Motown21トップメルマガ > メルマガバックナンバー

メールマガジン バックナンバー

 バックナンバー一覧
[ 2017-01-20 ]

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     自動車整備業&車販業のCS経営をコンサルタントする     
───────────────────────────────────
      【Motown21レター《Vol.361号》2017年01月20日(金)】    
 ------------------------------------------------------------------ 
       Presented by Motown21 http://www.motown21.com      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
 読者の皆様 こんにちは。
 
 今日20日は、アメリカ合衆国45代目となるトランプ大統領の就任式ですね。
 どんな政策を打ち出し行動するのか、とても気になるところです。
 
 また、我が国の第193回通常国会が召集されます。どんな国会になるか、こち
 らも気になるところです。
 
 さて、今年は日本そのものが縮小していく中で、カーアフター業界の進み道
 をどこに求めるか、経営者の操舵技能力と先を見た行動力が問われる一年に
 なりそうな予感です。
 
 そんな中、ある整備専門学校の今春の入学者数が、定員の半分がやっとだと
 いう状況だそうで、他の学校でも押しなべて定員割れだそうです。
 
 この先団塊の世代の再雇用が終わり、完全リタイヤする時代に合って、人材
 不足がさらに深刻になってきそうです。
 
 ある整備工場では、募集広告に月額賃金18万円〜と記載したところ、問い合
 わせがないので、最終的に35万円にして掲載して問い合わせを心待ちにして
 いたが、結局この額でも問い合わせがなく、廃業に追い込まれたそうです。
 
 人を人でカバーする(認証や指定基準においては不可欠なこと)のではなく、
 省力化や効率化をさらに追求し、ノウハウでカバーすることも真剣に検討す
 ることが必要ではないでしょうか。
 
 
 がんばれ、東北!
 がんばろう、日本!
 
─────────────────────────Motown21スタッフ一同

━●今号のご案内●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■Motown21レター特集
  「稼働率を改善しませんか!」
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
=======================================================================

             ◆Motown21レター特集◆           
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃         【稼働率を改善しませんか!】        ┃
  ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  ┃皆さん、こんなこと考えたことありませんか?          ┃
  ┃月給30万円のメカニックの稼働率が50%だったら実質的な月給は60万┃
  ┃円になる、ということを、です。                ┃
  ┃メカニックに60万円の給料を払っても黒字経営が可能ですか?多分ム┃
  ┃リだと思います。黒字経営どころか「倒産」てしまうのではないかと┃
  ┃と思います。                         ┃
  ┃稼働率を単なる時間の構成比程度に思っていたら、人材不足にも対応┃
  ┃出来ないだろうし、引き取り納車を無料サービス、だなんて悠長に構┃
  ┃えて継続していられないだろうし、レーバーレートを何時までも改訂┃
  ┃しないでいられないだろうと思います。             ┃
  ┃稼働率50%というのは、一つの考え方としてメカニックに現在の支給┃
  ┃額の倍払っているということになります。だから、今すぐにでも改善┃
  ┃に着手する必要があるのです。                 ┃
  ┗━━┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┳━━┛
     ┻┻                       ┻┻


1.稼働率の再確認

 稼働率については、良く知られた経営指標であり、生産性の二大指標の一つ
 です。が、再確認をしておきます。
 
 稼働率の計算式は「直接作業時間÷実労働時間×100 」です。直接作業時間
 は、正味作業時間+付帯作業時間+余裕作業時間の合計です。
 
 正味作業時間は、実際に作業している時間と事前&事後点検時間です。付帯
 作業時間は、正味作業時間に伴って発生する時間で、リフト操作、作業歩行、
 伝票記入などです。
 
 余裕作業時間は、トイレタイム、小休憩(タバコタイムなど)などです。こ
 のことからも分かるように、直接作業時間は工賃請求時間となります。つま
 り、お金を生み出している時間なのです。
 
 この直接作業時間が働いている時間(実労働時間)の何パーセントになって
 いるかを表した値が稼働率です。
 
 直接作業時間4H、実労働時間8Hであれば、稼働率は50%です。多くの整
 備工場の場合、大体50%前後ではないかと推測しています。
 
 稼働率がなぜ必要かと言えば、レーバーレートを求める時に、計算の要素と
 して必要だからです。稼働率がいい加減であれば、結果として計算されたレ
 ーバーレートもいい加減になってしまいます。
 
 さらには、メカニックが稼いだ証になってなる工賃売上も、いい加減になっ
 てしまい正しい評価ができなくなってしまいます。
 
 このように、整備工場にとっては「稼働率」は経営の本質であり、絶対にな
 くてはならない指標なのです。
 
 しかし、多くの整備工場では計算が面倒だ、忙しくて時間管理ができないな
 どの理由(言い訳)で統計を取っていません。とても残念なことです。
 
 稼働率を掴むことによって、改善のスタートが切れ、生産性が改善できるこ
 とになります。つまり、稼働率は整備経営を改善するPDCAを回すために
 は不可欠な値なのです。
 
