Motown21トップメルマガ > メルマガバックナンバー

メールマガジン バックナンバー

 バックナンバー一覧
[ 2011-05-06 ]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆□◆【Motown21レター《Vol.228号》11年05月06日(金)】◆□◆  
----------------------------------------------------------------------
      Presented by Motown21 http://www.motown21.com      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Motown21レター読者の皆様、こんにちは。

 ゴールデンウイーク中に、東北大震災で被災されたお客さまの会社に、お見
 舞いかたがた激励に行ってきました。
 
 ニュースその他で見聞きしていて、心の準備をして現地を尋ねましたが、あ
 まりの惨状に心が折れた感じでした。
 
 救われたのは、被災された整備工場の社長はじめ従業員が、皆笑顔で元気に
 仕事をしていたことでした。
 
 仕事と言っても、プレハブを事務所にして、中古車を販売しています。本業
 の整備は、工場とリフトなし。あるのは急きょ買い揃えたハンドツールのみ
 なので、タイヤ交換、ウォッシャー液などの補充程度です。
 
 箱に収められたままのインパクトレンチ、知り合いの工場から借りたコンプ
 レッサーなどは、電気が通じていないために、使えない状態です。元の状態
 に戻るには当分先のことになりそうです。
 
 それにしても、たがれきの山とかした町並みを見ると、復興には相当な時間と
 労力が必要だと感じました。
 
 がんばれ、東北!
 がんばろう、日本!
 
                         Motown21スタッフ一同
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
--PR----------------------------------------------------------------
◆TIOが節電をお手伝い◆
                    ┏━━━━┓
 現在の蛍光灯を「EXIL」に交換するだけで┃「40%」┃も節電できます
         │          ┗━━━━┛
         │┌────────┐  ↑
         └│LED直管ランプ├──┘
          └────────┘

 ■EXIL(エクシル)は、
  ☆工事・改造不要:灯具の改造や安定器を外す電気工事が不要
  ☆40%も節電  :LED直管ランプだから節電&CO2削減効果抜群
  ☆変わらぬ明るさ:照射角300度だから従来の蛍光管と変わらぬ明るさ
  ☆灯火方式問わず:グロー式&ラピット式兼用
  ☆長寿命    :低温設計で4万時間、約10年使用(使用条件による)
  ☆JEL801規格準拠:日本電球工業会性能要求基準をクリアー
  ☆定格電圧   :AC100V・200V共用
  
 ■40W⇒24W、20W⇒12W に節電(ランプのみの消費電力比)
 ■EXILは国産品(LEDチップのみ輸入。日亜化学とのクロスライセンス品)
 ■水銀灯に変わる大型LED照明も用意しています

 ご購入・お問い合わせ・資料請求は下記から
 ⇒http://www.tio21.co.jp/administration/otoiawase.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆今号のご案内◆

┣■Motown21レター特集
┃ 「再開を決意させた従業員たち!」
┃┃
┗■更新情報(更新月日)
  ・話題を追って(4/18)
  ・顧客拡大支援(4/28)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ■□
 □■  【再開を決意させた従業員たち!】
 ■□
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Motown21レター特集[1] ━┛

  被災された社長は、一度は再開を諦めたが、従業員が甲斐甲斐しく
  後片付けや、無くなった工具類を探している姿を見て、再開を決意
  したそうです。私は、〇〇さんが定年退職するまで頑張る、と目を
  輝かしていました。
  
  
1.ああした従業員が羨ましい

 お見舞い&激励訪問は、マイカーに中古の事務机やキャディー、ミネラルウ
 ォーターなどを積み込んで29日早朝に自宅を出発。一人旅です。
 
 先ずは、中継点に決めていた水沢の整備工場に向かいました。この整備工場
 は、今回の大震災では建物、人的などの被害は「0」でしたが、お客さまの
 クルマがリフトから落ちて、無償修理したとことでした。
 
