で5位の売上規模であったモノが、平成16年では123.5
 億円となり第3位になっています。
 
 こうした購入者側の事情だけではなく、機械工具自身の課題もあるのではな
 いでしょうか。寝板で作業していたものを「リフト」に変えるだけで、作業
 効率はたちまち高まり、生産性向上に大いに貢献をし、どの工場でも競って
 導入をしました。また、スパナで作業していたモノが「インパクトレンチ」
 によって大幅に短時間作業を可能にしました。
 
 しかし、最近ではこうした劇的に生産性を変えるような、インパクトがある
 機器が誕生していないことも、販売額の減少にあることも事実です。ショー
 の会場で聞く言葉として、「今回のショーは見るべきモノがないねー」なん
 ていうことを耳にします。
 
 「何か変わったモノ」という視点でショーの会場に出かけても、「あっ」と
 息を呑むような画期的な機器は少なくなりました。しかし、見方によっては
 「なるほどー」と、思わず膝をたたくような機器もあります。
 
 
2.観るショーから視るショーに

 そこで、ショーにお出かけの心構えを伝授します。ショーに、何か変わった
 モノがないか、画期的なものがないか、といった「観る」ために出かけるの
 ではなく、テーマを持ってショーを「視る」ことです。
 
 テーマとは、一つは「トレンド」を探るというテーマがあります。整備需要
 の方向がどちらに進んでいこうとしているのか、整備ニーズとしてどのよう
 なものがあるのか、変わってきているのか、こうしたことを肌で感じること
 です。
 
 もう一つは、基本的に自社の「課題」や「問題点」を解決してくれる。又は、
 補完をしてくれる、あるいはヒントを与えてくれるものを探し出すためにシ
 ョーに出かけるということです。
 
 そのテーマには、
  ・作業効率
  ・エコ対策
  ・技術補完
  ・商品開発
  ・コスト削減
 などです。
 
 したがって、先ずショーに出かけるには、事務部門、作業部門が抱える課題、
 問題点を明らかにすることです。何が課題なのか、何が問題なのかを経営者
 だけが考えるのではなく、社員全員と考え、明らかにすることです。
 
 経営者の方が「現場が欲しいといったら購入する」ということを言います。
 もっともなことですが、では現場の方が、いま何が現場で課題があるのか、
 問題点があるのか、その原因が何かが思想統一されているのでしょうか。
 
 思想統一できていない中で、欲しかったら購入するというのは、如何なもの
 でしょうか。「ショーに行ったらこんな機器があったゾ。このようなことが
 出来るそうだ、欲しかった買ってあげるゾ、どうだ」。さぁーこれでいいの
 でしょうか?
 
 こうしたことは、ショーに出かける前に、現場の問題点などを、関係者又は
 全社員で話し合って抽出し、その原因は「ハード」なのか「ソフト」なのか
 を明らかにして、解決策を話し合うことが必要です。
 
 その上で、ショーに行ったら原因を解決するに役立つ機器があったので、導
 入の検討をしようと、話し合いをすることで、本当に生きた機器の使い方が
 出来るのです。
 
 導入に当たっては、機器を機器として単に機能を使うのではなく、機器の機
 能を生かす工夫もして欲しいものです。例えば、リフトを導入したらば、単
 に自動車を上げ下げするものとして利用するだけではなく、上げ下げの回数
 を最小限にするためには、どのような手順が必要なのか、付帯する機器は必
 要ないのか、など自社なりの機器を生かす「ソフト」を、検討し作って欲し
 いものです。
 
 
 第31回オートサービスショー2007⇒http://www.jasea.org/a.s.show/
 
 
 感想・ご意見・お問い合わせ等は⇒info@motown21.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【ティオが提案する新しいポイントシステムは来店を動機付けます】  *
                                  ┃
 ポイントが貯まったから、買い物にこられるのではなく、  ┏━━━━┫
 何らかの理由や必要が合って来店されるのです。      ┃┌──┐┃
 その理由や必要を知らしめるのに「DM」や「チラシ」を  ┃│E-xs│┃
 使っていますが、費用対効果が下げっています。      ┃└──┘┃
                             ┣━━━━┫
 ティオのポイントシステムは、お客さまの携帯電話に来店を ┃ ◇□◇ ┃
 動機付けるお知らせメールを送ります。          ┃ ○○○ ┃
 だから、来店効果が高いし、費用がかかりません。     ┃ ○○○ ┃
 紙媒体ではできない「臨機性」も魅力です。        ┃ ○○○ ┃
    ↓             ↓          ┗━━━━┛
  http://www.motown21.com/PR/EXS_point/index.php 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ________
/////■気になる言葉■/////////////////////////////////////////////////
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 【カー用品】
 
  どの店舗でも関心の中心は「集客」である。集客するには、何が必
  要だろうか。
  
  車検?オイル交換?人気中古車?
  
