Motown21トップメルマガ > メルマガバックナンバー

メールマガジン バックナンバー

 バックナンバー一覧
[ 2015-05-08 ]

┌──────────────────────────────────┐
│     【Motown21レター《Vol.322号》15年05月08日(金)】      │
├──────────────────────────────────┤
│      Presented by Motown21 http://www.motown21.com      │
└──────────────────────────────────┘

 読者の皆様、こんにちは。
 
 さて、GWはいかがお過ごしでしたか?
 FBのお友達の様子を拝見すると、総じて家族孝行でレジャーなどで楽しん
 でいたようです。天気も良かったですからね。
 
 GW明け頃から「5月病」とか「6月病」が出てくるとか、言われています
 ね。どうも、生真面目な方や責任感が強い方などが、このころに倦怠感や出
 社できないなどの症状が出てきます。
 
 特に、新社会人や新入生等、生活の環境が変わった人、つまり新しい職場や
 学校に適応させようと頑張ってきた人に現れる症状だそうです。
 
 医学的に、環境の変化についていけないことで起きる精神疾患として「適応
 障害」という病名になるとのこと。適応障害は5月・6月だけでなく、人に
 よっては夏休みを終えた9月頃に発症するなど、その発症は季節を限定しな
 いそうです。
 
 対策としては、
 ・しっかりと睡眠をとること
 ・栄養バランスが取れた食事をすること
 ・相談すること(吐き出すこと)
 ・音楽や映画などで別な気分転換をすること
 だそうです。
 
 鈍感な私には無縁な病気のようです。
 
 
 がんばれ、東北!
 がんばろう、日本!
 
                         Motown21スタッフ一同
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 今┃号┃の┃ご┃案┃内┃
 ━┛━┛━┛━┛━┛━┛
  ■Motown21レター特集
  ┗「人手不足への対策とは!」

  ■更新情報(更新月日)
  ┗話題を追って(05/07)
======================================================================
┃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::┃
┃:::::::::::::::::::::::◆Motown21レター特集◆:::::::::::::::::::::::┃
┃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::┃
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃         【人手不足への対策とは!】         ┃
  ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  ┃整備業はいうに及ばず、世の中全体が「人手不足」状態です。人口推┃
  ┃計によると、5月5日に公表された子供人口は、平成26年4月1日現┃
  ┃在のデータでは、1,633万人で33年連続して減少しているとのこと。 ┃
  ┃また、子供の割合は、12.8%で40年連続して低下しているそうです。┃
  ┃総務省が公表している2011年4月1日と、12年4月1日時点の子ども┃
  ┃の人口から算出した減少率では、100秒に1人の速さで子どもが減少 ┃
  ┃していき、643,290日後で日本の子供は1になるそうです。このよう ┃
  ┃に人口が減少していく中で、人手不足は深刻さを増すばかりです。で┃
  ┃は、どう対策するのか?人口が増えるのを待っていたのでは、会社の┃
  ┃存続は難しいでしょうし、ロボットに置き換えることもできないわけ┃
  ┃ではないでしょうが、全部の作業や接客応対などは無理ではないかと┃
  ┃思います。ここは、一つ「生産性」という視点で当面の対策をするこ┃
  ┃とが賢明と考えます。                     ┃
  ┗━━┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┳━━┛
     ┻┻                       ┻┻


1.現在の生産性は低い

 平成26年度「自動車分解整備業実態調査結果の概要」によると、整備要員一
 人当たりの整備売上高や工賃売上高(整備売上の50%として求めた)は下記
 の通りです。
 
         整備売上高  推定工賃売上  月間工賃売上
 A.整備専業   10,174     5,087    423.9
 B.整備兼業   10,868     5,434 452.8
 C.ディーラー 21,905    10,953 912.8
  ※単位=千円
 
 ディーラーの実績912千円を理想とすれば、専業、兼業工場の値は、理想の
 半分程度となっています。
 
 私がセミナーなどで指標として言っているのは「1,000千円」、悪くても「800
 千円」です。
 
 1,000千円はともかくとして、月に800千円を稼がなくては、赤字社員となっ
 てしまいます。
 
  整備要員一人当たりの賃金は下記の通りです。
 
         年間給与  月間給与  工賃からの推定
          労働分配率
 A.整備専業   3,504    292.0      68.9
 B.整備兼業   3,661 305.1     67.4
 C.ディーラー 4,342 361.8     39.6
  ※単位=給与:千円、労働分配率:%
 
 専業及び兼業工場の労働分配率は、ともに60%を大きくオーバーしています。
 ザックリ70%とすると、残り30%でその他の固定費を賄うことになります。
 これでは、赤字、もしくは損益ゼロに近い状態です。
 
 給料の3倍稼いだ時の売上高は、専業で約11,680千円、兼業では12,203千円
 となります。
 
 この計算は、給料の倍が粗利益、粗利益の6割が売上高ということで計算す
 ると、約3倍の売上高、つまり稼ぎになります。
 
 このことから、専業では約1,000千円、兼業では1,335千円の不足となります。
 それぞれ月間では83.3千円、111.3千円を今以上の売上が必要です。
 
 一工場当たりの整備要員数は、専業工場3.6人、兼業工場が約4人となりま
 す。それぞれの整備売上高、工場数、整備要員当たり整備売上高からの計算
 です。
 
 この人数を0.5人、または一人減らしたとすると、整備要員当たりの整備売
 上高は、次のようになります。
 
           0.5人減らすと   一人減らすと
  A.整備兼業   11,857(3.1人) 14,138(2.6人)
  B.整備兼業   12,337(3.5人) 14,393(3人)
 
