Motown21トップメルマガ > メルマガバックナンバー

メールマガジン バックナンバー

 バックナンバー一覧
[ 2019-12-06 ]

☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     自動車整備業&車販業のCS経営をコンサルタントする     
───────────────────────────────────
     【Motown21レター《Vol.404号》2019年12月06日(金)】    
 ------------------------------------------------------------------ 
      Presented by Motown21 http://www.motown21.com      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆
 こんにちは。ご愛読ありがとうございます。
 
 11月はメルマガを配信できずに申し訳ございません。いろいろなことが重なり配
 信ができませんでした。今後は万難を排して配信に努めてまいります。
 
 今年は異常気象続きでした。この冬も木枯らしが吹かずに冬入りしましたし、強
 力な台風も多く発生し全国各地に大きな被害をもたらした2019年、令和元年も
 1か月を切りました。
 
 まさに光陰矢の如し、ですね。特に年を重ねるごとに、矢のスピードが加速して
 いるように感じます。
 
 2019年は、カーアフター業界、とりわけ整備サービス業界にとっては、記
 憶に残る年ではなかったかと思います。
 
 「分解整備」から「特定整備」という新しい基準の車両法の法改正がなされ、本
 年度中に具体的な内容である省令公布が近いと言われています。
 
 改正車両法は、業界への影響もかなり大きいのではないかと感じています。これ
 が引き金になって業界の縮小に拍車がかからないことを祈るしかありません。
 
===========================================================================
            年末年始の休業日のご案内           
===========================================================================
 誠に勝手ながら、弊社では2019年12月28日(金)より2019年1月6日(月)
 まで、年末年始休業とさせていただきます。
 
 ・商品の年内発送の最終受付は、2019年12月26日(金)午前11時までとなり
  ます。この時間までにご注文を頂戴し、且つ在庫がある商品に限り当日発送
  致します。それ以降にご注文いただきました場合は、2019年1月7日(火)
  以降の発送とさせていただきます。

 ・休業中でもFAX、E-mailは受付しておりますが、ご回答は2019年1月7日
  (月)以降に順次対応させていただきます。
  ⇒E−メール:info@tio21.co.jp
  ⇒FAX  :045-790-3038
  ⇒携帯電話 :090-6036-3268(山本)

━●今号のご案内●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■Motown21レター特集
 「11月公表の「中間とりまとめ」の重要ポイント!」
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                ■特集■               
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  高度化検討会の第2回目の「中間とりまとめ」が11月に公表され、本内
  容が最終の省令内容になると思われます。
  
  10月に公表された内容と比べるとより明確になっています。対象車両や
  特定整備の対象作業、外注の形式と記録簿の発行者など、より具体的で
  分かりやすくなっています。
  
  また、経過措置期間の適用条件や指定工場の保適の交付条件など、大分
  煮詰めた内容になっています。
  
  全体的には、新しい認証制度である「電子制御装置整備(仮称)」の取得
  条件が緩和された印象があります。
  
  新認証の大盤振る舞いではないかと、思えてなりません。これで改正法の趣旨
  に叶うのか、疑問が残るところです。
  
  9万2千工場すべてが新認証を取得するわけではありませんが、一工場でも多
  く取得し、新しい時代の整備に対応できるようになって欲しいものです。
  
  11月の「中間とりまとめ」のポイントを纏めてみました。
  
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 
 
1.11月の「中間とりまとめ」のポイント
 
 おさらいとして、改正車両法の4大ポイントを確認しておきます。
 □分解整備の定義が変わり「特定整備」になる
 ・従来の7装置に「自動運行装置(L3以上)」が追加され8装置になる
 ・脱着せずとも他の装置に保安基準上の影響与える整備・改造が追加される
 ・メーカーに点検整備に必要な技術情報を新認証工場に提供を義務つけ
 
 □「特定整備」に新しい認証が追加される
 ・自動運行装置の取り外し、作動に影響を及ぼす恐れのある整備・改造
 ・衝突被害軽減制動装置、自動命令型操舵装置のセンシング装置の整備・改造
 ・ECUの機能調整などの上記の取り外しを伴わない整備・改造
 
 □OBD車検が導入される
 ・車検時に「特定DTC」の有無判定をする。あると車検不合格
 ・排ガス装置、運転支援装置、自動運転機能を対象とする
 ・2021年以降(輸入車2022年以降)発売の新型車が対象となる
 
 □点検基準見直しによるOBD点検が追加される
 ・「OBDの診断の状態」という点検項目がその他の点検箇所に追加される
 ・既販車を対象とし、実施時期は早ければ2020年10月ごろにスタートする
 ・1年ごとに点検することを義務付ける
 
 以上が改正のポイントです。
 
 で、今回の「中間とりまとめ」の中で前回と変更になった部分としては、指定整
 備工場のエーミング整備の「外注が可能になった」ことです。
 
 前回までは、指定整備規則上は指定整備時に外注に出せる作業は「鍛冶(鈑金)
 作業」「タイヤ整備」「電装整備」などでしたが、それがOKになりました。
 
 自社の負担が減るという意味では、「良かった」のかもしれませんが、それにっ
 て本来許されていない「分解整備作業」も知らずに一緒に外注依頼してしまうこ
 とが起きないか心配が残ります。
 
