Motown21トップメルマガ > メルマガバックナンバー

メールマガジン バックナンバー

 バックナンバー一覧
[ 2008-07-25 ]

 ■   ■ ■■■■ ■■■■ ■■■■ ■  ■  ■ ■  ■
 ■■ ■■ ■  ■   ■   ■  ■  ■ ■ ■ ■  ■■ ■
 ■ ■ ■ ■  ■   ■   ■  ■   ■  ■  ■ ■ ■
 ■   ■ ■■■■   ■   ■■■■   ■  ■  ■ ■■
---------------------------------------------------------------------
      Presented by motown21 http://www.motown21.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  /                             \
  ■【Motown21 レター《Vol.146》 08年07月25日(金)】■
  \                             /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ●   携帯囲い込みツールの決定版がリニューアル   ●
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                                  *
 好評いただいていた「E−xs:TIO」が「SSギア」       ┃
 に進化しました。                    ┏━━━━┫
                             ┃┌──┐┃
 ■車検・点検など期日管理が可能となりました!      ┃ SSギア ┃
 ■購買履歴の管理が可能となりました!          ┃└──┘┃
 ■購入代金に応じたポイント付与が可能となりました!   ┣━━━━┫
 ■メール配信の予約配信が可能となりました!       ┃ ◇□◇ ┃
                             ┃ ○○○ ┃
 しかも好評だった従来機能もそのままです。        ┃ ○○○ ┃
    ↓             ↓          ┃ ○○○ ┃
 http://www.motown21.com/PR/SSgear/index.php       ┗━━━━┛
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Motown21レター読者の皆様、こんにちは。
 
 連日猛暑が続いていますが、体調はいかがですか。
 
 昨日岩手県で大きな地震がありましたね。ニュースでは、振動の関係で家屋
 の倒壊などの被害がほとんどなかったようです。一先ず安心しました。
 
 地震大国を否が応でも感じますね。昨日もある方と、避難のし方について話
 題となり、指定避難地を知らないし、行ったこともない。ということで、近
 日中に確認しておこうとなりました。
 
 指定避難地にいかないと、食事などの配給にもありつけないようですから、
 皆さんも、ことの起きる前に確認しておくように、お勧めいたします。
 
 暑い毎日ですが、業界の売上は冷えたままですね。分解整備実態調査による
 と、H19年度の整備売上高は5年ぶりに前年比マイナスです。厳しいなん
 て言ってられない状況です。
 
 夏休みを使ってでも、経営の方向性などを明確にして、着実な歩みが必要で
 すね。
 
                            スタッフ カク

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■□ Motown21レター第146号ヘッドライン

  ■Motown21レター特集1
   「淘汰の時代が本格化か!」

  □気になる言葉:夏期休暇
    
  ■今週の更新&おすすめ情報
   ・今週はございません。
    8月より「人事・労務」について新連載が始まります。業界の団体職
    員を長く勤められ、業界事情に詳しい社労士の方が執筆いたします。
    ご期待ください。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ■□
 □■  【淘汰の時代が本格化か!】
 ■□
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Motown21レター特集[1] ━┛


  先ごろ国交省から「19年度 自動車分解整備事業実態調査結果」
  が公表されました。それによると、昭和39年の統計以降初めて、
  整備工場数が減少しました。いよいよ整備業界にも本格的な淘汰
  の時代の予兆なのでしょうか。
  
  
1.業界が経験する初めて事業者数の減少

 平成19年の整備事業者数は、89,203工場、前年比でみると100%
 ですが、前年の工場数の実数で比べると36工場の減少です。これは、昭和
 39年の統計以降初めて経験することです。
 
 増減数を業態別に見てみると
 
         H19年  H18年  増減数  増減率
   専業工場  54,191 54,235  -44    99.9%
   兼業工場  14,940 14,704  +236   101.6%
   ディーラー 16,226 16,335  -109   99.3%
   自家工場  3,846  3,965   -119   97.0%
   合計    89,203 89,236  -36    100.0%
 
 です。唯一兼業工場が増加していますが、それ以外は軒並み減少です。兼業
 工場のみが増加した理由として、あくまで推測ですが、専業工場またはでデ
 ィーラー工場からの業態換えが入っているものと考えます。
 
 どんな理由があるにせよ、工場数減少の背景には、保有台数の減少、交通事
 故の減少など、走行距離の減少などの需要発生源の減少が大きくかかわって
 いることは間違いないところです。
 
 また、ITSなどの走行安全装置の普及やメンテナンスフリー化の促進などに
 より、今後も整備需要や車体整備需要は減少が続いていくものと予想される
 ところです。
 
 8万9千工場のうちの36工場の減少だから、大したことはないと片づけら
 れないことです。一時の減少で済めば誤差の一部と片付けてもよいのでしょ
 うが、ここ数年の動向をみていると、瞬間的な出来事はないように思われま
 す。
 
