Motown21トップメルマガ > メルマガバックナンバー

メールマガジン バックナンバー

 バックナンバー一覧
[ 2016-11-04 ]

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     自動車整備業&車販業のCS経営をコンサルタントする     
───────────────────────────────────
      【Motown21レター《Vol.356号》2016年11月04日(金)】    
 ------------------------------------------------------------------ 
       Presented by Motown21 http://www.motown21.com      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
 
 読者の皆様、おはようございます。
 
 最近ご近所で起きたことですが、二人のご近所さん(共に女性)が、運転免
 許を自主返納しました。
 
 理由は、二人とも事故を起こしたことです。お一人の方は、自宅の駐車場に
 入る際に駐車場の門扉に追突して、車と門扉を破損してしまい、それをきっ
 かけに返納しました。
 
 もう一人も事故です。自損事故によって自身がケガをし、それをきっかけに
 返納をしました。
 
 お二人とも70歳を超える年齢のこともあり、運転するのが怖くなったといい
 ます。
 
 で、気になって免許証の自主返納を調べてみました。2015年の自主返納者数
 は285,514人(前年比1.4倍、+7.7万人)、このうち65歳以上が270,159人で、
 全体の94.6%になっています。
 
 免許証の返納者数は、2012年に10万人を突破し、2014年で20万人を超え、2
 年間で倍増です。
 
 急増の理由は、「自主返納」という呼び方に変わったこと、運転免許証に代
 わる身分証明となる「運転経歴証明書」の発行、自主返納者への、公共交通
 機関などの優待と、75歳以上の免許更新時に認知症テストが行われることな
 どと言われています。
 
 免許証を返納するとなれば、当然ですが保有していたマイカーの大多数が廃
 車や売却等することになるものと思われます。
 
 人口の減少だけではなく、高齢化の進展によりお客さまと管理台数が減少し
 ているのです。カーライフ業界にとっては、とっても悩ましい現象です。
 
 
 がんばれ、東北・熊本!
 がんばろう、日本!
 
─────────────────────────Motown21スタッフ一同

━●今号のご案内●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■Motown21レター特集
  「作業時間は品質と時間の総和で決まる!」
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ──────────────────────────────
  /          ◆Motown21レター特集◆          \
  ┠───────────────────────────────┨
  ┃                               ┃
  ┃      【作業時間は品質と時間の総和で決まる!】      ┃
  ┃                               ┃
  ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  ┃先日、日車協主催の「BPグランプリ」という鈑金、塗装、見積り技┃
  ┃能の3部門で腕前を競うイベントが幕張メッセで開催されました。 ┃
  ┃本イベントは、今年で3回目で初めて関東で開催されました。地の利┃
  ┃も近いこともあり、初めて見学してきました。          ┃
  ┃オープニングセレモニー後の午後から順次部門ごとに競技が始まり、┃
  ┃私は「鈑金部門」に興味があるのと、応援したい選手がいたので前半┃
  ┃の部の5名の競技を見学しました。               ┃
  ┃使い慣れた機械工具等を用いて作業を行います。課題は二つあり、一┃
  ┃が線キズです。もう一つがプレスラインの凹みの修理です。作業の進┃
  ┃め方は、5人まちまちで、鈑金ハンマーを使って線キズを修復する者┃
  ┃デントツールを用いて修復する者で、なぜそのツールを用いるのか?┃
  ┃なぜそこから修復を始めるのか?その修復方法の選択に至る経験や判┃
  ┃断が私には興味深ったといえます。               ┃
  ┃審査は、「仕上がり80点」「時間の要素10点」「安全衛生10点」「筆┃
  ┃記20点」の合計120点で行います。私的には「時間の要素」の配点数 ┃
  ┃を3倍以上にしてもいいかと思います。理由は「時は金なり」だから┃
  ┃です。また時間は「技能」とダイレクトに結びついていますので、技┃
  ┃能を評価する項目として配点を増やすべきだと思います。当然ですが┃
  ┃早かろう悪かろう、では困りますから「仕上がり」は一番優先しなく┃
  ┃てはなりません。                       ┃
  ┃時間の要素を3倍にするには、筆記を10点にし、仕上がりを70点にし┃
  ┃て生まれた20点を時間の要素に加えて30点とする案は、いかがでしょ┃
  ┃うか。いずれにしても時間の要素の配点を増やすことを提案します。┃
  ┃選手の応援で会場は熱気あふれていましたし、選手各位の課題に対す┃
  ┃る取組の姿勢等に、ある種の感動を覚えるほどでした。次回もぜひ見┃
  ┃学したいイベントになりました。                ┃
  ┗━━┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┳━━┛
     ┻┻                       ┻┻


1.2倍近い作業時間差
 
 BPグランプリに出場する選手は、各地域の選考競技を勝ち抜いた精鋭が、
 それぞれの部門ごとに10名、合計30名が本選に出場できる狭き門です。
 
 その精鋭が技を競うのですが、私は仕上がり半分、時間の要素半分、どちら
 かといえば「時間」に興味が大きく、そこをポイントに見学をしました。
 
 仕事関係もあり二日間の見学ができずに、初日だけ見学しました。それも鈑
 金部門に限っての見学です。
 
 13時、担当者から「作業開始!」の掛け声と同時に、5名の選手が一斉に工
 具を持ち出して作業を始めました。
 
 グラインダーで作業する者、鈑金ハンマで作業する者、デントツールを用い
 て作業する者など、作業の方法や使うツール類は、5者5様で選手本人の経
 験や、勤務先の仕事ぶりなことが見れて参考になりました。
 
