Motown21トップメルマガ > メルマガバックナンバー

メールマガジン バックナンバー

 バックナンバー一覧
[ 2011-11-04 ]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆□◆【Motown21レター《Vol.240号》11年11月04日(金)】◆□◆  
----------------------------------------------------------------------
      Presented by Motown21 http://www.motown21.com      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Motown21レター読者の皆様、こんにちは。

 10月の新車販売台数(登録車+軽自動車)は、前年同月比25.2%増の計38万
 1114台と1年2カ月ぶりに前年実績を上回った、と明るいニュースで11月が
 スタートしましたね。
 
 この調子が続くことを期待したいですね。が、台湾の水害が気になるところ
 です・・・・・。
 
 先日、母が実家に里帰りするということで、紅葉狩りをかねて家族旅行をし
 てきました。泊りは、実家の近くの温泉旅館です。ここのシステムは、一年
 365日同一料金、夕食・朝食はバイキングです。
 
 玄関には平日にもかかわらず「満室」の札が出ていました。経営者が変わり、
 システムを変えたことで、満員御礼です。温泉や客室は、ごく一般的な旅館
 で、これといった特徴はありません。
 
 シンプルで分かりやすい金額、自分で好きなものを選べる食事、がポイント
 ではないでしょうか。整備業、中販店の繁盛店につながるヒントがあるよう
 に思います。
 
 がんばれ、東北!
 がんばろう、日本!
 
                         Motown21スタッフ一同
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

--PR----------------------------------------------------------------
   ┏━━┓ ┏━━━━━━━━━━┓ ┏━━━┓
   ◆朗報◆━┫インバーター式に対応┣━◆新発売◆
   ┗━━┛ ┗━━━━━━━━━━┛ ┗━━━┛
   ・インバーター式の灯具に対応したEXILが新発売
   ・約90%のインバーター式灯具に適用可能
   ・従来品同様、灯具の改造・工事が不要

 ■EXIL(エクシル)は、
  ☆工事・改造不要⇒灯具口金の改造や安定器を外す電気工事が不要
  ☆40%の大幅節電⇒LED直管ランプだから節電&CO2削減効果抜群
  ☆変わらぬ明るさ⇒2300lm、照射角300度だから従来と変わらぬ明るさ
  ☆灯火方式問わず⇒グロー式&ラピット式兼用
  ☆圧倒的な長寿命⇒低温設計で4万時間、約10年使用(使用条件による)
  ☆JEL801規格準拠⇒日本電球工業会の性能要求基準をクリアー
  
 ■40W⇒24W、20W⇒12W 40%の節電(ランプのみの消費電力比)
 ■EXILは国産品(LEDチップのみ輸入。日亜化学とのクロスライセンス品)
 ■水銀灯に変わる大型LED照明(工場・倉庫用)も用意しています

 ご購入・お問い合わせ・資料請求は下記から
 ⇒http://www.tio21.co.jp/administration/otoiawase.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆今号のご案内◆

┣■Motown21レター特集
┃ 「適正な残業時間とは!」

┗■更新情報(更新月日)
  ・技術革新(10/27)
  ・顧客拡大支援(10/30)
  ・話題を追って(10/31)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ■□
 □■  【適正な残業時間とは!】
 ■□
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Motown21レター特集[1] ━┛
 
  昔ほどではなくなりましたが、残業しなければならない日がありま
  す。残業になる理由の多くが、入庫台数が生産能力以上になったこ
  とによりますが、生産能力と残業が吊りあっているのかを見て、残
  業時間の適正を判断することが必要です。
  
  
1.ムダな残業が発生していないか

 整備工場の経営を数多く診てきた経験で言うと、残業には「必要不可欠な残
 業」と「ムダな残業」があります。
 
 必要不可欠な残業とは、仕事量が生産能力以上になってしまったり、お客さ
 まの都合によることなどが挙げられます。
 
 もう一つあります。それは、生活のための残業です。残業しないと生活が成
 り立たないために、むりやり残業をするケースがあります。
 
 経営者もこの辺の事情を分かっていて、ある程度の残業を暗黙の裡に認めて
 います。
 
 厳密に判断すれば、生活のための残業は、ムダな残業に入ります。こうした
 ケースの場合、私は残業分を基本給や手当にして、残業そのものを減らすな
 り、無くすように指導しています。
 