  これらは、人気取りのための価格競争になりかねない。ナゼか?そ
  れは、新規客をターゲットにしようとするからだ。集客のターゲッ
  トは既納客にある。それを忘れたら労多くして益少なし、になりか
  ねない。
  
  つまり集客が目的ではなく、集客は手段なのだ。目的は「客単価ア
  ップ」そのために集客を図ることである。
  
  人口が減少し、そのことで保有台数が減少する。これは明らかだ。
  にもかかわらず新規の客ばかりに眼を向けていたのでは、価格競争
  に巻き込まれるだけだ。
  
  当然だが、新規客獲得のための活動は必要不可欠である。どんなに
  ガンバッテも、既納客は目減りしていく。転勤、廃車、浮気などで
  年間一定割合で減少する。その分をカバーするためにも新規客の獲
  得は必要なことだ。
  
  客単価アップに必要なことは、先ず扱い商品の既納客普及率を上げ
  ることだ。その次に、扱い商品を増やすことである。整備工場や車
  体整備工場では、「コーティング」や「洗車」などの美装整備が考
  えられる。
  
  中古車販売店では、保険やカー用品である。もちろん、整備工場や
  車体整備工場でも保険やカー用品は大事な付加価値商材であること
  は間違いない。中でもカー用品に注目が集まってきている。
  
  最近は、新車ディーラーも、ネットを使ってカー用品の拡販に精を
  出している。それも純正用品ではなく、社外のカー用品を積極的に
  扱い始めているのだ。
  
  整備工場や中古車販売店もカー用品で、集客を図り付加価値の向上
  を検討してみてはいかがだろうか。
  
  
━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━
         ≪今週の更新&おすすめ情報≫ 
━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━

・顧客拡大
 ☆実践セールスプロモーション:『6月のセールスプロモーションのポイン
  トのご提案』
  ⇒http://www.motown21.com/PR/Sales/2007_06/index.php

・話題を追って
 ☆業界@info:自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2007」が開
  催されました
  ⇒http://www.motown21.com/Topics/Gyokai_31/index.php
  
 ☆業界@info:低迷続く登録車市場、6月以降の新車ラッシュに期待
  ⇒http://www.motown21.com/Topics/Gyokai_32/index.php
----------------------------------------------------------------------
 ご┃注┃意┃!┃
 ━┛━┛━┛━┛
 Motown21各コンテンツは「☆」と「★」がございます。
 ☆=オープンコンテンツ(どなたでも自由に視聴いただけます)
 ★=会員限定コンテンツ(Motown21会員だけが視聴いただけます)
======================================================================
【編集後記】
 
 毎回7万人前後を集めて開催されるオートサービスショーが、いよいよ来週
 の15日から開催されますね。
 
 皆さんは、何を期待されてお出かけされますか?
 私は、ショーのテーマになっている「みんなの願い 環境整備と安全整備」に
 期待して覗いてみます。
 
 環境整備は、コストダウンにも繋がりますし、安全整備にも繋がります。ど
 の程度の提案あるか楽しみです。
 
 
                      Motown21スタッフ カク★☆
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         「Motown21レター」のご案内
======================================================================
 ■意見・感想・質問等⇒info@motown21.com
■購読登録⇒http://www.motown21.com/MMag/
 ■購読中止⇒info@motown21.com
======================================================================
【発行元】株式会社ティオ Motown21事務局 info@motown21.com
【所在地】〒231-0004 横浜市中区元浜町3−21−2 ヘリオス関内ビル2F
      tel:045-222-8295 fax:045-222-8296 
【発行人】山本 覚  【編集人】村谷 良子  吉岡 善一 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ※本メールに掲載された内容は許可なく転載することを禁じます。
   All Rights Reserved, Copyright(C) 2005-2007, motown21&tio
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 バックナンバー一覧