Motown21トップ技術革新 > 作業現場の智恵
VOL.11 見積もりの応用と、見落としがちな部分  No2


2. チッピングコート
チッピングコートも最近の車には、特に多用されています。またシーリングと同様に
外観上においても、ユーザーニーズにおいて、大変重要な部分になっています。
また、指数上においても、指数作成時には、設定されておらず、設定外の請求をしなければ、いけない部分になっています。実例を下記に記して見ます。

(1) ロッカーパネル、Frフェンダー下部、クォーターパネル下部
この部分は、最近の車はほとんど、塗布されており、車種別やメーカーでも形状が変わっており、技術や材料で、チップ形状を変えて、塗布しなければいけない作業です。

(2) ドア下部
この部分は、最近の車種では、目に付きませんが、塗布されていると、外観上で大変重要な部分になってきます。また車種により塗布部分の大小が変わってきてしまいます。

(3) ホイールハウス内部
この部分は、車種に関わらず、すべての車種に塗布されており、外観上は、さほど重要ではありませんが、車の使用上において重要で、塗布されていないと、内部が飛び石などで傷つき、錆びや腐りの原因になってしまいます。ですから、キチンと実際に、塗布されていた材料と同様のものを使用して、塗布しなければいけません。

(4) その他アンダーフロアすべて
その他アンダー部分には、フロアアンダーカバーが付いていない車種は、塗布されていると思われます。ですから(3)と同様に、正確な作業が必要だと思われます。




                                →  1   2  3   4   次ページへ