 0.5人、つまり半人分減らすだけで、3倍の稼ぎになることが分かります。
 このことからも、一人当たりの稼ぎが低いことがお分かりいただけるものと
 思います。
 
 
2.では、対策する着眼点は何か
 
 一言で「減らす」といってもそう簡単ではありません。現場からは、この忙
 しいのに経営者は何を考えているんだ、などと言った不満の声が必ず出てき
 ます。
 
 それを論破するには、人手が足りないからだ、といった「感情」ではなく、
 説得力を持った「理性」に訴えることが不可欠です。
 
 その理性とは「生産性」に他ありません。生産性といえば、真っ先に出てく
 るのが「稼働率」です。
 
 稼働率は、ご承知の通り実労働時間に対する「直接作業時間」の割合です。
 当然、高いことにこしたことはありませんが、平均的に言って50%前後かと
 推測します。
 
 前述の専業工場の工賃売上で計算してみると、稼働率は以下の通りです。
 
   レーバーレート  推定月間    稼働率
            工賃売上  
   1.7,000円     1,120 37.8
   2.6,500円     1,040 40.8
   3.6,000円      960 44.2
  ※一日の実働時間8時間、出勤日数20日で計算しています。
  ※工賃売上の単位は千円
 
 レーバーレート6,000円でも稼働率が50%に届かない状況です。如何に稼働率
 が悪いかが想像できますね。
 
 専業・兼業共に現在の工賃生産性が400千円台ですから、先ずは600千円を目
 指すことを前提にして、整備要員不足対策のためのシミュレーションをして
 みます。

 この時のレーバーレートを7,000円、出勤日数(稼働日数)を20日、メカニ
 ック3.5人で計算してみます。
 
 先ず、稼働率が100%の時の工賃売上を求めてみます。8H×20日×7千円
 =1,120千円×3.5人では3,920千円となります。この時の工賃売上高600千円
 ×3.5人=2,100千円の稼働率は、53.6%です。
 
 3.5人を0.5人減らすには、稼働率をどれくらいにすべきか計算してみます。
 3人で2,100千円を稼ぐということは、一人当たりでは700千円(2,100千円÷
 3人)となります。
 
 一人700千円となる稼働率は、700千円÷20日÷7,000円=5時間、この5時間
 が直接作業時間ですから、5時間÷8時間×100=62.5%が稼働率となります。
 実績より8.9%アップ(62.5%−53.6%)となります。
 
 如何ですか、稼働率を約9%アップすれば0.5人のメカニックを減らすことが
 出来るのです。時間にすれば0.72時間、約43.2分となります。納車引取の回
 数を1回から半回減らすことで実現できます。
 
 作業効率(標準時間に対する直接作業時間の割合)で計算すると、116.7%
 の作業効率にすると、丸々一人メカニックを減らすことができます。時間に
 して14分(60分作業時)程度作業時間を短縮すれば可能です。
 
 作業前の段取り(工具、部品、液油脂類、消耗品類など)、工具や部品の取
 り置き回数、一筆書き作業方式などによって、十分可能です。
 
 あるいは、二人作業が常識だったものを、一人で行うように作業方法を改善
 すれば十分可能です。
 
 色々と前提条件が付いている作業を、一度条件を取っ払って一から作業手順
 を見直すことだけでも十分可能です。
 
 ある会社で車検の作業風景を見ていたら、リフトの上げ下げを何度も行って
 ました。私たちが改善する場合は、一往復で作業が終わるように指導します。
 
 これだけでも数分は時間短縮ができます。あるいは、モノの配置をより合理
 的にするだけでも数分の違いができてきます。部品庫にある部品棚を工場内
 に出すだけでも効率がグット違ってきます。
 
 このように、雑巾の滴がダダ漏れの現状では、絞ることは容易いことです。
 常識を取っ払って、作業密度を上げることで、生産性を高めれば人手不足に
 困窮することは当面なくなります。
 
 ゼヒ、挑戦してみてください。
 
 
                      Motown21スタッフ カク★☆
======================================================================
━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━
             ≪今週の更新情報≫             
━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━
 
 ☆話題を追って:業界@info「トヨタ自動車の新設計思想(TNGA)」
  ⇒http://motown21.com/Topics/Gyokai_117/

======================================================================
【編集後記】
 
 神奈川県が今年一押しなのが「小網代の森」です。NHKでも放送したそう
 ですね。私は見損なってしまいました。
 
 その小網代の森へ、町内の方々にハイキングを募集したところ、何と40数名
 の応募があり、昨日行ってきました。
 
 その昔、谷戸だったところを開墾して畑にして使っていたそうですが、段々
 畑をやる方がいなくなり、自然に返り荒れていたところを県が手入れをして
 観察の森的なハイキングコースを作りました。
 
 アカテガニや動植物が豊富で、都会の中にあってはとても貴重で珍しい場所
 のようです。
 
 自然を大切にする。これを忘れないようにしたいですね。

                      Motown21スタッフ カク★☆
======================================================================
 ※本メルマガの購読を中止される場合は、必ず中止のご連絡をお願いいたし
  ます。下記から「メルマガ購読中止」とご記入の上、送信してください。
  ■購読中止⇒info@motown21.com
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         「Motown21レター」のご案内
======================================================================
 ■意見・感想・質問等⇒info@motown21.com
■購読登録⇒http://www.motown21.com/MMag/
 ■購読中止⇒info@motown21.com
======================================================================
【発行元】株式会社ティオ Motown21事務局 info@motown21.com
【所在地】〒236-0046 横浜市金沢区釜利谷西5−4−21
      tel:045-790-3037 fax:045-790-3038 
【発行人】山本 覚  【編集人】村谷 良子  吉岡 善一 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  ※本メールに掲載された内容は許可なく転載することを禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 バックナンバー一覧