Motown21トップメルマガ > メルマガバックナンバー

メールマガジン バックナンバー

 バックナンバー一覧
[ 2011-02-04 ]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆□◆【Motown21レター《Vol.222号》11年02月04日(金)】◆□◆  
----------------------------------------------------------------------
      Presented by Motown21 http://www.motown21.com      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Motown21レター読者の皆様、こんにちは。

 1月の登録車の販売台数は、前年同月比21.5%減の18万7154台でした。5か月
 連続で前年実績を下回ったことになります。
 車種別では、乗用車が前年同月比23.8%減の16万7574台、貨物車が同7.5%%増
 の1万8863台でした。

 軽自動車は、前年同月比7.8%減の11万8342台で、4カ月連続でマイナスとな
 りました。どちらも減少幅は小さくなってきていますが、下げ止まり感はな
 い状況ですね。

 新車はカーアフター需要の頂点にあり、新車販売が中古車やメンテナンス、
 さらには保険、用品等に影響を与えます。
 
 その意味では、早く新車の回復が望まれるところですが、景気の不透明感、
 少子高齢、保有の長期化、保有台数の減少など、回復の足を引っ張ることの
 方が多いことが気になるところです。
 
 こんな時だからこそ、顧客対応活動を3割増しにして、需要を検索していく
 ことが必要ではないでしょうか。
 
 読者プレゼントに多数お申し込みをいただきまして、ありがとうございます。
 今後の経営戦略や業界指導のお役になてば幸いです。

                         Motown21スタッフ一同
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
--PR----------------------------------------------------------------

◆貴社の課題を解決する新しい指導メニュー誕生!⇒述べ6日間の実地指導◆
  
  ┌───────┐ ┌──────────┐ ┌──────┐
  │お客さまの視点│+│コンサルタントの視点│=│課題の明確化│
  └───↓───┘ └────↓─────┘ └───↓──┘
  ┌───────┐ ┌──────────┐ ┌──────┐
  │CSアンケート│ │  業務診断調査  │ │実地改善指導│
  │調査     │ │          │ │      │
  └───────┘ └──────────┘ └──────┘
│\───────────────────────────────/│
│ ■CSアンケート調査でお客さまの不満・満足を掴み課題を仮説する │
│ ■仮説を業務診断で確定化させ、課題の真因を明らかにする     │
│ ■真因を改善指導経験に基づいて具体的に実地改善・教育指導を行う │
└─────────────────────────────────┘
・指導料 :6か月間指導費用39.9万円(税込、CSアンケート費用込、
      アンケート回収費用、交通費・宿泊費別)
・指導日数:述べ6日間(1泊二日×3回、15時から翌日12時))

☆毎月3社限定で承ります。
 お申込み・お問い合わせ
 ⇒http://www.tio21.co.jp/administration/otoiawase.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆今号のご案内◆

┣■Motown21レター特集
┃ 「コンバージョンEV ビジネスの可能性」
┃┃
┗■更新情報(更新月日)
  ・顧客拡大支援(2/1)
  ・話題を追って(2/2)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ■□
 □■  【コンバージョンEV ビジネスの可能性】
 ■□
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Motown21レター特集[1] ━┛

  最近やたらと「コンバージョンEV」に関する記事やニュース、あ
  るいは特集が目につきます。プレジデントの最新号2.14号でも7ペ
  ージにわたって特集が組まれています。整備業界でも振興会などが
  コンバージョンEVの改造講習会などを開催するなどで、注目が集
  まっています。現状とビジネスの可能性を探ってみます。
  
  
 1.HV・PHVからEVが主役になる?

 先月、ヨコハマ・金沢 カスタムEV開発中小企業連合なる組織の発足を記
 念し「21世紀の産業革命とコンバートEVの役割」という講演会が催されま
 した。講師は、東京大学総長室アドバイザーの村沢先生です。
 
 先生の講演によると、政府はCO2削減の目標として、2020年までに1990年
 比で25%の削減。2050年までに同80%の削減をするとしています。この計画を
 達成するには、運輸部門でのCO2削減を大胆に進める必要があるとのこと。
 
