Motown21トップメルマガ > メルマガバックナンバー

メールマガジン バックナンバー

 バックナンバー一覧
[ 2015-06-05 ]

┌──────────────────────────────────┐
│     【Motown21レター《Vol.324号》15年06月05日(金)】      │
├──────────────────────────────────┤
│      Presented by Motown21 http://www.motown21.com      │
└──────────────────────────────────┘

 読者の皆様、こんにちは。
 
 今日は、秋のようにカラリとした空気の横浜です。
 皆様の地域はいかがですか。
 
 最近大きな地震や火山噴火などが相次ぎ、防災意識が否応なく高まってます
 ね。私も皆様と一緒で、防災に関する検索が多くなっています。
 
 あるサイトに、大地震はいつか来る、ではなく「今くる」という心構えがと
 ても大事だといってました。その心は「準備をいまする」になるからだと。
 
 何事もそうですが、「そのうち」という意識が連続し、いざと言う時に何も
 用意ができてなく「しまった」という、後悔だけが残る。
 
 そならないためにも「今くる」の心構えをしっかり持ち、備えを万全にした
 いものです。
 
 
 がんばれ、東北!
 がんばろう、日本!
 
                         Motown21スタッフ一同
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 今┃号┃の┃ご┃案┃内┃
 ━┛━┛━┛━┛━┛━┛
  ■Motown21レター特集
  ┗「サービス現場の残業時間を減らすには!」
   
  ■更新情報(更新月日)
  ┗話題を追って(06/02)  
======================================================================
┃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::┃
┃:::::::::::::::::::::::◆Motown21レター特集◆:::::::::::::::::::::::┃
┃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::┃
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃      【サービス現場の残業時間を減らすには!】      ┃
  ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  ┃残業をすれば「残業代」、いわゆる割増賃金が発生します。この残業┃
  ┃代は、通常の月例給与の固定費ではなく、整備作業量に伴って発生す┃
  ┃「変動費」という性格があります。そのためなのか、余り残業が意識┃
  ┃されていません。強いてあげるなら、今月は残業代が多かったな〜、┃
  ┃という程度で、どうしてとか、ナゼとか、踏み込んで原因を探るとこ┃
  ┃ろまで行っていないのが現状です。               ┃
  ┃ナゼ、どうして、に入っていかないと、残業の抑制や生産性の改善に┃
  ┃つながりません。そこで、残業代の「適正」を考えてみたいと思いま┃
  ┃す。残業代=残業時間の適正をどう合理的に判定するかです。   ┃
  ┗━━┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┳━━┛
     ┻┻                       ┻┻


1.残業をどう捉えるか

 残業は、「工場経費が増える」「危険が増す」そして「人件費が増える」な
 どのデメリットがあります。
 
 もちろん、メリットもあります。逆説的なところがありますが「営業時間が
 長くなる」「売上が増える」といったことです。
 
 データが少々古いのですが、従業員一人当たりの月間残業時間の統計資料が
 平成20年度版の整備白書に以下の通り公表されています。
 
         0H 〜5H 5〜10H 10〜20H 20〜30H 30〜40H 40H〜
 ・専業   : 32.9 24.6 10.0 16.5 9.8 3.9 2.3
 ・兼業   : 23.7 23.0 10.4 20.5 14.0 4.3 3.9
 ・ディーラー: 0.8 6.8 7.0 27.3 31.8 16.9 9.4
 ・自家   : 23.5 15.0 10.1 23.1 19.4 4.9 4.0
 ・平均   : 20.0 17.7 9.0 21.2 18.6 8.5 5.1
  ※「H」=時間 数字は%
 
 従業員ということですが、主にはメカニックと考えてよろしいかと思います。
 その上で、上表の平均を見てみると、10時間以下が46.7%、10時間以上が53.4
 %です。
 
 このことから、メカニックの平均的な月間残業時間は、20時間程度ではない
 かと推測できます。一日平均ザックリ1時間の残業になっている計算です。
 
 この「一日1時間」をどう捉えるかが残業時間の良否を考える出発点です。
 私は、不要な時間と考えます。つまり、一日1時間の残業であれば十分に
 「0」にすることが可能と考えます。
 
 1時間を「この程度は許される範囲」と捉えてしまえば、何も生まれてきま
 せん。
 
 残業代は「生活費の一部」になっている側面がありますので、残業を無くす
 ことは賃金制度とも絡めて考えていく必要がありますが、残業だけをピック
 アップして考えれば、限りなく「0」の方がいいに決まっています。
 