 次に、飛び地であってもその場所でエーミング作業ができることになりました。
 これはその場所を同一整備事業者として扱うことができることで、新認証を受け
 ることが可能となりました。
 
 そして、経過予措置期間の適用条件がより明確になりました。内容は、「施行日
 までに前方センシング装置等の取り外し やエーミングの事業を経営している工
 場」に適用されることになりました。
 
 経過措置期間とは、今まで特定整備関係の作業を行っている整備工場に、法施行
 日から4年間は、新認証を取得しなくても継続して作業ができるという、いわば
 特典のようなもです。
 
 施行日とは、2020年5月23日です。それまでにセンシング装置が付いたバン
 パー、グリルの取り外し、フロントガラスの交換及びエーミング作業を行ってい
 ることが条件です。
 
 バンパーやグリルの取り外し、あるいはガラス交換だけしか行っていない場合は、
 その作業のみが措置期間中に認められることになりました。
 
 エーミングを法施行後の措置期間中でも新認証なしに実施するには、自社内で
 エーミング作業を実際に事業として行っていなければなりません。これは、エー
 ミング作業を外注している場合には認められません。
 
 
2.OBD点検の実施時期の変更と保適の交付が変わった
 
 OBDの点検が法公布から9か月後とされていな実施時期が、改正法施行から1
 年半後に変わり、2021年の10月からとなりました。
 
 当初は2020年の2月前後ではないかと予測していましたが、大幅に先延ばしに
 なったということです。OBD点検は、既販車が対象ですので、準備を急ぐ必要
 がありましたが、余裕をもって準備を進めることができます。
 
 ややこしいのが、指定工場における電子制御装置整備に該当する装置を備えてい
 る自動車への保適公布です。以下の通りとなります。
 □新認証を取得した
  経過措置期間終了後も交付できる
 □法改正までにエーミング作業(外注は不可)を事業として経営していた
  経過措置期間後は交付できない
 □法改正までにエーミング作業を事業として経営していない
  点検基準の見直し施行前までしか公布できない
  (点検基準の見直し施行とは、OBD点検が始まる2021年10月まで)
 
 電子制御装置整備対象外の自動車については、経過措置期間中の4年間は保適の
 公布が可能となります。
 
 つまり、指定工場は新認証を取得しなければ、点検基準の見直し施行時、又は措
 置期間終了時で保適が交付できなくなります。
 
 以上が、11月に公表された「中間とりまとめ」のポイントです。
 
 で、今回の車両法の改正は、整備サービス業界にとっては、大きな出来事でその
 影響が以下のように危惧されるところです。
 ・より高度な整備品質が求められ、金銭的・人的負担が増す
 ・差別化がより顕著になり、顧客の流動化が激しくなる
 ・車体整備業は、新認証取得しないと作業が何もできない
 ・AA会場では、警告灯評価項目が追加され、点灯車は評価低くなる
 ・ディーラーは外注引き受けが困難になり、エーミング難民が生まれる
 ・整備工場や車体工場の廃業が増え、合併、M&Aが活発になる
 
 つまりカーアフター業界の淘汰が激しくなるのではないかと、心配しているとこ
 ろです。
 
 取り越し苦労、であって欲しいと願っています。
 
 
                      Motown21スタッフ カク★☆
============================================================================
□■【編集後記】
 
 11月の新車販売が二桁減でしたね。
 
 やはり駆け込み需要が発生したのでしょうか?
 
 そうであって欲しいのですが、景気の不安定化による落ち込みとなると、それな
 りに長期になるのではないでしょうか。
 
 やはり新車が売れないとカーアフター業界は活気を失い、厳しい環境に置かれる
 ことになります。
 
 新型車頼みではなく、売る営業が必要ではないでしょうか。整備業の場合の車販
 は、売れた、というケースが殆どです。
 
 ここを改善するところに勝機があるのではないでしょうか。年末商戦もあと僅か
 です。最後まで諦めずに基本を徹底すること、が勝者への近道かと・・・。
 
 
                      Motown21スタッフ カク★☆
=======================================================================
 ※本メルマガの購読を中止される場合は、必ず中止のご連絡をお願いいたし
  ます。下記から「メルマガ購読中止」とご記入の上、送信してください。
  ■購読中止⇒info@motown21.com
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         「Motown21レター」のご案内
======================================================================
 ■意見・感想・質問等⇒info@motown21.com
■購読登録⇒http://www.motown21.com/MMag/
 ■購読中止⇒info@motown21.com
======================================================================
【発行元】株式会社ティオ Motown21事務局 info@motown21.com
【所在地】〒236-0046 横浜市金沢区釜利谷西5−4−21
      tel:045-790-3037 fax:045-790-3038 
【発行人】山本 覚  【編集人】村谷 絵美子  吉岡 善一 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  ※本メールに掲載された内容は許可なく転載することを禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 バックナンバー一覧