Motown21トップ技術革新 > 作業現場の智恵
VOL26 塗料の水性化と環境対応ついて

4. 実際の構成と低減の数値

別表1.および2
大多数のメーカーの塗料は、このような構成になり、80〜90パーセントのVOC 削減ができるそうです。

大まかな流れとしては、この程度の部分しか対応していないのが現状です。
本来一番重要な環境対応については、すべてを把握していないのが、本当の所です。
しかし現状で最善のものを使わなければ、小さいながらも企業としての理念や目標を掲げる意味でも、意味が無くなってしまうよう思われます。
本音の部分では、トヨタなどの仕事をやる上での必要性や、個人の顧客に対してのアピールというような部分もあるというのが個人的な本音です。

次回は、具体的に数値と、作業内容を細かく書いて見たいと思います。

 

2. 損傷車両の判断
損傷車両の判断とは、かなりあいまいな部分になってしまいます。
外見上軽度な損傷でも、外板部品を取り外してみたら、大きな損傷であったり、またその逆も、えてしてありうることです。ですから使用の判断は、見積もり時の、勘や経験での提示になってしまいます。
これは、使用しない場合での料金提示でも、同じことかもしれません。ですから損傷車両の判断を、事前に十分する必要があります。


鈴木 一也 氏(鈴木オートサービス代表)


                                →  1   2