Motown21トップメルマガ > メルマガバックナンバー

メールマガジン バックナンバー

 バックナンバー一覧
[ 2011-02-18 ]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆□◆【Motown21レター《Vol.223号》11年02月18日(金)】◆□◆  
----------------------------------------------------------------------
      Presented by Motown21 http://www.motown21.com      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Motown21レター読者の皆様、こんにちは。

 日増しに春めいてきています。
 今月も中盤です。春商戦もいよいよ本番。忙しい毎日が続くことになります。
 
 この商戦に勝利するには、イベント任せではなく、イベントを起爆剤にした
 行動の密度にあります。
 
 結果を生むためのプロセスの密度が、春商戦を勝利に導くのです。チラシの
 キャッチフレーズ、掲載車種の見せ方、後々のアフター体制などお客さま視
 点で物事を進めることですね。
 
                         Motown21スタッフ一同
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
--PR----------------------------------------------------------------

◆貴社の課題を解決する新しい指導メニュー誕生!⇒述べ6日間の実地指導◆
  
  ┌───────┐ ┌──────────┐ ┌──────┐
  │お客さまの視点│+│コンサルタントの視点│=│課題の明確化│
  └───↓───┘ └────↓─────┘ └───↓──┘
  ┌───────┐ ┌──────────┐ ┌──────┐
  │CSアンケート│ │  業務診断調査  │ │実地改善指導│
  │調査     │ │          │ │      │
  └───────┘ └──────────┘ └──────┘
│\───────────────────────────────/│
│ ■CSアンケート調査でお客さまの不満・満足を掴み課題を仮説する │
│ ■仮説を業務診断で確定化させ、課題の真因を明らかにする     │
│ ■真因を改善指導経験に基づいて具体的に実地改善・教育指導を行う │
└─────────────────────────────────┘
・指導料 :6か月間指導費用39.9万円(税込、CSアンケート費用込、
      アンケート回収費用、交通費・宿泊費別)
・指導日数:述べ6日間(1泊二日×3回、15時から翌日12時))

☆毎月3社限定で承ります。
 お申込み・お問い合わせ
 ⇒http://www.tio21.co.jp/administration/otoiawase.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆今号のご案内◆

┣■Motown21レター特集
┃ 「整備業のコンバージョンEVビジネスのメリット」
┃┃
┗■更新情報(更新月日)
  ・話題を追って(2/10)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ■□
 □■  【整備業のコンバージョンEVビジネスのメリット】
 ■□
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Motown21レター特集[1] ━┛

  前回に引き続きコンバージョンEVについての記事です。前回の記
  事に色々とご意見や感想をいただき、反響の大きさに刺激されて、
  今回は整備工場が取り組むメリットを纏めてみました。改造工賃以
  外に様々なメリットがあります。
  
  
1.2012年からEVが続々販売される

 エコカー補助金の終了によってプリウスの販売台数が前年比で落ち込んでい
 ますが、この1月はそれでも第二位の座を確保しています。09年にモデルチ
 ェンジをして1年以上たっていることを思えば、十分検討しているといえます。
 
 トヨタでは、プリウスの派生車種を増やすようですが、一方で「iQ」をベー
 スにしたEVを2012年に日米欧で販売しる計画が進んでいるようです。1回
 の満充電で最大約105kmの走行が可能だという情報です。
 
 また、ステラのEVシステムを搭載したRAV4ベースのEVを同じ年にアメリ
 カで市販する計画もあるようです。実走行で約160kmの走行を目指して開発が
 進んでいるといいます。
 
 ホンダは、インサイトをはじめHVにこだわりを持って市販車種を増やして
 いますが、やはり2012年に日米での販売を目指して開発を進めているという
 情報です。
 
 ここにきてマツダもEVの販売を始めると発表しています。デミオをベース
 に開発し、2012年の春から地方自治体や法人向けにリースを開始するという
 ことです。
 
 三菱自動車は、2011年度から2013年度までの3年間を対象とする新たな中期
 経営計画「ジャンプ2013」において、2011年にEV商用車、2013年と2015年
 にEVを2車種を販売する計画を公表しています。
 
