Motown21トップメルマガ > メルマガバックナンバー

メールマガジン バックナンバー

 バックナンバー一覧
[ 2019-03-08 ]

☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     自動車整備業&車販業のCS経営をコンサルタントする     
───────────────────────────────────
     【Motown21レター《Vol.396号》2019年03月08日(金)】    
 ------------------------------------------------------------------ 
      Presented by Motown21 http://www.motown21.com      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆
 
 こんにちは。ご愛読ありがとうございます。
 
 特定整備という新しい認証工場ができるような・・・・。
 
 日刊自のニュースによると、ASVに搭載されているセンサーカメラ等の取り外
 し、取り付けが可能な認証制度を設けることで、本国会に関連法案を提出す
 るとのことです。
 
 関係先に詳細を聞いても???ばかりで、要領を得ません。特定整備認証工
 場は整備振興会なのか車体協会なのか、はたまた電装関係の団体扱いになる
 のかも定かではないとのこと。
 
 OBD車検との関係はどうなるのか?メーカー保証がどうなるのか?設備や
 面積要件、そして整備士資格が必要なのか?気になることが山積です。
 
 国交省さん、早く詳細を教えてください。
 
 
 がんばれ、東北!
 がんばろう、日本!
 
                         Motown21スタッフ一同
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━●今号のご案内●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■Motown21レター特集
 「分解整備事業実態調査」からの業界事情
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                ■特集■               
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  毎年1月から2月にかけて日整連から公表される「自動車分解整備事業
  実態調査結果の概要」が入手できましたので、内容を確認します。
  
  整備売上高は5兆5,295億円となり二年連続でプラスとなりました。前
  年比では100.8%、金額で420億円プラスです。二年連続は久しぶりのこ
  とで業界としてはホッとしているところです。
  
  しかし、需要開拓によるプラス成長というよりも、保有台数が増えたこ
  とと技術料の値上げによるところが大きいと判断します。
  
  毎年保有台数は増えている中で、マイナス成長の年もありましたから、
  そのことを考えると、理由はともかくプラスだったことは良しとすべき
  です。
  
  その他詳細については、下記で触れます。
  
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 
 
1.モータース店のみマイナスだった
 
 業態別に整備売上高を見てみると下記の通りです。(単位億円)
 
          H30年  H29年  前年比
 ・整備専業店   19,364  19,947   97.1
 ・整備兼業店    6,713   6,611  101.5
 ・専業・兼業合計 26,077  26,558   98.2
 ・ディーラー   26,927  26,147  103.0
 ・自家工場     2,291   2,170  105.6
 ・合計      55,295  54,875  100.8
 
 となり、整備専業店のみが前年比マイナスとなり、専業・兼業合計のいわゆ
 るモータース店でも専業店が足を引っ張り、マイナス成長となってしまいま
 した。
 
 この結果、ディーラの売上シェアは 48.7%となり、前年よりも1.1%増加
 しました。この調子が続けば、50%になるのも近いのではないでしょうか。
 
 専業工場のマイナスの原因は、車検整備を大きく落とした結果です。専業工
 場のマイナス金額は583億円、そのうち車検整備が331億円のマイナスです。
 実に約60%に当たるマイナス幅が車検整備でした。
 
 ディーラーのメンテパックやマイカーリースなどの囲い込みが、ボディーブ
 ローのように効いてきたように思われます。
 
 もう一つの原因は、定期点検のマイナスではないでしょうか?専業工場の定
 期点検は前年比マイナス5.4%、に対してディーラーはプラス7.5%とその差
 は、12.9%もあります。
 
 私は、メンテパック等の囲い込み商品の一つが「定期点検」と思っています。
 その意味からすれば、定期点検がマイナスしているということは、客の脱落
 が進んでいると捉えることです。
 
 従って、車検以上の定期点検の入庫促進に熱心且つ早めに活動するなどして
 入庫率を高めることと、専業工場こそメンテパックの販売強化に取り組み囲
 い込みを強化することが必要です。
 