 下記の表をご覧ください。この表は、新規に開業する工場と、廃業する工場
 の数を示したものです。平成14年では、その差が589工場と新規開業工場数
 が多かったものが、年々その差が縮まり平成18年では23工場となり平成14年
 の僅か25分の一にまでになっています。
 
          H14年  H15年  H16年  H17年  H18年
   新規開業数  1,648  1,597  1,602  1,557  1,346
   廃業数    1,059  1,131  1,257  1,224  1,323
   増減数    589   466   345   333   23
 
 こうした推移を見てみると、平成19年に初めて経験した工場数の減少は、単
 年度だけで終わることではないように思われます。
 
 平成7年当時の一工場当たりの整備売上高に必要な工場数は、約7.5万工
 場です。したがって約1.5万工場多いことになります。極めて単純ですが、
 整備需要が横ばいとしても1万前後は淘汰されてもおかしくないことになり
 ますし、整備需要が減っていけば、それ以上多くの工場の淘汰が進むことに
 なりそうです。


2.再び6兆円を割った
 
 平成15年以降4年間にわたって対前年売上高を上回ってきましたが、平成
 19年では、5年ぶりに対前年を下回ってしまいました。その結果、18年
 で6兆円を回復した整備売上高は、再び6兆円を割り込み、5兆9524億
 円となりました。
 
 19年の整備売上高で特徴的だったのが、ディーラーだけがマイナスとなっ
 たことです。ディーラーは、平成7年以降前年割れの年もありましたが、順
 調に売上高を伸ばし唯一平成7年の売上高をオーバーしています。
 
 そのディーラーが他の業態が前年プラスであったにもかかわらず、マイナス
 であったことは、とても特徴的な出来事です。今までは、この逆のことは幾
 度となく業界は経験してきましたが、その逆の結果は、初めてのことです。
 
 その結果が、業界全体の整備売上高が前年マイナスということになったので
 す。つまり、それだけディーラーの整備売上高の減少幅が大きかったことに
 なります。
 
 因みに、ディーラーの整備売上高は2兆7355億円、前年比93.4%。
 専業工場は、2兆1594億円、同100.2%。兼業工場は7997億円、
 同106.1%。自家工場は2578億円、同100.7%です。
 
 業界全体のマイナス幅は1421億円、前年比マイナス2.3%ということ
 です。
 
 作業別では、車検整備がマイナス0.8%、その他整備がマイナス1.0%、
 定期点検がプラス6.3%、事故整備がマイナス9.3%となりました。定
 期点検が前年比で大きく伸ばした要因として、貨物車の3カ月点検が大きく
 伸びたことが挙げられます。
 
 これは、タイヤ脱輪による事故を受けて、貨物車の点検意識が高まったこと
 は言うまでもありません。そのことが、他の点検意識を高めることとなり、
 1年点検の売上高を伸ばしたことになりました。
 
 売上項目で見てみると、工賃売上、部品売上ともに前年比マイナスとなって
 います。外注のみが前年比プラスの状況です。こうした状況で気になるのが、
 工賃売上の割合が減ってきていることです。
 
 工賃売上の割合を専業工場で見てみると、平成16年の56.2%をピーク
 に、年々減少を続け、平成19年では51.2%にまで落ち込んでいます。
 その分、外注の割合が高まってきています。この傾向は兼業工場およびディ
 ーラー工場も同様です。
 
 高難度整備が増えることが予想されている中で、電気的故障への対応を速め
 ていくことが必要ではないでしょうか。外注が増えた部分のすべてではない
 にしても電的整備も多くなっていると予想されます。
 
 トヨタ以外の日産やホンダなど他メーカーもハイブリッド車の拡販計画が膨
 れんでいますし、09年には電気自動車が本格的に市販を迎えます。ますま
 す外注的な整備が多くなりますので、それに向けた技能の習得に努め、でき
 るだけ社内で整備できる態勢つくりが求められるところです。
 
 
 感想・ご意見・お問い合わせ等は⇒info@motown21.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃『整備事業コンプライアンス・マニュアル』好評発売中!┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■本書5つの特徴======================================================
 ・自主監査用の「整備事業&指定整備事業チェックシート(2冊)」付き。
 ・受入検査から完成検査の正しい実施要領と手順を分かりやすく解説
 ・記録簿及び適合証等の記入ポイントと正しい交付までの手順を解説
 ・監査に対する正しい心構えから対応のポイントと模範応答を掲載
 ・新時代の整備業の方向性のヒントとなる独自の「明日の整備業」を提言
  詳細は=http://www.motown21.com/Books/manual/