 仕上がりの判定の一つに「3D計測」があります。ドアパネルに付いた凹み
 を鈑金修正前と後の2回測定し、修復技能の可視化と、数値化して審査に客
 観性と納得性を与えるという、厳しい審査があります。
 
 作業時間が10分、20分と経過し40分を少し過ぎたところで、〇〇さん作業終
 了おのアナウンスがありました。
 
 50分を過ぎた時点で二人、1時間10分過ぎに一人、そして最後が1時間15分
 を過ぎたところで5名全員が作業終了しました。
 
 最短作業時間と最長作業時間の差は、33分、1.76倍の差になりました。平均
 の作業時間は約1時間でした。
 
 この時の標準作業時間が何時間か分かりませんので、「作業効率」を求める
 ことが出来ないのが残念ですが、作業時間に2倍近い差が出た大きな要件は
 「ツール」の選択方法といえます。
 
 つまり、作業方法の差が2倍近い差になったといえます。どちらが正解かは
 判定しかねますが、単純に作業時間のことだけで言えば、短い作業時間で完
 成させた方に軍配が上がるはずです。
 
 時は金なり、で短時間で仕上げることは、
 1.納期の短縮
 2.レーバーレート価値向上
 3.要員不足に貢献
 などメリットばかりで、デメリットが見つかりません。
 
 
2.短時間作業の秘訣は
 
 短時間に作業するには、以前にも触れましたが下記の5つの要素があります。
 
 1)整備技能
 2)作業環境
 3)作業標準化
 4)作業指示
 5)労働意欲
 が、その5つです。
 
 整備技能においては、自動車工学知識、最適な作業方法の決定、適切な工具
 の選定、良否判定力と経験です。
 
 特に、BPグランプリの事例で紹介したように、作業方法が技能面では大き
 な要素になります。
 
 作業環境とは、機械工具の配置・数量、部品庫の位置、エアー取り出し口の
 位置、コンセントの位置、作業台の数と場所、5Sの程度、リフトの配置な
 どです。
 
 この作業環境では、キャディーも含んでいます。自工具や省力機器などを、
 どこに、どれだけ、どのように搭載するかということが、作業時間に影響を
 与えます。
 
 あるBPショップでは、自前でキャディーを製作し、メカニック全員に一台
 与えて作業効率に役立てています。
 
 同じキャディーを持たせることで、同じ作業で作業時間に差が出たときに、
 「なぜ差が出たか」を考えさせることと、技能アップへの刺激を与えるため
 に行っています。
 
 このBPショップは、こうした効率化にとても熱心で、磨き用ワゴン、マス
 キング用ワゴンなども自前で製作しています。
 
 また、ビス、ナットなどの消耗工材は、百均で小さな透明な小箱を200個ほ
 ど購入し、番号と品名を付けてそれを収納する棚まで製作して、誰でも、一
 発で取り出せる工夫をしています。
 
 作業標準化とは、車検や点検などの定型的な作業をムダなく、ムリなく作業
 するように手順が決まっているか、ということです。これはBP作業におい
 ても同様で、誰でも等しく同じ作業時間で完了できることです。
 
 作業指示とは、正確な作業指示書、その内容に応じた作業時間の設定と完了
 時間を指示(命令)することです。その役割は基本的にフロントです。
 
 最後の労働意欲とは、文字通り意欲的に、前向きに、お客さまのことを考え
 て働いているかということです。以上の5つが複雑に絡み合って結果的に実
 作業時間となります。
 
 これからのBPショップ、整備工場の生き残りの策の一つが「作業効率化」
 なのです。
 
 ややもすると「売上」に頭の全部を持っていきがちですが、整備を商いとす
 る以上は、「作業」についても売上と同レベルで傾注し突き詰めることです。
 
 結果それが、作業面のコストダウンと、費用面のコストダウンになり、品質
 にも効果があり、結果目標とする数値の達成が約束され、生き残っていくこ
 とになるのです。
 
 
                      Motown21スタッフ カク★☆
==================================================================■■
╋━━━━━━━━╋
┃ 【編集後記】 ┃
╋━━━━━━━━╋
 
 先日、横浜で87歳の男性が運転する車が、操作を誤って通学の列に突っ込み
 死傷者が出たとうニュースがありました。小学一年生が亡くなったと聞くと、
 とても悲しい出来事です。
 
 この男性は、3年前の免許更新時の認知症テストでは病状がなかったという
 ことですが3年も経過すれが発病していることも考えられます。
 
 そこで、定期点検や車検整備の際に「認知症仮テスト」などのサービスを行
 うことはいかがでしょうか?
 
 場合によっては、免許返納を提案することも「サービス」の一環ではないか
 と思う次第です。
 
                       Motown21スタッフ カク★☆
======================================================================
 ※本メルマガの購読を中止される場合は、必ず中止のご連絡をお願いいたし
  ます。下記から「メルマガ購読中止」とご記入の上、送信してください。
  ■購読中止⇒info@motown21.com
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         「Motown21レター」のご案内
=====================================================================
 ■意見・感想・質問等⇒info@motown21.com
■購読登録⇒http://www.motown21.com/MMag/
 ■購読中止⇒info@motown21.com
====================================================================
【発行元】株式会社ティオ Motown21事務局 info@motown21.com
【所在地】〒236-0046 横浜市金沢区釜利谷西5−4−21
      tel:045-790-3037 fax:045-790-3038 
【発行人】山本 覚  【編集人】村谷 良子  吉岡 善一 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  ※本メールに掲載された内容は許可なく転載することを禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 バックナンバー一覧