Motown21トップメルマガ > メルマガバックナンバー

メールマガジン バックナンバー

 バックナンバー一覧
[ 2014-12-05 ]

┌──────────────────────────────────┐
│     【Motown21レター《Vol.312号》14年12月05日(金)】      │
├──────────────────────────────────┤
│      Presented by Motown21 http://www.motown21.com      │
└──────────────────────────────────┘

 こんにちは。

 一昨日、「はやぶさ2号」が宇宙航空研究開発機構(JAXA)種子島宇宙セン
 ターからついに宇宙へと旅立ちましたね。

 はやぶさ2号のミッションは、太陽系の起源・進化と生命の原材料物質を解
 明するための材料探しです。

 そのため、原始的なC型小惑星「1999 JU3」を目指し、太陽系空間にあっ
 た有機物や水がどのようなものであったのか、またどのように相互作用し共
 存してきたかを探ることです。

 C型小惑星に到着するのは2018年半ばで、1年半ほど滞在して2019年末頃に
 出発、そして打ち上げから約5年後の2020年末頃に、地球に帰還する予定で
 す。東京オリンピックの余韻が残っているころに帰還するようです。

 5年後のクルマ事情がどう変わっているかも、気になるところです。FCV
 がどの程度普及しているか、軽自動車のシェアがさらに伸ばしているのか、
 保有台数がどう変化しているのか、自動運転がどこまで実現しているのか、
 気になることは尽きません。

 足元では、選挙結果も大いに気になるところです。2014年、記憶に残る年だ
 ったように思えますが、皆様はいかがですか?


 がんばれ、東北!
 がんばろう、日本!


                         Motown21スタッフ一同
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┫今号のご案内┣
  ■Motown21レター特集
   ┗「環境に優しい経営で飛躍を!」
PR------------------------------------------------------------------
   水銀灯に代わる「大型LEDランプ」で大幅な節電の実現を!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       ______ ____ ______ ____
        ││   ││   ││   ││
        /\   /\   /\   /\
       ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆

  ☆消費電力77%節約(400W⇒⇒⇒93W)
  ☆簡単取付⇒⇒⇒口金・配線の電気工事が不要
  ☆ランプ効率2倍(55lm/W⇒⇒⇒118lm/W)
  ☆ランプ寿命3倍(12,000時間⇒⇒⇒40,000時間)
  
 ご購入・お問い合わせ・資料請求は下記から
 ⇒http://www.tio21.co.jp/administration/otoiawase.html

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::◆Motown21レター特集◆::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃        【環境に優しい経営で飛躍を!】        ┃
 ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 ┃南米ペルーで開幕した地球温暖化対策を話し合う国連の会議、COP┃
 ┃20が今月2日から開催されています。              ┃
 ┃温室効果ガスの二大排出国の中国とアメリカが、先月、そろって削減┃
 ┃目標を打ち出し、協調していく姿勢を見せるなか、今後の交渉で各国┃
 ┃が対立する意見を解消していけるかが焦点となり、今まで以上に注目┃
 ┃されています。                        ┃
 ┃地球温暖化の悪化が増す中で、先般国交省が、「環境に優しい自動車┃
 ┃整備事業場等」の表彰制度を見直し、運輸支局長の表彰に加えて、一┃
 ┃定の条件をクリアーした場合に、「運輸局長表彰制度」を導入しまし┃
 ┃た。一定の条件とは、CO2を支局長表彰時と比べて削減出来ている┃
 ┃ことです。まさに「環境に優しい」というタイトルが似合う表彰制度┃
 ┃となりました。そこで、どんな内容なのか、表彰の審査基準がどうな┃
 ┃っているか、どうしたらいいのかを探ってみました。       ┃
 ┗━━┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┳━━┛
    ┻┻                       ┻┻


1.環境に優しい事業場の表彰制度が変わった

 本年3月31日付けで、「環境に優しい自動車整備事業場等」の表彰制度が、
 従来の運輸支局長からの表彰に加えて、運輸局長からの表彰に審査基準が変
 更されました。

 概要は、「CO2削減」に焦点を当て、運輸支局長からの表彰時の排出量が
 運輸局長表彰審査時に削減されていることによって、運輸局長からの表彰を
 受けることができる、というものです。