 ムダな残業では、「連れ残業」が程度の差がありますが、どの工場にも見ら
 れます。社長や工場長が残っているので、帰れないがために残業になるケー
 スなどが、その典型です。
 
 タイムカードを退社に打刻して、それから残るケースもあって、実際は割増
 賃金を支払っていない場合もありますが、実態は残業になっています。
 
 また、生産能力があるにもかかわらず、残業になるムダな残業もあります。
 働く意欲が低下して「チンタラ」仕事をする、あるいは作業を効率よく実施
 しないがために、残業になるケースがあります。
 
 その他に、フロント等の入庫の平準化が図れていないために、残業になって
 いることも目にします。お客さまの都合で仕方がない、と許しているうちは
 残業は無くなりませんし、減りません。
 
 H22年版整備白書の整備要員当たりの整備売上高と年間給与から、推定の労
 働分配率を単純に計算すると、59.6%にもなります。会社負担の法定福利費
 などを加えると、粗利益の約60数パーセントが人件費となっているのです。
 
 これでは、利益が出ない赤字体質の整備工場になってしまいます。どんなに
 しても労働分配率(法定福利費などを含めて)は、55%が限界です。
 
 そのためには、粗利益の額を上げるか、人件費を下げるかの方策しかありま
 せん。そこで、ムダな残業にメスを入れて総額人件費を下げることです。
 
 
2.残業を減らす方策と適正残業時間

 残業を減らすにはまず、残業を許可制にすることです。多くの工場が、残業
 するしないの判断をメカニック任せになっています。
 
 これが、ムダな残業を助長する種になります。そこで、残業をするしないの
 判断を、フロントまたは工場長がおこない、メカニックに「指示・命令」す
 るようにすることです。
 
 次に、フロントから作業指示する場合、必ず「時間指示」をすることです。
 例えば「A君、この作業を〇時間で仕上げるように」、と作業時間の指示を
 することです。
 
 「A君、これ夜7時納車だから、頼むな」、といった作業指示は、残業を作
 るための指示になってしまいますので、明日から止めることです。
 
 仕事の平準化の取組みも必要です。一日の平均的な生産能力を図って、車検
 〇台、点検〇台、その他〇台、と入庫の量を決めて、その量を超えないよう
 にすることと、毎日定量が入庫するように入庫調整を図ることです。
 
 場合によっては、「平日割引」などの特典を設けて、平日入庫の量の確保と、
 均一な入庫量を図ることです。
 
 連れ残業については、社長から「自分の仕事が済んだら、退社すること」、
 と周知することです。工場長や上司の、悪い意味での職人気質を、無くすこ
 とが、連れ残業を減らす根本です。
 
 以上のような取り組みにもかかわらず、残業になることもあると思います。
 その時の残業の適正を、周知しておくことは、残業を抑えることだけではな
 く、生産能力を上げるうえでも効果的です。
 
 一般的に残業は仕事量に比例しますが、単純に仕事量だけで判断していいの
 でしょうか。

 また、その仕事量と比例する残業時間に必要な合理的な物差しがあるのでし
 ょうか?推察になりますが、多分持ち合わせがないのではないかと思います。

 そこで、ティオでは合理的な残業時間、つまり適正残業時間を求める計算式
 を作ってみました。

 基本的に工賃売上(仕事量)に見合った残業時間になっているかどうが、適
 正の判断になります。

 今月の残業時間(目安)は、工賃売上目標を基準に決めることになります。
 工賃売上目標に必要な目安残業時間を求める計算式は、以下のとおりです。

 (1)工賃売上目標に必要な実労働時間
   (月工賃売上目標÷基準レバレート)÷目標稼働率÷作業効率

 (2)計画所定労働時間
   月平均メカニック数×月出勤日数×出勤率×一日の所定労働時間

 (3)工賃売上目標必要残業目安時間
   (1)−(2)

 計画所定労働時間は、上記のように工場全体で求める方法と、作業班別(車
 検班、一般整備班など)で求める方法があります。どの方法にしても、上記
 の計算式が基本となります。