 経産省は、この計画に沿って2020年までに新車販売に占める次世代カーの割
 合を56%、2030年には83%の目標掲げ、達成のための各種措置を講じています。
 
 現時点での次世代カーの主役は「HV」でが、ご存じのとおりHVは、ガソ
 リンエンジンを積んでいるために、CO2の排出は「0」にすることができ
 ません。
 
 同種のPHVもモーターが主役になるとはいえ、エンジンがある以上CO2
 は排出します。
 
 HVもPHVも動力源を二つ持つ関係から構造が複雑になり、その分部品点
 数やPCを多く必要とします。その点「EV」は、動力はモーターのみとな
 り、部品点数もHVなどと比べても半分程度で済み、走行時のCO2も「0」
 となります。
 
 こうしたことからも、数年先には「EV」カーが主役になると、先生は考え
 ています。トヨタがテスラに資本参加し共同でEVの開発を行うとしている
 ことがその証だとしています。
 
 HVにこだわりを持っていたホンダでさえも、2012年にはEVを国内での販
 売すると発表しています。最近ではマツダも2012年には自社開発したEVを
 販売するとしています。
 
 このように、CO2の削減目標に向けてEVが主役になりつつあります。充
 電設備などのインフラや航続距離の短さ、電池の高さなど乗り越えなければ
 らないハードがあるものの、開発と普及によるコストダウンなどで、手短な
 存在になる日は近いと予測されます。
 
 現に、政府は一般充電器200万基、急速充電器5千基を2020年までに、設置す
 ると閣議決定をして普及に向けてインフラ整備を加速させています。
 
 また、公明党のマニフェストには、年間100万台のコンバージョンEVを実現
 させようと公約を掲げています。
 
 村沢先生の構想では、1万拠点で年間100台の改造を行うことで、100万台の
 コンバージョンEVが可能だとしています。このことを、先生は「スモール
 ハンドレット構想」として発表していて、その実現に向けて精力的な活動を
 展開しています。
 
 この構想によれば、中小企業の活性化と地方の活性化、さらには雇用の創設
 になるとしています。この動きに呼応するように愛媛県では県を上げてEV
 メーカーの出現を後押ししています。
 
 カーアフター業界でも、スモールハンドレット構想に共感して、整備工場や
 SSなどが少しずつ改造を手掛けています。ある整備工場では、専用工場を
 建てて、工場名もEVを意識したネーミングを付け、受注活動を進めていま
 す。
 
 新車EVだけでは、政府のCO2削減構想は困難ゆえに、最近は既存ガソリ
 ン車をEVに改造する「コンバージョンEV」が注目を浴びる存在になって
 いるのです。
 
 
2.コンバージョンEV事業は整備業の救世主たるか

 岐阜県各務原市の株式会社ゼロスポーツでは、郵便事業蠅僚固杣嵬1000台
 をEVに改造する受注をしています。
 
 村沢先生によると、全国で約200拠点で改造事業を展開しているそうです。
 中には、趣味的に行っているところもあるようですが、船に乗り遅れまいと
 して、続々と参入者が増えているとのこと。
 
 それを後押しするように千葉県自動車整備振興会では、今日の4日に10名限
 定で改造EV講習会を開催することになっていますが、40名も応募があった
 と聞きます。
 
 群馬県自動車整備振興会では、支部単位で同様の講習会を開催するという情
 報があります。
 
 ことほど左様に、整備業界でもビジネス化に向けた情報の提供や、講習会な
 どがさかんに開催されコンバージョンEVを盛り上げています。
 
 改造は、基本的にエンジンとガソリンタンクを取外し、代わりにモーターと
 コントローラー、DC/DCコンバーター、バッテリーを取りつけることにな
 ります。当然ですが、商売として行うには、認証資格が必要になります。
 
 改造のコツが分かると、メカニック2名で2〜3日程度の作業になるようで
 す。これで、おおよそ30万円前後の改造費のようです。改造キット鉛はバッ
 テリー伴で、100万から120万で数社から供給されています。
 
