Motown21トップメルマガ > メルマガバックナンバー

メールマガジン バックナンバー

 バックナンバー一覧
[ 2009-06-05 ]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆□◆【Motown21レター《Vol.182号》09年06月05日(金)】◆□◆  
----------------------------------------------------------------------
      Presented by Motown21 http://www.motown21.com      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Motown21レター読者の皆様、こんにちは。 
 
 HPリニューアル&発行180号プレゼントに多数ご応募いただき、ありがとうご
 ざいました。当選の皆様おめでとうございます。金の卵お届けします。
 
 紫陽花が似合う季節になりました。09年も上半期最終の月、いわゆる締め
 の月ですね。追加経済対策も決まり販売の現場では薄日が射しかけている状
 況とニュースは報じていますが、5月の実績を見れば、実際は薄日の兆しの
 状況です。
 
 新車は、エコ家電に先食いされているようで、先ずはエコ家電購入からとい
 ったパターンになっているようです。エコ家電は前年比2倍も売れている機
 種もあるといいます。この流れを逆にして「エコカー買ってエコ家電を買い
 替えよう!」といったキャンペーンが必要ではないでしょうか?
 
 エコカー減税にしてもスクラップインセンティブにしても、早い者勝ちです
 から対象顧客のリストアップは当然として、具体的な「提案活動」のスター
 トダッシュが販売台数を決めるポイントですから、早めの代替促進活動が求
 められますね。
 
                         Motown21レター担当者
======================================================================
          ----┤HEAD LINE├----          
         
■Motown21レター特集
 「CSR的発想でやる気の喚起を」

□更新情報
 ・技術革新
 ・話題を追って
 ・顧客拡大支援 
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ● 【SSで実績を上げた囲い込みツール「SSギア」】 ●
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                                  *
 「SSギア」はSS業界で磨かれた囲い込みツールです。       ┃
 だから、整備工場・中販店でも使い勝手の良いのが自慢です。┏━━━━┫
                             ┃┌──┐┃
 ■車検・点検などメールDM配信で通信コスト削減!    ┃ SSギア ┃
 ■ポイント付与メールで来店頻度・購買頻度アップ!    ┃└──┘┃
 ■双方向のコミュニケーションで新密度アップ!      ┣━━━━┫
 ■購買履歴管理で絞り込みで効果的な販促が可能!     ┃ ◇□◇ ┃
                             ┃ ○○○ ┃
 SSで220店舗以上の導入実績のあるSSギアの詳細は    ┃ ○○○ ┃
    ↓             ↓          ┃ ○○○ ┃
 http://www.motown21.com/PR/SSgear/            ┗━━━━┛
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┣■
┣□    【CSR的発想でやる気の喚起を】
┣■
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫Motown21レター特集┣┛

  先日関東のある県でセミナーを担当し、懇親会の席上で「健康保険
  の加入率が低いが他県はどうか?」と質問を受けました。その県の
  事業所は3千強ですが加入している事業場の割合は、12%前後とい
  います。その低さに「聞き直した」ほどでした。コンプライアンス
  は、どうなっているんでしょうか?
  
  
1.やる気の源泉とは

 平成18年以降、車両法に基づいた事業場の監査の実施内容が変わり、違反の
 程度により点数制になり、その直後は違反事業場が全国的に目につきました
 が昨今は、コンプライアンス意識の高まりによって、違反事業場の数が減っ
 てきてます。
 
 この傾向は大変結構なことですが、前述のように他の分野でのコンプライア
 ンスが未熟な事業場も多いのも事実です。何のためにコンプライアンスを推
 進するかといえば、お客さまのためです。
 
 お客さまが「安心」して「経済的」にカーライフを満喫していただくために、
 車両法に沿って修理し、不具合が発生しないように整備するのです。そのた
 めには、社員が車両法を正しく理解し、正しく仕事に反映させることが不可
 欠です。
 
 ここで重要なのは、正しく仕事に反映させることです。正しく理解できてい
 ても、それが仕事に反映できなければ、コンプライアンスにならないからで
 す。だから、社員にコンプライアンスは国交省のために行うのではなく、お
 客さまのために行うことを、十二分に理解納得させなければなりません。
  
 保安基準や点検基準に沿って確実に修理・整備することは、CSを提供する
 ために行うという意識が必要ということであって、単に車両法という法律を
 守るということではないのです。コンプライアンス=CSの理解です。
 
 そのCSの根である車両法に沿って修理・整備するのは、直接的にはメカニ
 ックであり、間接的にはフロントマン、引取・納車要員、間接事務員などの
 社員です。
 
 こうした社員が実際に「仕事」として働く「働き方」でCSが左右されるの
 です。働き方とは、お客さまに向かって、遵法に根ざして元気に明るく前向
 きに積極的に仕事をする、つまり「やる気を持って」仕事をするということ
 です。
 
 こうした、やる気を維持し高めることが「人事・労務管理」の範疇です。で
 は、やる気とは何でしょうか。ある経営者の方は「給料」だといいます。別
 な経営者は「待遇」だといいます。次の経営者は「働きがい」といいます。
 
 どれも間違いではありませんが、本質的には「働きがい」です。給料や待遇
 というのは、「不満要因(衛生要因)」といって、世間よりも劣っていると
 不満を作ることになります。この他に、会社の政策と管理、管理監督者との
 関係、部下との関係、身分などがあります。
 
 やる気を出して働いてもらうには、認められた、褒められた、仕事の達成感、
 責任ある仕事、昇進のチャンスがあるなどの「動機づけ要因」によります。
 
 したがって「やる気」は、衛生要因を土台にして、その上に動機づけ要因が
 存在すると捉え、先ずは「不満」を解消または減少させ、全体のやる気の水
 準を上げておくことがポイントになります。
 
