Motown21トップメルマガ > メルマガバックナンバー

メールマガジン バックナンバー

 バックナンバー一覧
[ 2018-05-11 ]

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     自動車整備業&車販業のCS経営をコンサルタントする     
───────────────────────────────────
     【Motown21レター《Vol.386号》2018年05月11日(金)】    
 ------------------------------------------------------------------ 
      Presented by Motown21 http://www.motown21.com      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
 読者の皆様 こんにちは。
 
 カシオがデジタルカメラ市場から撤退、というニュースに触れてある意味シ
 ョックを感じているところです。
 
 先輩コンサルタントが、山本これいいだろ〜、といってQV-10(1994年11月に
 発表)を私に見せてくれたシーンを、今でもはっきりと覚えています。
 
 このデジタルカメラは背面に液晶画面がついていて、当時としては画期的な
 デジモンでした。
 
 スマホのカメラ性能が向上し、デジカメのニーズが減ってきたことが最大の
 理由と言われています。
 
 そういえば、私もデジカメを使うシーンが減っていいて、その代わりスマホ
 の出番が多くなっていることに気づきます。
 
 時代の代わりを強く感じる今日この頃ですね。
 
 
 がんばれ、東北!
 がんばろう、日本!
 
─────────────────────────Motown21スタッフ一同
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━●今号のご案内●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■Motown21レター特集
 「整備業の働き方改革、続き」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
=======================================================================

             ◆Motown21レター特集◆           
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃        【整備業の働き方改革、続き】         ┃
  ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  ┃整備業の働き方改革は、前号で触れたように三つの柱があります。 ┃
  ┃三つとは「女性の活用」「離職者の防止」「生産性向上」です。女性┃
  ┃の活用とは、主に整備要員として採用し戦力化することです。離職者┃
  ┃の防止では、意欲的に働ける労務管理の推進と労働条件の改善です。┃
  ┃そして生産性向上においては、効率的な作業を進めることです。  ┃
  ┃こうしたことによって、安定的な労働力を確保しつつ、より高い生産┃
  ┃性を実現することが整備業の働き方改革と言えます。       ┃
  ┃働き方改革の背景として「労働力不足」があります。労働力不足は、┃
  ┃一つには人口減少による「労働力の不足」と、整備業の場合はもう一┃
  ┃つあってそれが「成り手不足」です。              ┃
  ┃整備学科の生徒数は、2007年をピークに年々生徒数が減り続けていま┃
  ┃す。各種学校の生徒数も減っているとはいえ、2016年は2007年と比べ┃
  ┃て約3,700人の減少です。                    ┃
  ┃最近各種学校の関係者との情報交換の中で、整備学科の入学者数が減┃
  ┃っているのは、人口減少もあるが、それ以上に理由として「親が入学┃
  ┃を反対している」そうです。親世代から見て整備業はいまだに3Kの┃
  ┃イメージがあって、もっと待遇面が良い業界への就職を見据えた進路┃
  ┃を親が決めるということは、業界として深刻に受け止める必要があり┃
  ┃ます。                            ┃
  ┃そこで、働き方改革の体系と女性の活用について、考えてみます。 ┃
  ┗━━┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┳━━┛
     ┻┻                       ┻┻


1.整備業の働き改革の体系
 
 生産性向上につては、稼働率の改善と作業効率の改善があります。できれば
 両方の改善にトライすればいいのでしょうが、社内だけの改善で効果が出る
 という面では作業効率に軍配が上がります。作業効率は、要は「早く確実に
 作業する」ことです。
 
 さて、働き方改革の体系を下図の通りフローチャートにしました。前述の通
 り働き方改革の出発は労働力不足をカバーするための三本柱です。
 
 三本柱のそれぞれの課題を三つに纏めました。これらの課題に対策すること
 で、「人手不足の解消とES(Employee Satisfaction=社員満足度)向上」
 を実現させ、そして作業効率アップが実現することになります。
 
