Motown21トップメルマガ > メルマガバックナンバー

メールマガジン バックナンバー

 バックナンバー一覧
[ 2010-07-02 ]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆□◆【Motown21レター《Vol.208号》10年07月02日(金)】◆□◆  
----------------------------------------------------------------------
      Presented by Motown21 http://www.motown21.com      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Motown21レター読者の皆様、こんにちは。
 
 10年の上半期が終わりましたね。昨日から下半期に入りました。新たな目標
 に向かって力強くスタートを切られたことと思います。
 
 新車販売の上期は前年比で21.6%増となり、登録車においては前年比32.0%
 と過去最高の伸び率でした。
 
 軽自動車93.6万台で4年ぶりのプラス、登録車172.7万台で5年ぶりのプラス
 となりましたが、先々のことを思うと素直に喜べないですね。エコカー支援策
 などのテコ入れ策があっての前年比プラスですから、本当の意味で回復したと
 は言えない状況ですね。
 
 エコカー補助金が7月で枯渇するとも言われていますので、刈取りを急ぐと
 同時に、きめ細かい営業活動でありフォロー活動が必要ではないでしょうか。
 
                          Motown21スタッフ一同
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
--PR----------------------------------------------------------------
   伸┃び┃て┃い┃る┃仲┃間┃は┃勉┃強┃し┃て┃い┃る┃!┃
   ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

           整備業&中古車販売業の
        実践ノウハウ&経営革新提言・情報集
           ↓         ↓   
       ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
       ┃T┃−┃C┃A┃B┃レ┃ポ┃ー┃ト┃
       ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛

 実務指導で培った経営ノウハウや実務ノウハウ、成功事例、そして時流への
 対応・提言・視点などが満載!!
 ┌─┐
 │ ├→・時流に合った経営革新の手引書として
 │T├→・車販ビジネスの現場力・集客力アップに
 │|├→・整備ビジネスの生産性向上、コストダウンに
 │C├→・CSの継続的な推進力の向上に
 │A├→・社員の自己啓発の資料に
 │B├→・最新の人事労務管理の参考書として
 │ ├→・業界統計データで裏付けある経営のために
 └─┘
 など毎号15タイトル以上を、毎月お手元にお届けいたします。
 見本⇒http://www.motown21.com/Books/report/images/t-cab_sample.pdf
 
 ◆購読料は、一日当たり僅か51円と、とてもリーズナブルな価格です。
  ・motonw21会員様¥1,562/月(年間18,744税込)
  ・一般お客様  ¥1,838/月(年間22,056税込)
 お申込み⇒http://www.motown21.com/Books/orderForm/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆今号のご案内◆

┣■Motown21レター特集
┃ 「エコカー整備の取り組みを急げ!」
┃  
┗■更新情報(更新月日)
  ・技術革新(06/22)
  ・話題を追って(6/30)
  ・顧客拡大支援(7/1)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ■□
 □■  【エコカー整備の取り組みを急げ!】
 ■□
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Motown21レター特集[1] ━┛

  新車販売が好調です。新車に占める「エコカー」は、90%強と言わ
  れています。ここで言うエコカーとは、低燃費基準・低排出量基準
  をクリアーした車両です。こうした車両がディーラー以外の整備工
  場(モータース店)にも入庫してきていますが、従来の点検や整備
  だけで納車されています。これでいいのでしょうか?
  
  
1.従来車のエコカーに注目を

 エコカーなどと聞くと「HV(ハイブリッド)」や「EV(電気自動車)」
 などの次世代自動車だけと勘違いしそうですが、低燃費基準・低排出基準を
 クリアーした従来車も含まれています。
 
 次世代自動車は、08年実績では578千台の保有台数で、全保有台数の0.8%に
 しかなりません。まだまだ従来車のエコカーのほうが圧倒的に多いのです。
 因みに、政府は次世代自動車の普及を
 
  次世代自動車     2020年   2030年   合計
  HV車        30%    20%    50%
  PHV車/EV車    40%    30%    70%
           (新車販売に占める比率の最大値目標)
            
