Motown21トップメルマガ > メルマガバックナンバー

メールマガジン バックナンバー

 バックナンバー一覧
[ 2021-10-08 ]

〇◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      自動車整備業&車販業のCS経営をコンサルタントする    
───────────────────────────────────
      Motown21レター《Vol.438号》2021年10月08日(金)】     
  -----------------------------------------------------------------
     Presented by Motown21 http://www.motown21.com       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〇◎
 
 読者の皆様、こんにちは。
 
 昨晩の地震にはたまげました。
 皆さまは、被害はありませんでしたか。
 
 地域で安否確認訓練を行っていますが、実際に大きな地震にあうと、訓練通
 りにはいかないことが良く分かりました。
 
 頭で考えて行動するのではなく、自然に体が動くようにしていかないと役に
 たたない。
 
 それを訓練で行うことがとても大切なことですね。
 
 
 がんばろう、日本!
 

─────────────────────────Motown21スタッフ一同
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━【今号のご案内】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■Motown21レター特集
 「OBD点検の対応は十分か?」
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               〜 特 集 〜             
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  
                                   
    特定整備になって法定点検である1年点検に「OBD(車載
    式故障診断装置)の診断の結果」が追加され10月1日から開
    始されました。
    
    1年ごとに、電子制御装置のほかエンジンやブレーキ、ABS、
    エアバッグなどに不具合がないか、警告灯の点灯・点滅有無
    を目視で確認し、ある場合はスキャンツールなどで整備する
    ことが義務付けられています。
    
    ABSエアバック搭載車ということになれば、ほぼ今街中で走
    っている車両が対象ということになります。
    
    この「OBD(車載式故障診断装置)の診断の結果」につい
    て、国交省は「OBD検査とは全く別物であり、こちらはO
    BD点検」と注釈しています。
    
    OBD点検は、チェックランプの点灯状態を目視で点検する
    ことも可能ですが、整備工場であれば「スキャンツール」を
    OBDに接続し、OBDに記録されている各種装置の故障の
    有無や作動状況を読み出して、安全に走行できる状態である
    かを確認することのほうがスマートではないでしょうか。
    
    国交省が作成したリーフレットには、スキャンツールを使っ
    て点検している絵が描かれています。
    
    この点検が始まることは昨年の4月に分かっています。一年
    半の期間でどのような準備をし、本番を迎えたのかとても気
    になるところです。
    
    その準備等について確認しておきます。
    
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛  
 
1.まずは「告知」です
 
 OBD点検とは何か、なぜ必要なのか、どんな点検内容なのか、いつから実
 施されるのか、といった改正車両法にのとった情報提供を行ったのか?
 
 どうも多くの工場ではその気配を感じないのは、私だけでしょうか。それと
 も私が気づいていないだけなのでしょうか。
 
 前者の方が近いと思われます。ナゼ、こんな大事なことを前もってユーザー
 に知らしめをしないのか、私には不思議です。
 
 多分、多分ですが定期点検はそんなに入庫量もないし、ユーザーの関心も薄
 いから、と判断しアクションを起こさなかったのではないか・・・。
 
 その現実を見れば何もしない方がコストや時間がかからないので、得策なの
 かも知れません。
 
 しかし、それはせっかくの新しい需要を捕まえに行くことを放棄しているこ
 ととイコールではないでしょうか。
 
 整備白書のデータでは、保有台数が増えているにもかかわらず整備売上はそ
 の逆に年々下がっています。
 
 その原因が整備単価の減少の他ありません。需要の掘り起こしが出来ていな
 いことを意味しているのです。
 
 その単価を少しでもアップさせられる新しい整備需要が生まれるのであれば、
 大いに歓迎し、それにいち早く対応するのが商売ではないでしょうか。
 
 いつもの口癖ですが、この先保有台数は減少していきます。つまり、量に頼
 る経営は早晩難しくなることは自明です。
 
 これからは量ではなく「質」を上げていく攻めの総合付加価値経営でなけれ
 ば生き残れないし、勝ち残れません。
 
 質とは、顧客価値を最大化することです。平たく言えば、一人のお客からの
 付加価値を一円でも多くすることです。
 
 そのためには、新しく生まれたOBD点検というビジネスチャンスを上手く
 取り込むことが絶対に必要なことです。
 
 そのビジネスチャンスは、お客に働きかけて初めて実現することができます。
 だから、この一年半の期間で改正車両法についての情報提供を行わなければ
 ならなかったのです。
 