 最終的には、整備品質の向上であり、サービス品質の向上、そしてコスト低
 減を図ることで、その先に見えるものが「少数精鋭による競争力アップ」に
 なります。
                                   
           ┌──────────┐            
           │ 背景:少子高齢化 │            
           └─────┬────┘            
           ┌─────┴────┐            
           │ 現象:労働力不足 │            
           └─────┬────┘            
               【対応策】
        ┌────────┼────────┐
     ┌──┴──┐ ┌───┴──┐ ┌───┴──┐
     │女性の活用│ │離職者の防止│ │生産性の向上│
     └──┬──┘ └──┬───┘ └──┬───┘
     ┌─┬┴┬─┐ ┌─┬┴┬─┐  ┌─┬┴┬─┐
     │課│課│課│ │課│課│課│  │課│課│課│
     │題│題│題│ │題│題│題│  │題│題│題│
     │1│2│3│ │1│2│3│  │1│2│3│
     │担│作│O│ │保│公│経│  │合│フ│整│
     │当│業│J│ │有│明│営│  │理│ロ│備│
     │す│の│T│ │能│な│ビ│  │的│ン│技│
     │る│標│に│ │力│評│ジ│  │な│ト│能│
     │仕│準│よ│ │・│価│ョ│  │工│主│の│
     │事│化│る│ │技│と│ン│  │場│導│た│
     │の│ │指│ │能│処│の│  │レ│の│ゆ│
     │明│ │導│ │の│遇│明│  │イ│工│ま│
     │確│ │体│ │明│改│示│  │ア│場│ぬ│
     │化│ │制│ │確│善│ │  │ウ│運│研│
     │ │ │ │ │化│ │ │  │ト│営│鑽│
     └─┴┬┴─┘ └─┴┬┴─┘  └─┴┬┴─┘
     ┌──┴───────┴┐   ┌───┴────┐
     │・人手不足の解消   │   │・作業効率アップ│
     └─────────┬─┘   └─┬──────┘
               └┬──────┘
           ┌────┴────┐
           │・整備品質向上  │ ┏━━━━━━━┓
           │・サービス品質向上│⇒┃少数精鋭による┃
           │・コスト低減   │ ┃競争力アップ ┃
           └─────────┘ ┗━━━━━━━┛
 
 
2.女性の活用を検討してみたら
 
 今までの整備工場における女社員の活用と言えば、事務員かフロントアシス
 タントが相場でした。
 
 たまにデリバリースタッフとして納引きを担当したり、洗車作業を担当する
 といった、影の存在でした。それを表の「整備要員」として活躍の場を与え
 ることも必要な時代です。
 
 整備工場は男の世界、という古めかしい観念が頑固にはびこっていますが、
 周りを見回すとJRや私鉄では列車の女性運転手・車掌もよく目にするように
 なったし、大型トラックの運転手も女性が活躍しています。
 
 確かに力仕事はやや苦手な部分がありますが、それ以外では劣ることはない
 のではないでしょうか。
 
 整備士資格を持ち経験者が望ましいですが、オイル交換などの軽微な整備や、
 定期点検、車検整備などの定型作業は作業手順を指導し、訓練することで整
 備士資格や経験は無い女性でも十分役割が果たせます。
 
 そのためには、男女別のトイレやロッカーなどの設備を始め、女性用のツナ
 ギ、液体手袋なども用意しておきたいところです。
 
 その上で、作業の手順をマニュアルに基づいてしっかりと教育、訓練し、ハ
 ンドツール類の使い方やパーツの名称と機能などを、OJT手法を用いて出来る
 まで教えることです。
 
 また、「KYM(危険予知ミーティング)」にも参加させ、作業に潜んでいる
 危険などを学習させることも必要です。なお、グラインダー操作や溶接作用
 などは労働安全衛生法で定められた、講習(下記参照)などを受講させ有資
 格者による操作を徹底させることも必要なことです。

 ・移動式クレーン
 ・定置クレーン
 ・玉掛技能
 ・ガス溶接技能
 ・アーク溶接
 ・フォークリフト
 ・乙種4級危険物取扱者
 ・砥石交換(グラインダー)
 ・有機溶剤作業
 ・タイヤ空気充填業務
 ・振動工具の操作資格
 ・低電圧取扱い
 
 
 
                      Motown21スタッフ カク★☆
======================================================================
□■【編集後記】
 
 時代が変わると言えば、ベンチャー企業のnommoc(福岡市)が、スマートフ
 ォンアプリでタクシーの配車を依頼し、目的地まで「無料で乗れる」サービ
 スを、2019年3月に同市で始める計画を発表しましたね。
 
 アプリや車内のディスプレイに利用客が関心を持っている店舗や商品の広告
 を流す。スポンサーから得た広告費でタクシーの運用費をまかない、利益を
 上げるというビジネスモデルだそうです。
 
 う〜〜ん、世の中変わりますね!?
 
                      Motown21スタッフ カク★☆
======================================================================
 ※本メルマガの購読を中止される場合は、必ず中止のご連絡をお願いいたし
  ます。下記から「メルマガ購読中止」とご記入の上、送信してください。
  ■購読中止⇒info@motown21.com
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         「Motown21レター」のご案内
======================================================================
 ■意見・感想・質問等⇒info@motown21.com
■購読登録⇒http://www.motown21.com/MMag/
 ■購読中止⇒info@motown21.com
======================================================================
【発行元】株式会社ティオ Motown21事務局 info@motown21.com
【所在地】〒236-0046 横浜市金沢区釜利谷西5−4−21
      tel:045-790-3037 fax:045-790-3038 
【発行人】山本 覚  【編集人】村谷 絵美子  吉岡 善一 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  ※本メールに掲載された内容は許可なく転載することを禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 バックナンバー一覧