 と、かなり野心的な目標を掲げています。
 
 この秋に発売されるフィットHV車は、価格は非HVの従来車と同等の150万
 円台(130万円などといった情報もある)、燃費は30km/Lを上回るとみられ
 ています。
 
 また、「アイミーブ」は、4月から販売価格を引き下げる方針を明らかにし
 ています。値下げは段階的に進め、実質価格を現在の約320万円から2014年
 までに200万円台前半にする方針です。
 
 こうした意欲的な次世代自動車が販売されてくると、政府の補助金などと相
 まって、普及目標値はそう高いハードルでないようにも感じます。
 
 ところで、先月末にダイハツが来年に「e・S(イース)」を発売する計画
 概要を発表しました。このクルマはガソリン車で、JC08モードでリッター30
 キロ(現行ムーブ23キロ)、車両価格100万円前後の軽自動車です。
 
 当然これは従来車の低燃費車になります。軽自動車はモータース店での販売
 も多く、販売後の定期点検やオイル交換などの入庫頻度もそこそこあります。
 こうしたエコカーの入庫時に、コンピュータ制御に関する点検の実施状況は、
 皆無に使い状態です。
 
 保有台数が減り、車検依存型経営からの脱却が叫ばれている時に、従来と同
 じフロント体制や整備作業体制では、経営は尻つぼみの状態です。
 
 もっとハイテク整備に目を向けて、新しい点検・診断需要や、調整需要の創
 造が必要です。
 
 
2.機器導入と人材育成を急ごう
 
 そのためには、まずハイテク整備に欠かせない「スキャンツール」の導入が
 必要です。制御プログラムの情報公開に難はあるにせよ、スキャンツールが
 なければ、話になりません。
 
 昨今、輸入品で数万円で購入できるものもあります。また、国産品では数十
 万円から百万円と高額な診断機があります。一長一短があり、機種を特定で
 きませんが、色々な機種の中から自社の体制などから購入することです。
 
 推定でモータース店でスキャンツール導入済みが約20%と言われれています
 が、私が知りうる範囲で、日常的にスキャンツールを使用しているところを
 見たことがありません。
 
 同じように、四輪アライメント測定器も工場の隅っこにビニールシートを被
 せて眠っている姿を見ます。四輪アライメント測定器は、全てのクルマが対
 象になるのに、どうしたわけか日常的に使われていません。
 
 これでは、技術力(診断力)は高まりませんし、いざ対象のクルマが入って
 きてもセットに時間がかかり、測定結果による整備提案ができません。
 
 スキャンツールも同様です。原因不明のエンジントラブルで入庫してきたエ
 コカーだけに使用していても、判定ができません。普段から使っているから
 こそ、正常値と異常値の違いが判読でき、故障(不具合)原因を特定できる
 のです。
 
 コンピュータ診断が金にならない、といった話をよく聞きますが、導入時点
 でそうした計画があったのでしょうか?皆無ではなかったかと思いますが、
 主たる導入目的は、正しい診断をする、といったことでは無なかったかと思
 います。
 
 であれば、診断料が請求できなくても「サービス」として診断し、情報提供
 することでもいいのではないでしょうか。それが、会社の特徴となり、差別
 化になるのです。
 
 導入したら、診断技能を高める教育の実施です。スキャンツールのメーカー
 が主催する研修会には必ず参加させることです。低電圧取扱い講習の受講も
 大事ですが、スキャンツールを使うための知識のほうが、もっと重要です。
 
 できれば、複数名で参加させることです。その際に、「フロントマン」も一
 緒に受講させることです。ハイテク診断いかがですか、といってお客さまに
 お勧めするのは、フロントマンです。
 
 フロントマンが、ハイテク整備の内容について理解していないと、提案をし
 ません。しないから、作業現場で診断を行わないのです。つまり、メカニッ
 クが怠慢だから診断を行わないのではなく、作業指示がないから行わないの
 です。
 