 表彰の審査基準は、従来の支局からの表彰審査基準区分である
 ・CO2排出削減への取組み=9項目
 ・産業廃棄物マニフェスト=4項目
 ・使用済み自動車等の処理=7項目
 ・廃部品等の処理=7項目
 ・環境保全の向上=11項目
 ・リサイクル部品の活用=6項目
 
 上記に加えて、「CO2排出削減への取組み」にとして「CO2排出量削
 減に向けた取り組みの継続」が加わりました。

 の詳細は、
 1.運輸支局長表彰審査対象年又は運輸局長表彰審査対象年の前年と運輸局
   長審査対象年のCO2排出量を比較して、CO2排出量が削減されてい
   ること。
 2.事業規模拡大等により、CO2排出量を比較することが困難である場合
   には、環境に配慮した取組の継続性や、新たな取り組み等の実施が確認
   できればよい
 となっています。

 環境に優しい経営を推進するには、よりよい表彰制度になったことは、とて
 も喜ばしいことですが、削減量がどの程度なんかということが、数値目標と
 して示されていないことは、残念ことでもあります。

 削減量を数値目標で示すことには、様々な要件があり難しいところではある
 のでしょうが、昨今の地球温暖化の悪化状況を考慮すれば、具体的な努力と
 して目標値は示すべきではなかったかと思います。

 ところで、日本におけるCO2削減の目標を見てみると、基準年の1990年排
 出量1,260百万トン(温室効果ガス排出量CO2換算)を2020年946百万トン
 (削減率25%)、2030年768百万トン(削減率39%)、2050年253百万トン
 (削減率80%)としています。

 ところが、2013年11月15日ワルシャワで開催された国連気候変動枠組み条約
 の第19回締約国会議(COP19)において、2020年までの削減目標を「2005年度
 比3.8%減」とすると発表しました。

 新たな目標「3.8%減」のうち2.8%は森林によるCO2の吸収分で、省エネ
 や再生可能エネルギーの拡充等による削減分はたったの1%にすぎません。

 この目標値は、京都議定書の基準年(1990年)で換算すると「3.1%増」とな
 ります。つまり、排出量を減らすのではなく、むしろ増加を認める目標とし
 ました。

 最大の理由は、原発が稼働していないことにあります。一方で、たとえ原発
 の廃止を早めに想定して、2020年時点で全ての原発がないと想定しても、
 1990年比で17.8%〜22%の削減が可能とする試算も出ているところです。
 
 今後さらに紆余曲折を経て、削減目標値が出てくることになるとは思います
 が、私たち整備工場等は、地域密着企業であることを踏まえれば、県又は市
 が掲げた削減目標を拠り所にして、自社の削減目標を設定したらよろしいか
 と思います。


2.環境に優しい経営の実践

 環境への配慮は、目標値の設定から始めます。単年度の目標値をいきなりた
 てるのではなく、少し先、中期的な目標を立てることです。例えば、2020年
 で〇%削減する、といった感じです。

 それを踏まえて、単年の目標を決めていくのです。2020年に10%削減とした
 ならば、5年間ですから、単純には年間2%づつ削減するという平均型目標
 の立て方もありますし、最初の2年間は多めの削減とし、残りの3年間は少
 な目にする漸減型、といった立て方もできます。

 削減目標値が決まったら、対象とする項目ごとに目標値を決めます。対象と
 は、日整連の「環境家計簿」にある「電気」「都市ガス」「LPガス」「灯
 油」「ガソリン」「軽油」「重油」「入庫台数」です。

 目標設定は、現状把握が必要です。そこで、前述の対象の各項目の実態を把
 握することです。把握は、単に使用量・料である「どれぐらい」を知るため
 だけではなく「いつ」「どこで」「何の目的で」消費されているかが重要と
 なります。

 電気であれば「電気使用料金」と「契約電力」「電気使用量」「1か月の時
 間当たりの最大電力」の全体把握と共に、照明で、動力で、空調でどれだけ
 消費されているかを把握することです。