■Motown21会員&メルマガ会員特別価格のお知らせ========================
 ●特典1=マニュアル2,800円⇒2,520円(税込み)
 ●特典2=帳票類及び規定類集(CD)980円⇒880円(税込み)
 ●特典3=本書とCDのセット価格は、3,650円⇒3,300円(税込み)
 
  書籍のお申し込みは⇒http://www.motown21.com/Books/orderForm/
 
 ◎Motown21会員&メルマガ会員の方は、申込書の「通信欄」に必ず
 「Motown21会員」又は「メルマガ会員」と記入のうえ送信してください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ________
/////■気になる言葉■/////////////////////////////////////////////////
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 【夏期休暇】
 
  学校は、今週から夏休みに入った。企業の夏休みである夏期休暇は
  これからが本番を迎える。
  
  慣例的に「お盆休暇」が多いいが、最近は個人で計画して休暇を取
  る企業も増えている。
  
  厚生労働省の調査によると、今年の企業の夏休みは平均で通算日数
  は8.0日で、前年より0.3日短くなっているという。7〜8月
  の2か月間に、3日以上の連続休暇を予定している事業所の割合は、
  93.4%と過去最高だそうだ。
  
  連続休暇の平均は5.9日(前年比0.2日減)、最も長い夏休み
  は、電気機械器具メーカーなどの20日間となっている。昨年より
  も夏休みを減らした企業の85%が「暦の関係」を理由としている。
  
  7日以上の「通算した」連続休暇を予定している事業場は、連続休
  暇一斉実施予定事業場の67.2%(昨年68.7%)。業種別で
  は、製造業が83.6%(昨年82.7%)、非製造業が50.3
  %(昨年54.4%)となっている。
  
  連続休暇実施予定事業場のうち年次有給休暇を計画的に付与し連続
  休暇を実施する予定としているのは315事業(29.0%)。そ
  の平均年次有給休暇日数は2.9日(昨年3.0日)であった。
  
  因みに、世界の夏休みは、
   ・オーストラリア・・・1ヵ月半
   ・スペイン・・・1ヶ月
   ・スウェーデン・・・年齢に応じて25日から32日
   ・オーストリア・・・35日
   ・フランス・・・5週間+労働時間が半分になる日が2週間
   ・ポーランド・・・46日※10年以上働いてる人は+10日
   ・ドイツ・・・最低33日・最大37日
   ・イタリア・・・最低32日・最大42日
   ・ノルウェー・・・平日だけで25日
  だそうだ。
  
  日本の連続休暇の5.9日から比べると、どの国も日本より長い。
  これをどう考えるかだが、長ければいいとも限らないのでは・・。
  
  個人的には、10日で十分と思う。が、休暇の最後になると、もう
  1日と思うのは、人間の性なのだろうか。それとも、私の性格なの
  だろうか。
  
  毎年、休暇前に「読む本」を決めるのだが、満足に読破した年がな
  い。頭の中で計画していても、それを壊すのがいる。強いて誰とは
  言わないが、お察し頂けるはずだ。
  
  今年も、そうならないように祈りたい・・・・。
  
  
━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━
         ≪今週の更新&おすすめ情報≫ 
━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━
  今週はございません。
---------------------------------------------------------------------- 
 ご┃注┃意┃!┃
 ━┛━┛━┛━┛
 Motown21各コンテンツは「☆」と「★」がございます。
 ☆=オープンコンテンツ(どなたでも自由に視聴いただけます)
 ★=会員限定コンテンツ(Motown21会員だけが視聴いただけます)
======================================================================
【編集後記】
 
 今年の夏休みは、8月9日より17日の予定です。皆様はいつからでしょう
 か?色々聞いてみると大体同じような時期が夏期休暇のようですね。
 
 何時ものことですが、朝から晩まで高校野球観戦です。箱根マラソンと同じ
 で、ついつい観てしまう。
 
 取り立てて、予定もないのがいけないのかも。今年は、年初から走り続けて
 来たので、小旅行でも行きたい気分です。近場の温泉でリフレッシュしたい
 なーー。
   
                      Motown21スタッフ カク★☆
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         「Motown21レター」のご案内
======================================================================
 ■意見・感想・質問等⇒info@motown21.com
■購読登録⇒http://www.motown21.com/MMag/
 ■購読中止⇒info@motown21.com
======================================================================
【発行元】株式会社ティオ Motown21事務局 info@motown21.com
【所在地】〒231-0004 横浜市中区元浜町3−21−2 ヘリオス関内ビル4F
      tel:045-222-8295 fax:045-222-8296 
【発行人】山本 覚  【編集人】村谷 良子  後藤 晃芳 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ※本メールに掲載された内容は許可なく転載することを禁じます。
 All Rights Reserved, Copyright(C) 2005-2008, motown21&tio
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 バックナンバー一覧