 やや遅きに失した感がありますが、今からでも告知を始めてください。その
 ことで、クルマの安全確保の啓発にもなります。
 
 
2.OBD点検メニューが出来ているか
 
 次に事前に準備すべきことは「OBD点検のメニュー」です。OBD点検の
 診断料をいくらにするのか、OBD診断だけでいいのか、といったことを決
 めて事前に表示が出来るようにすることです。
 
 この際ですから、「1年点検+OBD点検」のメニュー一つだけではなく複
 数用意し、お客が選べるようにしてみたらいかがででしょうか。
 
 つまり松竹梅のメニューを作ることです。基本点検として「1年点検+OB
 D点検+車体のゆがみ診断」とし、それに付加的な点検項目を入れて三つの
 コースを作ります。
 
 車体のゆがみ診断とは、前後についてあるエンブレムが車体の中心にあるか
 を測定し判定をすることです。
 
 OBD点検で不具合なしであっても、エーミングに関する装置が正しく機能
 するかは車体にゆがみがないことが前提になります。
 
 定期点検でその部分もプロとして診断し、判定をすることが認証工場の使命
 であり役割ではないでしょうか。
 
 OBD点検メニューが出来上がれば、それを案内する「点検DM」も一新す
 べきです。
 
 今までと同じ文面のDMでは車両法改正が正しく伝わらない可能性がありま
 す。すこしでも正しく伝えるためには、点検案内DMをガラリと変えること
 です。
 
 そのことによって、受け取ったユーザーは新鮮な気持ちでDMを確認し、実
 施しようかと気持ちを擽られるはずです。
 
 次に行うのとが「TELコール話法の改定」です。DMが新しくなるのです
 からコール話法も新しくしないと迫力がなくなります。
 
 訴えることは当然ですが、電子制御装置の働きを中心として、そための点検
 がOBD点検であり、必要であることを話法として纏めることです。
 
 最後の準備は、受付時の問診を改めることです。今までの様に何か不具合が
 ありますか、気になることがありますか、といった問診ではなく、車が真っ
 すぐに走りますか、前方グリルの取外しをしてませんか、下回りを縁石など
 に強くぶつけていませんか、などエーミングに関係するような問診をするこ
 とです。
 
 これらの準備が整って、初めて新需要を得ることができるのです。百年に一
 度の大変革、と言われますが、やるべきこととは、地に足がついた地道なこ
 とです。
 
 繰り返しますが、今からでも急ぎ準備を整えてください。
 
 
                      Motown21スタッフ カク★☆
┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛
【編集後記】
 
 OBD点検が始まりましたね。
 
 入庫はいかがですか、
 お客様の受け止めはいかがですか。
 
 慣れない説明で、お互い戸惑い気味かと思いますが、
 一歩ずつ制度を上げていくことです。
 
                      Motown21スタッフ カク★☆
┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛
  ※本メルマガの購読を中止される場合は、必ず中止のご連絡をお願いいた
  します。下記から「メルマガ購読中止」とご記入の上、送信してください。
   ■購読中止⇒info@motown21.com
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         「Motown21レター」のご案内
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■意見・感想・質問等⇒http://www.motown21.com/Toi/index.php
  ■購読登録⇒http://www.motown21.com/MMag/
  ■購読中止⇒info@motown21.com
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 【発行元】株式会社ティオ Motown21事務局 info@motown21.com
 【所在地】〒236-0046 横浜市金沢区釜利谷西5−4−21
      tel:045-790-3037 fax:045-790-3038 
 【発行人】山本 覚  【編集人】村谷 絵美子  吉岡 善一 
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    ※本メールに掲載された内容を許可なく転載することを禁じます。    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 バックナンバー一覧