 把握したデータを基に、何を、どうすれば、どれだけ削減できるかを求め、
 具体的な改善計画を立てます。

 例えば、照明であれば現在の「蛍光灯」および「白熱電球」「水銀灯」がそ
 れぞれどこに、いくつあって、どれだけ電力を消費しているかを掴み、
 ・節約したら(照明を間引く、不要照明を消灯する、センサー点灯など)
 ・省エネ機器に変えたら(インバーター蛍光灯、LED蛍光灯など)
 どれくらい削減できるかを試算します。

 先ずは「節約」で対応し、削減できた電気料を貯めてLEDに変えるという
 ような流れを作り、導入本数を単年に落とし込みをしていきます。

 CO2をトータルに削減していくには、事業場単位での削減目標を立て、実
 践することになりますが、私はそれ以前に「個人」がスタートだと考えてい
 ます。

 シャンパンタワー効果による削減を拡大させるのです。シャンパンタワーは、
 結婚式や記念パーティーなどで目にした方もいらっしゃるかと思いますが、
 シャンパングラスをピラミッド型に積み上げ、一番上のグラスにシャンパン
 を注ぐと、溢れたシャンパンが次々と下に流れていき、一番下のグラスが満
 たされる様です。

 まさに、最初の個人のグラスがCO2削減で満たされると、溢れた削減量が
 下のグラスである「家庭」に出て、次に職場、その次は地元、地域、そして
 最後は国レベルになる、これがシャンパンタワー効果です。

 その為にも、社員に対する「環境教育」が何よりも大切です。環境省が行っ
 た「環境に優しい企業行動調査結果(平成26年3月)」の具体的な効果につ
 いての回答では、社員の環境への意識の向上が第一位で91.8%ほぼ全企業が
 回答しています。

 まさに「先ずは櫂から始めよ」といえます。意識して行うこと、このことが
 なによりも大事なことなのです。

 で、この活動は、「環境負荷低減」「コスト削減」それに「社外評価の向上」
 など波及効果が結構大きいといえます。飛躍の一助に必ずやなります。

 売上アップのために、コストを掛けるのであれば、環境に優しい部分に対し
 てコストを掛け、そのお釣りもらった方がいいように思いますが、いかがで
 しょうか?

 つまり、環境に優しい、ということは「表彰」を受けることも大事ですが、
 表彰を受けるまでの「プロセス」に大きな意味があります。ゼヒ、プロセス
 をしっかりと組立、その結果「表彰」が受けられたらこれほど素晴らしいこ
 とはありません。

 いつまでも「青い地球」であった欲しいものです。



                ご意見、ご感想は下記へお願い致します。
                  ⇒http://www.motown21.com/Toi/
======================================================================
【編集後記】
 
 小惑星探査機「はやぶさ」が2010年6月に地球に帰還してから、早や4年半
 が経ちますね。月日が経つのが早いっ!

 改良れた「はやぶさ2号」は、どんな成果をもたらしてくるんでしょうかね。
 いとかわよりも原始的な小惑星からの成果が今から待ち遠しい限りです。

 往復に3.5年、調査に1.5年合計5年もかかる壮大な事業です。5年後の自分
 はどうなっているのか?仕事、体力、気力様々に変化していることでしょう。

 唯一言えることは、仕事は細々と続けているということでしょうか?

                      Motown21スタッフ カク★☆
======================================================================
 ※本メルマガの購読を中止される場合は、必ず中止のご連絡をお願いいたし
  ます。下記から「メルマガ購読中止」とご記入の上、送信してください。
  ■購読中止⇒info@motown21.com
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         「Motown21レター」のご案内
======================================================================
 ■意見・感想・質問等⇒info@motown21.com
■購読登録⇒http://www.motown21.com/MMag/
 ■購読中止⇒info@motown21.com
======================================================================
【発行元】株式会社ティオ Motown21事務局 info@motown21.com
【所在地】〒236-0046 横浜市金沢区釜利谷西5−4−21
      tel:045-790-3037 fax:045-790-3038 
【発行人】山本 覚  【編集人】村谷 良子  吉岡 善一 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  ※本メールに掲載された内容は許可なく転載することを禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 バックナンバー一覧