 残業を限りなく「0」にするには、残業になる理由を知る必要があります。
 一般的には、二つの理由があります。
 
 一つは、作業能力以上に作業量がある場合です。簡単な話、メカニックが1
 名欠勤したら、残業になる。これも作業能力以上に作業量があることになり
 ます。
 
 その他の理由として「無計画な仕事の受注」「飛び込み作業」そして「工程
 管理不徹底」などが挙げられます。
 
 二つ目が、作業遅れです。この理由は、「引取納車が多い」「技能不足」「
 非効率な作業」そして「労働意欲の低下」などです。
 
 自社の残業の理由がどこにあるかを掴むことが、残業を減らすためには絶対
 に欠かせないことです。
 
 ゼヒ、自社の残業理由を掴んでください。
 
 
2.残業時間の適正指標を持つ
 
 残業のすべてが「悪い」と言っているのではありません。残業には「良い残
 業」と「悪い残業」があります。
 
 その判定をする「指標」を経営者は持つべきです。私は、「適正残業指標」
 という判断をします。
 
 ここで言う「適正」とは何を持って適正と判断するのかですが、私は月間の
 工賃売上目標を基準にした場合の適正を判断するようにしています。
 
 つまり、工賃目標を達成するために必要な残業時間を求め、その時間の範囲
 内であれば「適正」とし、範囲を超えれば「不適正」と判定するのです。
 
 その求め方は、以下の通りです。
 (1)工賃売上目標に必要な「目標直接作業時間」
    目標直接作業時間=月間工賃売上目標÷基準レーバーレート

 (2)目標直接作業時間に必要な「目標実労働時間」
    目標実労働時間=目標直接作業時間÷目標稼働率÷目標作業効率

 (3)「計画所定実労働時間」
    メカニック数×月出勤日数×出勤率×一日の所定内労働時間

 (4)工賃売上目標必要残業目安時間
    (2)「目標実労働時間」−(3)計画所定実労働時間
 
 目標稼働率は、過去実績から目標を設定することです。過去実績は、以下の
 通り「工賃売上高」から求める簡易方式でも算出することは可能です。
 
 ある月の工賃売上実績(値引前)÷(メカニック数×営業日数×実労働時間
 ×基準レーバーレート)×100、です。
 
 稼働率が100%の時の工賃売上に対して、実績工賃がいくらであったかで稼働
 率を求める方式です。
 
 作業効率は平均経験年数で決めます。
  例:平均経験年数が5年以下の場合は0.8
      〃    5〜6年の場合は1.0
      〃    7〜8年の場合は1.2
      〃    8〜9年の場合は1.3
      〃    10年以上の場合は1.4
 上記の例でそれぞれの経験者がいた場合の作業効率は、1.14になります。こ
 の値を元に「目標作業効率」を決めます。
 
 ところで残業するかしないかを、だれが決めていますか?多くの整備工場で
 は、メカニックが自分の判断で決めています。あるいは、「工場長」が決め
 ているケースが殆どです。
 
 私は、判断は「フロント」が行うべきだと考えています。現場が自分たちの
 判断で決めさせません。それは、工場をコントロールするのはフロントだか
 らです。
 
 フロントが翌日の入庫量、主たる作業、今日の作業の進捗、明日の勤怠など
 総合的な情報に基づいて残業をするかしないかを決めるのが、正しい判断が
 出来るからです。
 
 この情報に「適正残業指標」を入れて、最終的に残業するのか、しないのか。
 するとしたら何時間するのがいいのかを、決めることです。
 
 こうしたことで、「ムダな残業」を減らすことです。ここがまず解決できて
 こそ残業がトータル的に減らせることができるのです。
 
 現場に任せてしまうと、自分たちの都合を優先した判断になりがちです。ま
 た、残業の適正が保たれないからです。
 
 上記の残業の良否の判定指標は、私の一つの考え方によるものです。これに
 拘ることなく、自社なりの判定指標を考え、それを持って「適正」の判断が
 あってもいいと思います。
 
 いづれにしても、残業は「しかたがない」という諦めムード的なことではな
 く、どう減らすべきかというスタンスに立ち、そのための「指標」を作り、
 判断するというアプローチが必要です。
 
 その為の一つになれば、ぜひ当社の「適正残業指標」を使って、試してくだ
 さい。
 
 
 ご意見・ご感想をお待ちしています。
 
                      Motown21スタッフ カク★☆

━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━
             ≪今週の更新情報≫             
━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━
 
 ☆話題を追って:業界@info「タカタ製エアバッグ、リコールが日米で拡大」
  ⇒http://www.motown21.com/Topics/Gyokai_118/
======================================================================

□■【編集後記】

 30代、40代ごろまでは、家を顧みず仕事に精を出し「徹夜」も厭わないで励
 んでました。
 
 が、最近は「根気」が薄れてきて、残業すらやりたくない、というように変
 わってきています。
 
 とは言え、ここ一番と言う時は「時間を気にせず」、仕事が一段落するまで
 集中しています。
 
 若かりし頃のような時間で仕事を今していると、ブラック企業になってしま
 うのでしょうね。
 
 当時は、ブラック企業なんて「爪の先」ほどにも思ったことなどありません
 でしたが、最近の企業マンはどう思っているんでしょうね。
 
 気になるところです。
 
 
                      Motown21スタッフ カク★☆
======================================================================
 ※本メルマガの購読を中止される場合は、必ず中止のご連絡をお願いいたし
  ます。下記から「メルマガ購読中止」とご記入の上、送信してください。
  ■購読中止⇒info@motown21.com
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         「Motown21レター」のご案内
======================================================================
 ■意見・感想・質問等⇒info@motown21.com
■購読登録⇒http://www.motown21.com/MMag/
 ■購読中止⇒info@motown21.com
======================================================================
【発行元】株式会社ティオ Motown21事務局 info@motown21.com
【所在地】〒236-0046 横浜市金沢区釜利谷西5−4−21
      tel:045-790-3037 fax:045-790-3038 
【発行人】山本 覚  【編集人】村谷 良子  吉岡 善一 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  ※本メールに掲載された内容は許可なく転載することを禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 バックナンバー一覧