 自然災害による預かりクルマの被害の補償については、整備工場に過失がな
 く、補償の必要はないようですが、道義的に無償で直したそうです。
 
 これは、仙台の整備工場でも同じ対応をしたとのこと。この工場では、預か
 りクルマ約5台ほど冠水して全損になったそうです。
 
 この5台を、同じ車種、程度のクルマをオークションで買い、お客さまに納
 めたそうです。地震保険から保険金もあったそうですが、総額で約200万円ほ
 どの出費だったとこと。これこそが、地域密着の対応というものでしょう。
 
 で、中継点になった整備工場の専務と、夜食事をした時のことです。あそこ
 の従業員が羨ましい、というのです。自社の従業員があの惨状になったら、
 自主的に多分後片付けなどはしないだろうし、呼び出さないと出社しないと
 思う、というのです。
 
 従業員にも家族がいるし、家の後片付けがあるはずだが、地震の翌日には従
 業員が一人出社し後片付けをはじめ、その翌日には二人増え、結局全従業員
 が後片付けに自主的に出てきたそうです。
 
 専務が言う当社の従業員と、あの工場の従業員の行動の違いは、なんだろう
 か?何処に違いが生まれる根があるのか?
 
 色々な要因があるのでしょうが、私は究極のところ「社長との信頼関係」で
 はないかと推察しています。
 
 この最悪の状態でも社長だったら何とかしてくれる。その時に備えて自分た
 ちでできることを少しでもやっておこうという、従業員の社長に対する信頼
 があればこその行動ではないだろうか。
 
 つまり、社長(会社)が大変な時に、従業員である自分たちが少しでも役に
 立ちたい、といった思いが、後片付けという行動に表れたと思います。
 
 
2.再開を決意させた従業員

 この整備工場の社長の年齢は70才を少し回った年齢です。後継者はいません。
 こうした会社ですから、私は今度の被災で、再開はないだろうと思っていま
 した。
 
 しかし、4月に入って「再開する」という知らせがありました。その決意を
 させたのが、従業員だというのです。
 
 今回の訪問で社長と奥様にお話を聞いたところ。津波で工場などがすっかり
 流された情景を見て、社長は奥様と相談して、再開は諦めると決意されたそ
 うです。
 
 奥様は、社員の心配、入庫の心配、資金繰りの心配などから解放されると、
 正直ホッとしたということでした。
 
 しかし、その数日後社長から「再開する」と聞かされ、追いていく覚悟をし
 たとのこと。
 
 社長が再開を決意したのは、従業員が毎日出社し黙々と後片付けに精を出し
 ている姿をみて、泣けてきたそうです。
 
 せめて〇〇さんが定年退職するまでは、経営者の責任を果たそうと思ったか
 らだそうです。△△さんの定年退職まではしんどいけどねー、と白い歯を見
 せていました。
 
 給料がでるか分からない、ましてや会社が再開するのかわからない状況の中、
 家や家族のことを後回しにして、自主的に出社し敷地内のがれきの撤去や、
 泥の後始末など行なっていたそうです。
 
 こうした従業員の行動に報いるには、「再開」しかないと気持ちを固めたそ
 うです。
 
 私が訪問して驚いたのが、周りのがれきの山と整備工場の敷地が掃き清めら
 れたような状態の違いでした。いち早くがれきを撤去し泥も取り去って、綺
 麗な敷地にしたそうです。
 
 私は、このような行動が工場があった地域を明るくし、復活の後押しをする
 ことになるのではないかと考えます。ここの従業員がそのことを考えて取っ
 た行動ではないと思いますが、結果的には、諦めていた板金工場も再開を決
 めたそうです。
 
 再開を決意するや、社長は知り合いの整備工場にあるプレハブを、すぐさま
 借受、事務所をオープン。序に中古車を5台ほど借りて並べました。すぐに
 クルマが売れ、その後も普段より早いペースで売れているそうです。
 
