Motown21トップメルマガ > メルマガバックナンバー

メールマガジン バックナンバー

 バックナンバー一覧
[ 2018-04-06 ]

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     自動車整備業&車販業のCS経営をコンサルタントする     
───────────────────────────────────
     【Motown21レター《Vol.384号》2018年04月06日(金)】    
 ------------------------------------------------------------------ 
      Presented by Motown21 http://www.motown21.com      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
 読者の皆様 こんにちは。
 
 春なのに初夏!ですね。
 最近の気候に体がついていけませんが、皆様はいかがですか。
 
 2018年も早くも新年度に入りました。
 気分も目標も新に、スタートを切ったことと思います。
 
 目標が成就することを心よりお祈り申し上げます。
 
 
 がんばれ、東北!
 がんばろう、日本!
 
─────────────────────────Motown21スタッフ一同
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━●今号のご案内●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■Motown21レター特集
 「万全ですか!安全衛生管理」
 
 ■更新情報
  ・話題を追って(04/05)」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
=======================================================================

             ◆Motown21レター特集◆           
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃        【万全ですか!安全衛生管理】          ┃
  ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  ┃自動車整備作業中の事故ってどれくらい発生しているか?平成27年で┃
  ┃526人の死傷者となっています。平成18年の771人よりも減少していま┃
  ┃すが、いまだに500人を超える死傷者が発生している現状に対してし ┃
  ┃っかりと対策をしていくことが求められています。        ┃
  ┃どのような現象(事故型別)で起きているか資料を見てみると、平成┃
  ┃27年で一番多いいのがはさまれ・巻き込まれで113件、全体の22%で ┃
  ┃次に墜落・転落95件、18%、三番目が動作の転倒62件、12%で上位3┃
  ┃つで全体の半部以上の52%となっています。           ┃
  ┃年齢別にみてみると、30〜39歳と50〜59歳が同じ割合で23%となって┃
 ┃います。次に40〜49歳が19%、20〜29歳が18%、一番低いのが60歳以┃
 ┃上の16%となっています。                   ┃
  ┃作業になれたころに事故が発生していることが見て取れます。事故で┃
  ┃一番怖いのが「慣れ」であって、ここを疎かにしていると、死に至る┃
  ┃ことになり、最も注意しべき原因でありますが、一番疎かになにしが┃
  ┃ちな原因でもあります。                    ┃
  ┃いずれにしても、モータース店は常にギリギリな要員で事業を進めて┃
  ┃いることもあり、直接員である整備要員が休業することは避けたいと┃
  ┃ころです。したがって、「事故・ケガに注意しろよ!」と掛け声だけ┃
  ┃ではなく、事故が起きないように最低限の対策を講じることが、経営┃
  ┃者や工場長の大事な務めです。                 ┃
  ┃安全・安心な職場の構築と、維持管理について解説します。    ┃
  ┗━━┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┳━━┛
     ┻┻                       ┻┻
   ※各データは「職場のあんぜんサイト(厚労省)」より掲載してます。


1.安全が疎かになっていませんか?
 
 以下の質問に回答してください。
 
 Q1.保護メガネ・マスクはありますか
 Q2.絶縁手袋はありますか
 Q3.絶縁工具はありますか
 Q4.作業着は正しき着用していますか
 Q5.帽子を着用して作業していますか
 Q6.安全靴を履いて作業していますか
 Q7.リフトの定期点検・保守を行っていますか
 Q8.作業ごとの正しい作業要領が決まっていますか
 Q9.危険作業時は周囲に分かるように「表示」していますか
 Q10. 工場内の整理整頓、清掃が行き届いていますか
 Q12. 機械設備が不具合のまま使っていませんか
 Q13. KYM(危険予知ミーティング)を開催していますか
 Q14. 安全衛生管理の責任者等が決まっていますか
 Q15. 安全衛生意識を高めるキャンペーンを実施していますか
 Q16. 定期的に安全衛生教育を行っていますか
 Q17. 災害発生時の連絡網が明確になっていますか
 Q18. 有害物の保管庫は施錠設備がありますか
 Q19. 安全衛生管理計画書を策定していますか
 Q20. 作業中のケガは勲章だと思っていませんか
 
 いかがですか?
 上記の設問は安全衛生の現状を把握するための項目です。全てに○がつくこ
 とが「普通」であって、一つでも付かないということは、安全衛生を疎かに
 していると自覚することです。
 
 安全衛生管理は、労務管理の一環で一番身近で日常的に取り組むべき経営課
 題であり、工場運営課題です。
 
 この安全衛生管理が疎かになっていると言うことは、従業員を粗末に扱って
 いるとイコールと私は考えています。
 
 整備作業や納車引き取り時に事故にあって労災申請があり、会社に責任があ
 るということになれば、会社のイメージは下がることはもちろん、社会的な
 責任等を負うことになります。
 
 労災によって会社は「1.刑事上の責任」「2.行政上の責任」「3.社会
 的な責任「4.補償上の責任「5.民法上の責任」など5つの責任を負うこ
 とになります。
 
 刑事上とは、労働安全衛生法違反や業務上過失致死傷罰です。行政上におい
 ては、業務停止・使用停止などの行政処分です。社会的では、企業の信用低
 下や存続基盤の喪失です。補償上では、労働基準法及び労働者災害補償保険
 法による補償です。民事上では、不法行為責任や安全配慮義務違反による損
 害補償があります。
 