 このようにEV開発は白熱を帯び、EVのリーダーなるべく凌ぎを削ってい
 る状況です。こうしたメーカーの動きは、CO2の排出削減が背景にありま
 す。
 
 政府は、2025年までに1990年比でCO2の排出を25%削減する計画です。さら
 にその25年先の2050年には80%削減する目標を立てています。
 
 こうした排出削減目標を達成していくためには、運輸部門の排出量を削減し
 ていくことがポイントになっています。運輸部門の排出量の90%をしめる自動
 車の排出削減なくしては達成は困難です。
 
 となれば、HVやPHVではなくてCO2排出が「0」のEVが先々の主役
 になるというか、ならざるを得ないではないかと思います。
 
 HVやPHVは、構造が複雑なために様々な制約が多くなります。CO2の
 排出も一般のガソリン車よりも少なくはなりますが「0」にはなりません。
 こうしたことからもEVが主役になるとみられています。
 
 
2.コンバージョンEVにおける整備業のメリット

 政府は、次世代自動車の普及戦略において、2030年で乗用車販売比100%、保
 有で78.7%を目指すとしています。この中には「E10」と言われるエタノー
 ル対応車も含んでいます。
 
 EV軽自動車+EV登録車の合計だけに限ってみると、
      販売台数比率  保有台数比率
  2020年   2.7%      11.2%
  2030年   8.6%      16.3%
  2040年   11.8%      14.9%
  2050年   13.8%      15.7%
 という目標をもっています。
 
 E10は、ご承知の通り食物の価格高騰を招くなど課題も多いいのが現実です。
 この代わりを果たすのが、私はEVになるのではないかと思います。
 
 この保有比率を引き上げる手立てが「コンバージョンEV」です。コンバー
 ジョンEVは、設備面や分解組み立てのこと、あるいは改造申請など総合的
 に見ると整備工場が適任です。
 
 では、整備工場がコンバージョンEVを事業にするメリットは、改造工賃だ
 けでしょうか?
 
 改造工賃は、整備需要減少をカバーする収益源としてある程度の貢献がある
 と思いますが、それ以上にメリットはあります。
 
 一つは、本当の意味で「自社客」を持てることです。コンバージョンEVは、
 ある意味整備工場が「メーカー」になることでもあります。一般的なメーカ
 ーとは多少異なりますが、サブEVメーカーになれることです。

 メリットの二つ目は、メーカーになれるので、お客さまの「囲い込み」が図
 れることです。顧客は、EVを造ってくれた会社として整備工場とお付き合
 いをします。このことが、囲い込みの原点です。

 だから、車検などの依頼先である「造ってくれた会社」を優先して選択して
 いただくことになるのです。EVに乗り続けている間は、自社客であり固定
 客です。これは整備工場にとっては得難いメリットではないでしょうか。

 三つ目として、技術的信頼度が増すことがメリットです。「改造する」こと
 によって、お客さまは整備工場を「尊敬の眼差し」で見てくれるようになり
 ます。つまり「技術的信頼度」が高くなるのです。

 その結果として、他の付加価値販売が図れるようになります。これがメリッ
 トの4つ目です。技術的信頼度が増すことで、頼りになる整備工場としての
 位置づけが与えられて、色々な依頼が増えることが期待できます。

 五つ目のメリットは、イメージアップが図れることです。ただし、コンバー
 ジョンEVビジネスを地域一番で行うという条件がつきます。

 このイメージには、他社にない「凄いこと」をやっている整備工場としての
 評価ですし、環境に優しい取り組みをされているという評価があります。

 そして六つ目のメリットは、電動自動車の構造や工学的な知識が自然と身に
 つくことです。改造には、モーターをはじめバッテリーの種類や特性、コン
 バーターやインバーターの働きなど、様々な知識と技を身につけられます。

