Motown21トップメルマガ > メルマガバックナンバー

メールマガジン バックナンバー

 バックナンバー一覧
[ 2017-11-03 ]

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     自動車整備業&車販業のCS経営をコンサルタントする     
───────────────────────────────────
      【Motown21レター《Vol.379号》2017年11月03日(金)】    
 ------------------------------------------------------------------ 
       Presented by Motown21 http://www.motown21.com      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
 
 読者の皆様 こんにちは。
 
 台風21・22号で被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます。一刻も早い
 原状回復をお祈りいたします。
 
 
 さて、第45回東京モーターショーは残り2日となりました。
 皆様は、視に行かれましたか。私は、仕事やらプライベートの関係で今年は
 行かれそうにありません。残念至極です。
 
 出展の中で気になるニュースがありました。それは、曙ブレーキが「流体ブ
 レーキ」を開発し、2020年代に普及を目指すそうです。
 
 流体ブレーキは、摩擦に頼らない構造のため、ブレーキシューやパッド、ド
 ラム、ローターが不要になる。ということはブレーキフルードも不要になる
 という画期的なブレーキシステムです。
 
 EVになると部品点数が4割削減できるそうです。ASVの普及拡大で事故
 鈑金も減っていきます。メンテナンスを生業にしている整備サービス業には、
 悩ましい経営環境になっていくということです。
 
 コンクリートから人へ、というキャッチコピーがありましたが、カーアフタ
 ー業界は「クルマから人へ」、という視点を持った業態であり顧客関係の構
 築が求められている、ということではないでしょうか。
 
 
 がんばれ、東北!
 がんばろう、日本!
 
─────────────────────────Motown21スタッフ一同
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━●今号のご案内●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■Motown21レター特集
 「資金繰り、出来ていますか?」
 
 ■更新情報
  ・話題を追って(11/02)」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
=======================================================================

             ◆Motown21レター特集◆           
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃        【資金繰り、出来ていますか?】        ┃
  ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  ┃資金繰り、などというと資金ショートしている会社のことではないか┃
  ┃というイメージをお持ちかと思います。             ┃
  ┃そのイメージが、取り返しのつかないことにもなってしまうこともあ┃
  ┃ります。利益が出ているからと言って、手元に資金があるといことに┃
  ┃はならないのです。                      ┃
  ┃なんと、倒産する企業の約5割が黒字なんです。つまり、損益上では┃
  ┃「利益」が出ていることになっていても、倒産しています。    ┃
  ┃赤字だから倒産するとは限りません。黒字であっても返済や支払いが┃
  ┃出来なくなれば、倒産(即ではありませんが)するのです。    ┃
  ┃そうならないためにも「資金繰り」を行う必要があります。経理にや┃
  ┃らせておけばいいや!これも間違った考えです。資金繰りが悪い、と┃
  ┃いうことは、経営のどこかに歪があるから起きることです。    ┃
  ┃金の手当(調達)のことも資金繰りに影響しますので、経営の歪だけ┃
  ┃ではないと言えばそうですが、その手当も歪を放置していたのでは、┃
  ┃資金調達もままならなくなり、最終的には倒産になりかねません。 ┃
  ┃資金繰りは経営管理と同義語であり、問題点のシグナルを見つける意┃
  ┃味として、経営者の重要な任務なのです。            ┃
  ┃年末を控え、何かと資金が必要になってくるこの時期、資金繰りにつ┃
  ┃いて解説します。                       ┃
  ┗━━┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┳━━┛
     ┻┻                       ┻┻


1.ナゼ、黒字で倒産するの!
 
 倒産のニュースで「負債総額〇億円」、という負債総額が必ず出てきます。
 この時、疑問が沸きませんか?ある日に一気に〇億円も負債が出たのかな?
 そんなわけありません。
 
 少なくても年単位の時間が経過して負債が〇億円に大きくなっていったので
 す。では、負債という赤字が1円でも発生した時点で、倒産するのでしょう
 か?これも違います。
 
 幾ら赤字が続いていても、お金が回っていれば(支払が出来ていれば)倒産
 には至りません。逆に1円の黒字であっても倒産するケースもあります。こ
 の差はどこにあるのでしょうか?
 
 赤字だから倒産、というのは何となく理解できますが、黒字なのに倒産する
 ってどういうことなのでしょうか?
 
 決算書の損益計算書には「当期利益」、として幾らかのプラス利益が計上さ
 れているにかかわらず「倒産」??です。
 
 それは、赤字にしても黒字にしても「倒産」するのは、支払うに足りる資金
 が不足する結果です。逆にいえば、支払以上の資金さえあれば損益上赤字で
 あっても倒産することはないのです。
 
 例えば、お金が足りなくて支払いができなかった場合に、経営者がポケット
 マネーで都合をつけて、会社に貸し付けて支払をすれば、倒産は免れること
 ができます。
 
 「倒産」とは、一般的に「返済義務のある債務が返せなくなり、借入もでき
 ずに経営が行き詰まる状態」のことです。
 
 簡単に言うと資金不足=資金ショートに陥るから倒産するのです。赤字決算
 だからといって会社が倒産するわけではありません。
 
 何年も赤字を出しながら、事業を継続している会社はいくらでもあります。
 会計上は黒字で利益を出しているにもかかわらず、倒産してしまうのが「黒
 字倒産」で、このことを「勘定合って銭足らず」と言います。こうしたこと
 から、資金は企業の「血液(又は空気)」だと言われます。
 
 
2.資金繰りは誰が行うのか?
 