 上記の計算で求めた「目安残業時間」をメカニック、フロントなどの関係者
 に示し、目標意識を持たせることです。目安残業時間に対して残業時間(目
 安より多い)が不釣り合いと判断できた場合は、以下の項目がどうなってい
 るかを確認し、必要な措置を講じます。

 ・稼働率
 ・作業効率
 ・工程管理
 ・作業内容
 ・作業指示時間
 ・再修理の発生頻度
 ・メカニックの技能
 ・勤怠
 ・仕事の平準化
 
 残業は、意識してこそ減らせるものです。
 社員の労働意欲を喚起するためにも、残業を一つのきっかけにして、現場の
 生産性改善や、働き方の改善に結びつけてほしいものです。
 
 
 ご意見、ご感想は下記へお願い致します。
  ⇒http://www.motown21.com/Toi/
______________________________________________________________________
=PR================================
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃これですっきり預かり金管理【あずか朗】新発売┃
 ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━┓
 ┃車輌販売、メンテパックや洗車会員、オイル交換会員等の預かり金を┃
 ┃顧客(車輌)毎に管理するソフト。整備工場の実務から生まれた! ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
・顧客(車輌)毎に実施したサービス入力で預かり金の残高が確認できます
・メンテナンスや洗車・オイル交換等のパック毎の預かり金が管理できます
・月末や必要時に一覧表を作成し、預かり金残高がすばやく把握できます
・顧客(車輌)別に預かり金の収支明細を作成し、実施履歴も確認できます

 ※標準価格:49.800円(税込)
 ※お支払い:代引きのみ
 ※送料  :250円(代引き手数料込み、税込)
 ※お申込み:http://www.motown21.com/Books/orderForm/
  入力項目に全てご記入の上「5.その他」に「あずか朗」と「購入数」
  を記入ください。
 ┌───────────────────────────────┐
 │motown21優良会員およびレター会員の方は、標準料金の30%offにて │
 │ご提供させていただきます。                  │
 │非会員の方、加入(入会金・年会費無料)で、割引適用いたします。│
 └───────────────────────────────┘
━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━
         ≪今週の更新&おすすめ情報≫ 
━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━
 ☆技術革新:自動車技術トレンド「第72回 トヨタカムリに搭載された新型
       2.5LエンジンとHVシステム
  ⇒http://www.motown21.com/Tech/Trend_72/

 ☆顧客拡大支援:毎日がセールスデー「12月のセールスカレンダー」
  ⇒http://www.motown21.com/PR/Sales/2011_12/
  
 ☆話題を追って:使える経営データ「2011年9月の乗用車販売台数」
  ⇒http://www.motown21.com/Topics/Data/Auto_67/
======================================================================
【編集後記】
 
 温泉旅館の続きですが、食事会場に入ってくる客は、9割以上が「シルバー
 世代」です。
 
 遊び慣れした客だからこそ、リーズナブルで好きなものが食べられる旅館が
 選ばれるのかもしれませんね。
 
 旅館から小一時間ほど走ると「奥只見湖」です。紅葉シーズンの盛りは過ぎ
 ましたが、それなりに紅葉を楽しんできました。
 
 また行きたいなー・・・・。
 
                      Motown21スタッフ カク★☆
======================================================================
 ※本メルマガの購読を中止される場合は、必ず中止のご連絡をお願いいたし
  ます。下記から「メルマガ購読中止」とご記入の上、送信してください。
  ■購読中止⇒info@motown21.com
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         「Motown21レター」のご案内
======================================================================
 ■意見・感想・質問等⇒info@motown21.com
■購読登録⇒http://www.motown21.com/MMag/
 ■購読中止⇒info@motown21.com
======================================================================
【発行元】株式会社ティオ Motown21事務局 info@motown21.com
【所在地】〒236-0046 横浜市金沢区釜利谷西5−4−21
      tel:045-790-3037 fax:045-790-3038 
【発行人】山本 覚  【編集人】村谷 良子  吉岡 善一 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ※本メールに掲載された内容は許可なく転載することを禁じます。
   All Rights Reserved, Copyright(C) 2005-2007, motown21&tio
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 バックナンバー一覧