 また、車検なども「短時間」を売り物にするだけではなく、「ハイテク診断
 車検」などといった車検メニューを作り、診断料を含んだ「基本点検料」を
 メニュー化することで、付加価値の高い車検が可能です。
 
 ある整備工場では、診断の結果「許容値」に入っていましたので、安心して
 お乗りください、と情報提供するのではなく、許容値に入っていますが、高
 め・低めです、基準値に戻す調整をお勧めします、といった整備提案をして
 成果を上げていと聞きます。
 
 ここに、整備工場の価値があり整備需要があるのです。
 
 
 ご意見、ご感想は下記へお願い致します。
  ⇒http://www.motown21.com/Toi/
______________________________________________________________________
=PR================================
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃これですっきり預かり金管理【あずか朗】新発売┃
 ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━┓
 ┃車輌販売、メンテパックや洗車会員、オイル交換会員等の預かり金を┃
 ┃顧客(車輌)毎に管理するソフト。整備工場の実務から生まれた! ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
・顧客(車輌)毎に実施したサービス入力で預かり金の残高が確認できます
・メンテナンスや洗車・オイル交換等のパック毎の預かり金が管理できます
・月末や必要時に一覧表を作成し、預かり金残高がすばやく把握できます
・顧客(車輌)別に預かり金の収支明細を作成し、実施履歴も確認できます

 ※標準価格:49.800円(税込)
 ※お支払い:代引きのみ
 ※送料  :250円(代引き手数料込み、税込)
 ※お申込み:http://www.motown21.com/Books/orderForm/
  入力項目に全てご記入の上「5.その他」に「あずか朗」と「購入数」
  を記入ください。
 ┌───────────────────────────────┐
 │motown21優良会員およびレター会員の方は、標準料金の30%offにて │
 │ご提供させていただきます。                  │
 │非会員の方、加入(入会金・年会費無料)で、割引適用いたします。│
 └───────────────────────────────┘
━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━
           ≪更新&おすすめ情報≫ 
━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━

 ☆話題を追って:自動車技術トレンド「第59回 フォルクスワーゲン・ポロに
         搭載の新型1.2LTSIエンジン」
  ⇒http://www.motown21.com/Tech/Trend_59/
 
 ☆話題を追って:使える経営データ「2010年5月の乗用車販売台数」
  ⇒http://www.motown21.com/Topics/Data/Auto_53/
 
 ☆顧客拡大支援:実践セールスプロモーション「8月のセールスカレンダー」
  ⇒http://www.motown21.com/PR/Sales/2010_08/
----------------------------------------------------------------------
 ご┃注┃意┃!┃
 ━┛━┛━┛━┛
 Motown21各コンテンツは「☆」と「★」がございます。
 ☆=オープンコンテンツ(どなたでも自由に視聴いただけます)
 ★=会員限定コンテンツ(Motown21会員だけが視聴いただけます)
======================================================================
【編集後記】
 
 50万円もするスキャンツールを購入するのは、経営的に厳しいものがありま
 すね。でも、整備業として経営を続ける以上は不可欠のツールです。
 
 いつか導入するのであれば、多少無理してでも早めに導入することですね。
 それだけ、早く技術を習得できるし、商売のチャンスを作ることができます
 からね。
 
 購入機種の判断は、機種よりもメーカーの技術教育フォローの充実です。安
 さだけで飛びつくと、結果的に高い買い物になりますよね。
 
                       Motown21スタッフ カク★☆
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         「Motown21レター」のご案内
======================================================================
 ■意見・感想・質問等⇒info@motown21.com
■購読登録⇒http://www.motown21.com/MMag/
 ■購読中止⇒info@motown21.com
======================================================================
【発行元】株式会社ティオ Motown21事務局 info@motown21.com
【所在地】〒236-0046 横浜市金沢区釜利谷西5−4−21
      tel:045-790-3037 fax:045-790-3038 
【発行人】山本 覚  【編集人】村谷 良子  吉岡 善一 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ※本メールに掲載された内容は許可なく転載することを禁じます。
   All Rights Reserved, Copyright(C) 2005-2007, motown21&tio
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 バックナンバー一覧