 これは、診断技術に役立つし強い差別化にもなります。その他、今までにな
 いネットワークという財産を作ることもできます。

 七つ目は、職場の活性化があります。新しいことに取り組むことは、ある種
 の緊張感をもたらすし、挑戦する気持ちを持たせることになります。そうし
 たことがきかっけで職場を活性化し、活気つかせることになります。
 如いては、リクルートなどにも好影響を与えることは間違いないところです。

 では逆にデメリットはどうでしょうか。私は、目立ったデメリットはないと
 考えます。

 強いて挙げれば、当分は「投資」としてある程度のお金と時間がかかること
 ではないでしょうか。これとても、知識を体得することや、ノウハウを作る
 こととして考えれば、取り組んで損はない事業ではないでしょうか。
 
 
 ご意見、ご感想は下記へお願い致します。
  ⇒http://www.motown21.com/Toi/
______________________________________________________________________

=PR================================
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃これですっきり預かり金管理【あずか朗】新発売┃
 ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━┓
 ┃車輌販売、メンテパックや洗車会員、オイル交換会員等の預かり金を┃
 ┃顧客(車輌)毎に管理するソフト。整備工場の実務から生まれた! ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
・顧客(車輌)毎に実施したサービス入力で預かり金の残高が確認できます
・メンテナンスや洗車・オイル交換等のパック毎の預かり金が管理できます
・月末や必要時に一覧表を作成し、預かり金残高がすばやく把握できます
・顧客(車輌)別に預かり金の収支明細を作成し、実施履歴も確認できます

 ※標準価格:49.800円(税込)
 ※お支払い:代引きのみ
 ※送料  :250円(代引き手数料込み、税込)
 ※お申込み:http://www.motown21.com/Books/orderForm/
  入力項目に全てご記入の上「5.その他」に「あずか朗」と「購入数」
  を記入ください。
 ┌───────────────────────────────┐
 │motown21優良会員およびレター会員の方は、標準料金の30%offにて │
 │ご提供させていただきます。                  │
 │非会員の方、加入(入会金・年会費無料)で、割引適用いたします。│
 └───────────────────────────────┘
━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━
         ≪今週の更新&おすすめ情報≫ 
━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━
 
 ☆話題を追って:業界@info「千葉県自動車整備商工組合主催のコンバージ
         ョンEV講習会が開催された!」
  ⇒http://www.motown21.com/Topics/Gyokai_70/index.php
======================================================================
【編集後記】
 
 パソコン用のリチウムイオンバッテリーを車載用に改良して、安価な高性能
 バッテリーをパナソニックが開発したというニュースがありましたね。
 
 このバッテリーを使って、郵便集配車をコンバージョンEVに1千台を改造
 するそうです。
 
 コンバージョンEVが、表街道を歩けるようになったということではないで
 しょうか。
 
 これで、一気に広がりが、と行きたいところですが、課題も山積です。課題
 は、この5年間であらかた解決されてくると思いますので、ビジネス化に向
 けて早めの体制つくりが必要ではないでしょうか。
  
                       Motown21スタッフ カク★☆
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         「Motown21レター」のご案内
======================================================================
 ■意見・感想・質問等⇒info@motown21.com
■購読登録⇒http://www.motown21.com/MMag/
 ■購読中止⇒info@motown21.com
======================================================================
【発行元】株式会社ティオ Motown21事務局 info@motown21.com
【所在地】〒236-0046 横浜市金沢区釜利谷西5−4−21
      tel:045-790-3037 fax:045-790-3038 
【発行人】山本 覚  【編集人】村谷 良子  吉岡 善一 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ※本メールに掲載された内容は許可なく転載することを禁じます。
   All Rights Reserved, Copyright(C) 2005-2007, motown21&tio
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 バックナンバー一覧