 少しでも安く販売するために、従業員3人と社長の4人でAAに出向き、落
 札したクルマを自分たちで回送して陸送費を抑え、販売しているとのこと。
 
 終礼時に社長は「こんな時だからこそ、お客さまには丁寧に誠意をもって対
 応してほしい」と訓示されていました。今でもこの言葉が忘れられません。
 
 仮設の工場と事務所を建てるべく図面を見せていただきました。この夏まで
 には建って再開が本格化することでしょう。
 
 その日が一日でも早く来ることを祈念しています。
 
 
 ご意見、ご感想は下記へお願い致します。
  ⇒http://www.motown21.com/Toi/
______________________________________________________________________

=PR================================
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃これですっきり預かり金管理【あずか朗】新発売┃
 ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━┓
 ┃車輌販売、メンテパックや洗車会員、オイル交換会員等の預かり金を┃
 ┃顧客(車輌)毎に管理するソフト。整備工場の実務から生まれた! ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
・顧客(車輌)毎に実施したサービス入力で預かり金の残高が確認できます
・メンテナンスや洗車・オイル交換等のパック毎の預かり金が管理できます
・月末や必要時に一覧表を作成し、預かり金残高がすばやく把握できます
・顧客(車輌)別に預かり金の収支明細を作成し、実施履歴も確認できます

 ※標準価格:49.800円(税込)
 ※お支払い:代引きのみ
 ※送料  :250円(代引き手数料込み、税込)
 ※お申込み:http://www.motown21.com/Books/orderForm/
  入力項目に全てご記入の上「5.その他」に「あずか朗」と「購入数」
  を記入ください。
 ┌───────────────────────────────┐
 │motown21優良会員およびレター会員の方は、標準料金の30%offにて │
 │ご提供させていただきます。                  │
 │非会員の方、加入(入会金・年会費無料)で、割引適用いたします。│
 └───────────────────────────────┘
━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━
         ≪今週の更新&おすすめ情報≫ 
━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━
 
 ☆話題を追って:業界@info「震災1カ月、自動車メーカー生産再開も、
         なお残る部品供給不安」
  ⇒http://www.motown21.com/Topics/Gyokai_73/
 ☆顧客拡大支援:毎日がセールスデー「2011年6月のセールスカレンダー」
  ⇒http://www.motown21.com/PR/Sales/2011_06/
=================================================================
【編集後記】
 
 今回のお見舞いは、仙台、気仙沼、陸前高田、大船渡の4か所を回ってきま
 した。どこも、悲惨な状態で言葉がありませんでした。
 
 私が抱いたイメージを色で表すと、仙台はグレー、気仙沼はブラック、陸前
 高田はアースカラー、大船渡はブラウンでした。
 
 仙台は、津波の被害も甚大でしたが、液状化による被害もかなりあり、グレ
 ーのイメージでした。
 
 気仙沼は、津波の後に火災が発生し、がれきなどが煤ボケていて、黒い感じ
 でした。
 
 陸前高田は、見渡す限り平面で残っているのは土台などの基礎だけです。風
 が吹くと土ほこりが舞っていました。大船渡は、浜の臭いが強烈にしたのと、
 茶色が印象の残っています。
 
 仙台で聞いた話では、略奪、タイヤの窃盗などがあったとのこと。日本人と
 して情けなくなります。
 
 復興させるには、国挙げての取り組み支援が必要というのを強く感じました。
 早く、政府の対策案が出て実際に動き出すことを切に願います。
 
 私は、機会があれば再びお見舞いと激励に行きたいと思っています。
 
                         Motown21スタッフ カク★☆
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         「Motown21レター」のご案内
======================================================================
 ■意見・感想・質問等⇒info@motown21.com
■購読登録⇒http://www.motown21.com/MMag/
 ■購読中止⇒info@motown21.com
======================================================================
【発行元】株式会社ティオ Motown21事務局 info@motown21.com
【所在地】〒236-0046 横浜市金沢区釜利谷西5−4−21
      tel:045-790-3037 fax:045-790-3038 
【発行人】山本 覚  【編集人】村谷 良子  吉岡 善一 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ※本メールに掲載された内容は許可なく転載することを禁じます。
   All Rights Reserved, Copyright(C) 2005-2007, motown21&tio
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 バックナンバー一覧