 
2.コンプライアンスからCSRへ

 働く者として気になるのは、健康を害したときの医療費や給料、定年退職後
 の生活費などです。自社の「社会保険条件」がどうなっているか、それは世
 間と比べてどうなのかという待遇面の不満要因に該当する部分です。
 
 社会保険制度は、以下の通り法律でルールが定められています。
 例えば、政府管掌健康保険の適用事業場(加入義務付け=強制加入)は、
  ・法人事業所=事業所の規模を問わずに加入義務付け
  ・個人事業所=適用業種で常用雇用人数5人以上は加入義務付け、5人未
         満は任意適用
         非適用業種は雇用人数に関係なく任意適用
 となっています。
 
 適用業種とは、a.製造業b.土木建築業c.鉱業d.電気ガス事業e.運
 送業f.清掃業g.物品販売業h.金融保険業i.保管賃貸業j.媒介周旋
 業k.集金案内広告業l.教育研究調査業m.医療保健業n.通信報道業な
 どです。
 
 適用事業場の要件は以上のとおりですが、自社が適用事業場か任意適用事業
 場なのかの判断は、法律上のことよりも労務管理上で判断することが求めら
 れます。当然、適用事業場であれば、政府管掌健康保険および厚生年金保険
 へ加入しないで、国民健康保険・年金で済ますことは、違法となります。
 
 政府管掌健康保険・年金に加入するとなると会社負担が発生して、その分の
 費用が確保できないから未加入で社員に目をつむってもらっているとしたら、
 本末転倒です。
 
 社員や社員の家族が安心して働ける最低条件を整えることが、会社の責任で
 あり、経営者の経営能力です。費用が先にあるのではなく、不満であり動機
 づけが先にあって、そのために何が必要かという優先順でなければなりませ
 ん。
 
 無いものは出せない、で済ませられる時代ではありません。前号でも触れま
 したが、労働力人口が減少し整備専門学校の定員割れが進んでいるときに、
 最低条件に不備や不足がある会社にだれが就職するでしょうか。
 
 また、CSが大事だ笑顔で接客せよと号令をかけても、だれが笑顔で接客す
 るでしょうか。この会社で働いていて良かった、いい会社だ、と言ってもら
 えることが、自然と笑顔で接客し、自ら進んで仕事をする社員になるのでは
 ないでしょうか。
 
 これからの経営にとって必要なことは、コンプライアンスという狭い定義で
 はなく、広義での理解が必要です。それが「CSR(corporate social res
 ponsibility)=企業の社会的責任」といわれるものです。
 
 この理解ができていれば、冒頭のような加入率の質問が無くなるのではない
 でしょうか。
 
 文中では、整備工場を対象にした表現ですが、内容は整備工場に留まらず、
 中販店、BP店も同様です。会社に好意を持って働いてもらう(ES(Empl
 oyee Satisfaction=従業員満足))ことは、CS上の絶対条件です。
 
 
 ご意見、ご感想は下記へお願い致します。
  ⇒http://www.motown21.com/Toi/
______________________________________________________________________

━━━━━━━━━━━━≪更新&おすすめ情報≫━━━━━━━━━━━━

 ☆技術革新:自動車技術トレンド「第46回ホンダの新ハイブリッドIMAシス
       テム」
  ⇒http://www.motown21.com/Tech/Trend_47/
 
 ☆話題を追って:使える経営データ「4月の乗用車販売台数」
  ⇒http://www.motown21.com/Topics/Data/Auto_40/
 
 ☆顧客拡大支援:実践セールスプロモーション「2009年 7月のセールスプ
         ロモーションのポイントのご提案」
  ⇒http://www.motown21.com/PR/Sales/2009_7/
----------------------------------------------------------------------
 ご┃注┃意┃!┃
 ━┛━┛━┛━┛
 Motown21各コンテンツは「☆」と「★」がございます。
 ☆=オープンコンテンツ(どなたでも自由に視聴いただけます)
 ★=会員限定コンテンツ(Motown21会員だけが視聴いただけます)
======================================================================
【編集後記】
 
 何度も言っていますが、光陰矢のごとし、ですね。もう6月ですよ。上半期
 の仕上げの月です。満足いく仕上がりになりそうでしょうか。
 
 私は、仕事の方はともかく、健康については少し物足りない4か月でした。
 それは、ウエイトを健康上60Kgに減量するする目標でしたが、残念なが
 ら未達です。
 
 どれくらいかというと、4kgオーバーです。減量スタート時期は、毎日体
 重計に乗るのが楽しみなぐらい針が左に触れていたのですが、ここ2か月ば
 かり、一進一退です。
 
 今月末まで25日ほどありますので、あきらめずに励みますが、上半期の早
 い時期にゴールを目指します。
  
                      Motown21スタッフ カク★☆
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         「Motown21レター」のご案内
======================================================================
■意見・感想・質問等⇒info@motown21.com
■motownレター購読登録⇒http://www.motown21.com/MMag/
■motownレター購読中止⇒info@motown21.com
======================================================================
【発行元】株式会社ティオ Motown21事務局 info@motown21.com
【所在地】〒236-0046 横浜市金沢区釜利谷西5−4−21
      tel:045-790-3037 fax:045-790-3038 
【発行人】山本 覚 【編集人】村谷 良子 後藤 晃芳(株式会社アミー)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ※掲載記事の無断転載を禁じます。
  (c) 2009 motown21 All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 バックナンバー一覧