 改造費を合計すると130万から150万円になります。リチュームイオン電池に
 なるとさらに30万円から40万円ほど高くなります。
 
 さて、この改造費でどれだけのユーザーが手を上げるでしょうか?よほど物
 好きかエコに見識がある方以外は、今のところ難しいのではないかと、私は
 思います。
 
 現に村沢先生も総額で50万円が一つのラインだといっていました。私も同感
 です。これは、燃費との関係もあります。EVは1キロ走るのに1円の燃料
 費で済みます。
 
 ガソリンエンジンでは、約8円前後(リッター15キロ、リッター130円とし
 て)ですからガソリン車はEVの8倍前後の燃料代になるわけです。
 
 これを元に年間8,000キロ走行すると、EVは8千円、ガソリン車は約7万
 円の燃料代です。差額6万2千円で改造費を回収するには20年もかかってし
 まいます。
 
 仮に50万円の改造費としても8年で回収することになります。これでも長い
 ように感じます。エコを前面にしてでも、改造費は50万円を切る必要があり
 ます。
 
 もう一つビジネスに課題があります。それは、改造できる車が「MT車」に
 限定されていることです。モーターの性質上「AT車」では能力を発揮でき
 ないからです。
 
 いまどきMT車を探すのに苦労する時代ですから、クルマを探すだけでも大
 変労力が必要になります。そこで、最近注目されているのが「プリウス」を
 PHVに改造することです。
 
 改造キットはすでに発売されています。一台のキットが約145万円(改造費15
 万円は別)ですから、新型プリウスPHVの税込価格は525万円と競争力はあ
 ります。
 
 購入補助金を利用しても新型プリウスPHVは386.4万円ですから、これでも
 改造プリウスPHVは価格的な魅力があります。まだ20系だけですが、近々
 30系の改造キットも販売されるということです。
 
 コンバージョンEVは、今現在は課題が多いいのは確かですが、この先の電
 動自動車の普及は間違いないところですから、EV車の技術的知識・技能の
 習得を実習できることや、会社のイメージアップなどを考慮すると、取り組
 みのための検討に値するのではないでしょうか。
 
 
 ご意見、ご感想は下記へお願い致します。
  ⇒http://www.motown21.com/Toi/
______________________________________________________________________

=PR================================
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃これですっきり預かり金管理【あずか朗】新発売┃
 ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━┓
 ┃車輌販売、メンテパックや洗車会員、オイル交換会員等の預かり金を┃
 ┃顧客(車輌)毎に管理するソフト。整備工場の実務から生まれた! ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
・顧客(車輌)毎に実施したサービス入力で預かり金の残高が確認できます
・メンテナンスや洗車・オイル交換等のパック毎の預かり金が管理できます
・月末や必要時に一覧表を作成し、預かり金残高がすばやく把握できます
・顧客(車輌)別に預かり金の収支明細を作成し、実施履歴も確認できます

 ※標準価格:49.800円(税込)
 ※お支払い:代引きのみ
 ※送料  :250円(代引き手数料込み、税込)
 ※お申込み:http://www.motown21.com/Books/orderForm/
  入力項目に全てご記入の上「5.その他」に「あずか朗」と「購入数」
  を記入ください。
 ┌───────────────────────────────┐
 │motown21優良会員およびレター会員の方は、標準料金の30%offにて │
 │ご提供させていただきます。                  │
 │非会員の方、加入(入会金・年会費無料)で、割引適用いたします。│
 └───────────────────────────────┘
━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━
         ≪今週の更新&おすすめ情報≫ 
━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━
 
 ☆話題を追って:使える経営データー「2010年11月乗用車販売台数」
  ⇒http://www.motown21.com/Topics/Data/Auto_59/

 ☆顧客拡大支援:毎日がセールスデー「2011年3月のセールスカレンダー」
  ⇒http://www.motown21.com/PR/Sales/2011_03/
======================================================================
【編集後記】
 
 コンバージョンEVのビジネス化は、まだ先のようですが、改造車にも補助
 金を、といった動きもあるやに聞きます。
 
 こうしたバックアップが本格化すれば、ビジネスとしての可能性は秘めてい
 るといえるのではないでしょうか。
 
 新潟で先行している整備工場は、リーフを購入したそうです。それだけ真剣
 にEVの改造を考えているし、その先の整備工場の生き残りを視野に入れて
 いるということです。
 
 こうした、先駆者的な行動には、大いに拍手を送りたいと思います。
 
                       Motown21スタッフ カク★☆
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         「Motown21レター」のご案内
======================================================================
 ■意見・感想・質問等⇒info@motown21.com
■購読登録⇒http://www.motown21.com/MMag/
 ■購読中止⇒info@motown21.com
======================================================================
【発行元】株式会社ティオ Motown21事務局 info@motown21.com
【所在地】〒236-0046 横浜市金沢区釜利谷西5−4−21
      tel:045-790-3037 fax:045-790-3038 
【発行人】山本 覚  【編集人】村谷 良子  吉岡 善一 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ※本メールに掲載された内容は許可なく転載することを禁じます。
   All Rights Reserved, Copyright(C) 2005-2007, motown21&tio
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 バックナンバー一覧