 
2.稼働率を改善するには
 
 稼働率の反対が非稼働率です。つまりお金になっていない労働時間です。こ
 の非稼働が何かを掴むことによって、稼働率を改善することができます。
 
 非稼働率の多くが「納車引き取り」という車両回送時間です。まずは、この
 時間を改善することです。
 
 片道30分、往復60分だとどれだけコストが掛かっているかというと、メカニ
 ックの月給を30万円として計算すると、時給は約1,820 円(30万円÷(一日
 8H×22日))になります。
 
 メカニック二人で行けば上記の2倍のコストになります。損失的みれば、レ
 ーバーレート7,000円だとすれば、8,820円×2名にもなる計算です。
 
 この車両回送を、時給932円 (2016年10月時点の東京都の最低賃金)パート
 に頼めば、932円で済みます。実にメカニックの時給の二分の一、1,776円の
 コストダウンになるのです。
 
 年間で計算したら数十万円から数百万円のコストダウンになりますから、真
 剣に稼働率改善に取り組むべきです。
 
 また、車両回送時間は作業時間に使えますから、7,000円 の工賃売上を上げ
 ることもできますので、パートさんをデリバリースタッフとして使った方が、
 経営的には大きなメリットになります。
 
 パートさんであれば車両回送がない時間に、洗車や工場内外の清掃、トイレ
 清掃などのクリーンスタッフとして活用できますのでCS的にも効果が期待
 できます。
 
 上記のパートさんに車両回送を代用することは、言ってみれば「あの手この
 手」の一つであって、車両回送を本質的に減らすことではありません。
 
 本質的に減らすには、お客さまに来店いただくことです。では、どうする?
 常識的に考えつくのが「来店得点」です。言葉は悪いですが、エサで釣る方
 法です。
 
 例えば「タクシー券」や「コンビニやスーパーの商品券」などの金券を一つ
 の得点としてプレゼントするなどです。
 
 ポイント付与の一つとしては、来店ポイントを設けて来店の都度一定のポイ
 ントを付与するなどもあります。
 
 よく目にする「オイル交換無料」も一つのアイディアだと思いますが、オイ
 ル交換は主商品でもありますので私的には避けたいところです。
 
 そして、代車を貸し出す時に、来店していただくことを条件にすることも一
 つです。代車を届けるのではなく、来店いただいて店頭で貸し出しをするの
 です。
 
 来店いただくことで稼働率を改善することだけではなく、他のメリットもあ
 ります。
 
 一つが、問診によることで追加整備を受注することもできます。また、目の
 前で整備提案や代替提案などができるために、付加価値向上のためにも来店
 促進は今以上に活発化させる必要があります。
 
 さらには、稼働率が改善できれば「人手不足」の対策にも効果的です。極端
 かもしれませんが、メカニック2名で稼働率50%だったものが100% になれ
 ば、メカニックは1名で済みます。
 
 このように稼働率が改善できれば多くのメリットがあるのです。売上や人手
 不足などで悩んでいるようでしたら、ぜひ稼働率改善に挑戦してみてくださ
 い。
 
 
  ご意見・ご感想をお待ちしています。
 
                      Motown21スタッフ カク★☆
======================================================================
□■【編集後記】
 
 今日1月20日(金)は「大寒」ですね。文字通り日本列島は、暦通りの極寒
 になっています。
 
 サブい〜〜!
 
 大寒とは、二十四節気の一つ。日本中が寒い冬の期間であり、2月4日前後
 の立春まで、まさに真冬の時期を指します。

 もともと、二十四節気は、暦が発達していない時期の季節感の表示とともに、
 その時の邪気を払う行事が続きます。
 
 大寒の時は、お正月明けの時期であり、寒さに負けない体作りとして寒稽古
 やあえて水行などの行事を行い、無病息災を願うことが多いとされています。
 
 私も青空太極拳で無病息災を願う気持ちがあったのですが、寒さと行かない
 理由(言い訳の何物でもありません)を作ってサボってしまいました。
 
 早くも三日坊主か・・・・・。
 
 
                      Motown21スタッフ カク★☆
======================================================================
 ※本メルマガの購読を中止される場合は、必ず中止のご連絡をお願いいたし
  ます。下記から「メルマガ購読中止」とご記入の上、送信してください。
  ■購読中止⇒info@motown21.com
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         「Motown21レター」のご案内
======================================================================
 ■意見・感想・質問等⇒info@motown21.com
■購読登録⇒http://www.motown21.com/MMag/
 ■購読中止⇒info@motown21.com
======================================================================
【発行元】株式会社ティオ Motown21事務局 info@motown21.com
【所在地】〒236-0046 横浜市金沢区釜利谷西5−4−21
      tel:045-790-3037 fax:045-790-3038 
【発行人】山本 覚  【編集人】村谷 良子  吉岡 善一 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  ※本メールに掲載された内容は許可なく転載することを禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 バックナンバー一覧