 資金繰りとは、「入りを図り、出を制する」ことです。いつ売上が立ち、そ
 の代金がいつ入金になり手元資金がいくらになっているか。どこへいつ支払
 が発生するのか、その金額が手元資金で足りるのか、足りなければどこから、
 幾ら調達すればいいのか、ということを予測し、計画していくことです。
 
 資金繰りという言葉は、上記の通り資金管理の事だけではなく、その基にあ
 る売上対策、取引ルール対策、回収管理や広告宣伝など関連が深い広い意味
 があります。
 
 会社を健全・安全に信用力のもとで経営して行くために、もっとも大切な事
 は、経営者自身が資金繰りの重要性を認識し、しっかりと資金繰り管理を行
 なうことです。つまり、資金繰りは経営者の一番大切な仕事といっても過言
 ではないのです。
 
 経営者は、資金繰りにおいて、仕入れや支払いのための現金、社員の給与、
 取引先の売掛金の回収など、お金の出入金のタイミングをはかり、スムーズ
 な支払い業務を行なわなければなりません。
 
 もし、支払い時に手元現金がなかった場合には、借入れをして賄えるだけの
 資金を調達しなければなりません。
 
 この仕事が上手くいかないと、不渡りを出したり、最悪のケースでは倒産の
 危機に陥ったりしてしまうのです。
 
 そうなってしまうと、会社の信用は著しく失墜してしまいます。会社の信用
 は即、資金に悪影響を及ぼすことになるでしょう。このように経営者にとっ
 て、資金繰りは重要な会社業務なのです。
 
 会社の運営、存続、発展に欠かせない重要な資金繰りを、会計担当者などに
 任せきりにしていませんか。または会計士や顧問税理士に任せているから安
 心、と思ってはいませんか。
 
 これらの仕業は、資金繰りのプロとは言い切れません。会計担当は、発生し
 た取引を帳簿に付けたり、帳簿とお金の計算が合っているかを日常の業務と
 しています。
 
 また、支払いについてお金が足りるかどうかを、計算しているだけに過ぎま
 せん。資金が不足したとか、しそうな時に経営者に「資金どうしますか?」
 と指示を伺うだけの権限と責任しか持っていないのです。
 
 経営者が資金繰りに目をそむけたり、他人任せにしたりしていると、お金の
 動きが分からなくなり、儲かっているはずなのに、資金が足りなくなって、
 黒字倒産といった状態にもなりかねません。
 
 また、経費のムダ遣いについても気づかず、競争力を持ったレーバーレート
 ではなくなってしまいます。
 
 資金繰りに苦しむ中小企業の経営者に共通する考え方のひとつに、金は天下
 の回りもの、お金は後からついてくると思っているところがあります。
 
 しかし、これでは資金繰りが綱渡り状態になってしまう危険性が大きいので
 す。後からお金が入っても、必要な時にお金が不足してしまえば、会社は倒
 産です。
 
 資金繰りにおいては、出て行くお金を出来るだけ「最小限に遅くする」こと。
 入ってくるお金は、出来るだけ「最大限に早くする」こと。この流れを基本
 に経営者自身が管理していくことが大切なことです。
 
 
 ご意見・ご感想をお待ちしています。
 
                      Motown21スタッフ カク★☆
======================================================================
 今┃号┃の┃更┃新┃情┃報┃
 ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
 ☆話題を追って:業界@info「日産が不適正な完成検査。再発防止策も現場
  に届かず」
   ⇒http://www.motown21.com/Topics/Gyokai_139/
======================================================================
□■【編集後記】
 
 また、行きそびれてしまったモーターショー。
 
 今回は「EV」が注目とか。
 
 国内外のカーメーカーを始め、部品メーカーもEVに対応したコンセプト商
 品を多数展示しているそうです。
 
 EV化の進展は歓迎するところですが、
 自動車業界やカーライフがどう変化するか、
 気になるところです。
 
 先ずは、2020年東京オリンピック・パラリンピック、でどんなクルマが
 走っているかですね。
 
                       Motown21スタッフ カク★☆
======================================================================
 ※本メルマガの購読を中止される場合は、必ず中止のご連絡をお願いいたし
  ます。下記から「メルマガ購読中止」とご記入の上、送信してください。
  ■購読中止⇒info@motown21.com
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         「Motown21レター」のご案内
======================================================================
 ■意見・感想・質問等⇒info@motown21.com
■購読登録⇒http://www.motown21.com/MMag/
 ■購読中止⇒info@motown21.com
======================================================================
【発行元】株式会社ティオ Motown21事務局 info@motown21.com
【所在地】〒236-0046 横浜市金沢区釜利谷西5−4−21
      tel:045-790-3037 fax:045-790-3038 
【発行人】山本 覚  【編集人】村谷 絵美子  吉岡 善一 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  ※本メールに掲載された内容は許可なく転載することを禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 バックナンバー一覧