 事故やケガは、仕事の一環だ、といった間違った認識は、即刻排除し、起き
 ないようにするといったリスクヘッジであり、リスクマネジメントが何より
 も重要なことです。
 
 
 2.事故ケガは本人の不注意では済まない
 
 ハインリッヒの法則をご存知でしょうか。この法則は、労働災害における経
 験則の1つで、1つの重大事故の背景には、29の軽微な事故があり、その背景
 には300の異常が存在するという1:29:300の確率です。
 
 ハインリッヒの法則は、とても実践的な法則で、重大な事故というものは、
 軽微な事故を防いでいれば発生しないものであり、軽微な事故はヒヤリ・ハ
 ットするような事故(通称、赤チン)を防いでいれば発生しないものである
 ということ。この法則は色々なものに適用することができ「ヒヤリハットの
 法則」とも呼ばれています。
 
 「1:29:300」という数字に着目されがちなハインリッヒの法則ですが、ハ
 インリッヒは、「重要なのはその数字ではなく、それらが同じ原因に根ざし
 ているという事実である。だから膨大なヒヤリ・ハット事象の原因を調べて
 それを潰していくことで、事故・災害も防げるのだ」と主張しているのです。
 
 ハインリッヒの法則から学ぶべき教訓、それはズバリ「不注意・不安全な行
 動による些細なミス(=ヒヤリ・ハット)を予防することが、大事故を予防
 する上でとても重要である」ということ。
 
 不注意や不安全な行動を潰すことが、労災「0」にする根本なのです。特に
 不安全に目を向けると、不安全は二つあり、一つが「不安全な行動」です。
 
 不安全な作業動作(人)と、不安全な作業方法(やり方)が不安全の行動で
 す。作業動作で言えば、飛び降り・飛び乗りや速度違反などです。作業方法
 では、手抜きや工具類の選択誤り、機械工具の整理不良などです。
 
 不安全な状態とは、絶縁不良や滑りやすい床などの機械・設備に起因するも
 のと、安全装置の点検や修理不履行による点検・整備不良。あるいは保護具
 の欠陥などによる材料から起こるようなことです。
 
 先ずは、不安全な行動・状態を無くすことを徹底することです。その上で、
 労災を防ぐ「意識化」と「環境造り」に取り組むことです。
 
 意識化では、KYMを朝礼時や作業前に励行する。そして作業に入ったら「
 指さし呼称」で、作業を一つ一つ確認しながら進めることです。
 
 指さし呼称の効果は、何もしないで行った作業の誤り発生頻度は2.38でした
 が、指さしにみでは1.00、呼称のみでは0.75、指さし呼称では0.38となり、
 何もしない時の6分の1に減ったというデータがあります。
 
 今さらとか恥ずかしい、忙しい等と言ってられないほど労災を減らす効果が
 上がっているのです。
 
 環境造りにおいては、整理・整頓・清掃の3Sの徹底、機械工具の保守管理、
 保護具の用意と着用の励行、そして定期巡視によるリスクヘッジの具体的な
 行動が必要です。
 
 労災は「起こるべくして起きる」ですから、起きる原因を小さなことから潰
 すことです。
 
 またやったか〜、注意しろよ、で終わらせるのではなく、その原因を全員で
 考え、共有し次に生かすというリーダーシップが求められます。
 
 
                      Motown21スタッフ カク★☆
======================================================================
 今┃号┃の┃更┃新┃情┃報┃
 ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
 ☆話題を追って:業界@info「完成検査問題で国交省が日産に業務改善指示」
   ⇒http://www.motown21.com/Topics/Gyokai_143/
======================================================================
□■【編集後記】
 
 安全衛生管理って、
 事が起きるまで忘れがちになってしまうませんか?
 
 大事であり、対策を講じなかればと思っていても、
 何時しか意識が薄れてしまい、
 行動も緩慢にっていくのが安全衛生です。
 
 そうならないためにもKYMはとても大事です。
 KYMは一人でもできますので、習慣化したいですね。
 
 それと指さし呼称もネ。
 
 
                      Motown21スタッフ カク★☆
======================================================================
 ※本メルマガの購読を中止される場合は、必ず中止のご連絡をお願いいたし
  ます。下記から「メルマガ購読中止」とご記入の上、送信してください。
  ■購読中止⇒info@motown21.com
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         「Motown21レター」のご案内
======================================================================
 ■意見・感想・質問等⇒info@motown21.com
■購読登録⇒http://www.motown21.com/MMag/
 ■購読中止⇒info@motown21.com
======================================================================
【発行元】株式会社ティオ Motown21事務局 info@motown21.com
【所在地】〒236-0046 横浜市金沢区釜利谷西5−4−21
      tel:045-790-3037 fax:045-790-3038 
【発行人】山本 覚  【編集人】村谷 絵美子  吉岡 善一 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  ※本メールに掲載された内容は許可なく転載することを禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 バックナンバー一覧