 さて、作業別の伸び率を見てみると、
 ・車検整備:+1.3%
 ・点検整備:+0.8%
 ・一般整備:+2.9%
 ・事故整備:−3.7%
 となっています。
 
 ASVの搭載車両が普及するにつれ事故件数が減っていることが、もろに数
 字に出た感じです。この先普及率は高くなる一方ですから、事故整備の売上
 は、さらに落ち込むことが危惧されます。
 
 事故修理後のエイミング作業などを付加して、台単価を上げていくことや、
 レバレートの適正化による技術料の構成割合を高めるなどして、対策を急ぐ
 必要があります。
 

2.生産性はどうか
 
 整備要員当りの整備売上高、要員当り年間給与(千円)は、
 
        整備売上高と伸び率  年間給与と伸び率
 ・専業工場 : 9,581  98.3     3,539 100.5
 ・兼業工場 :10,794  98.8     3,722  99.5
 ・ディーラー:23,212 102.5     4,661 102.0
 
 となていて、専業及び兼業の生産性の改善が必要な状況です。
 
 粗利益率を60%と仮定して労働分配率を計算すると、専業工場で61.6%、兼
 業工場57.5%、ディーラー33.5%となり、専業工場は油断すると赤字経営に
 陥ってしまいます。
 
 どの業界も人手不足は深刻さを増していますが、自動車整備業界の有効求人
 倍率は、3.73倍です。全業種平均では1.54倍ですから、2.4倍となっています。
 
 この状況はこれからも続きますので、抜本的な解決策が求められます。それ
 が、素人の戦力化と生産性の指標である「稼働率」と「作業効率」の改善を
 急ぐことです。
 
 例えば、車検整備の四輪脱着、ブレーキ分解・清掃・組付け、シュー&パッ
 ド残圧測定、タイヤ残溝測定、エアー調整、スペアータイヤのエアー調整、
 洗車作業などは、OJTで指導すれば、女子パートでも可能です。
 
 あるいは、納引きをバイト化するなどして、整備士は本来の仕事に専念させ
 る分業体制を取ることです。
 
 市場が縮小し経営環境が厳しさを増す中で、明確なビジョンを持ち、その達
 成ための年度計画をしっかりと立て、目標管理経営を推進することが強く求
 められています。
 
 従来に拘ることも必要ですが、変化させることの方がより強く求められてい
 ます。
 
 
                      Motown21スタッフ カク★☆
======================================================================
□■【編集後記】
 
 特定整備認証制度、必要なことではありますが、業界内でもっと早くから内
 容の詰めが必要だったのではないかな〜
 
 こと安全走行に関することですから、慎重にも慎重を重な検討をしてこそ、
 安全が担保された内容になると思いますよね。
 
 急ぐ必要もわかりますが、
 もっと業界全体で考えていくことでは・・・。
 
 
 桜の開花が昨年よりも早くなりそうな予報ですね。
 皆様のお勧めの桜の名所はどこですか?
 
 私的には、
 第一位:弘前城公園(青森県)
 第二位:高頭城址公園(長野県)
 第三位:わに塚の一本桜(山梨県)
 番外として「河津桜(静岡県)」かな。
 
                      Motown21スタッフ カク★☆
======================================================================
 ※本メルマガの購読を中止される場合は、必ず中止のご連絡をお願いいたし
  ます。下記から「メルマガ購読中止」とご記入の上、送信してください。
  ■購読中止⇒info@motown21.com
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         「Motown21レター」のご案内
======================================================================
 ■意見・感想・質問等⇒info@motown21.com
■購読登録⇒http://www.motown21.com/MMag/
 ■購読中止⇒info@motown21.com
======================================================================
【発行元】株式会社ティオ Motown21事務局 info@motown21.com
【所在地】〒236-0046 横浜市金沢区釜利谷西5−4−21
      tel:045-790-3037 fax:045-790-3038 
【発行人】山本 覚  【編集人】村谷 絵美子  吉岡 善一 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  ※本メールに掲載された内容は許可なく転載することを禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 バックナンバー一覧