Motown21トップ技術革新 > 作業現場の智恵
VOL.17  バンパー補修作業のススメついて


 ここまでが、作業のポイントです。具体的な時間は、下記の通りです。
1. 整形前の確認と、足付け作業 約10分
  (最初にこの作業を行ない、その他の傷の再確認を行なうため)
2. 整形作業  約10分
3. サーフェーサーのためのマスキング   約10分
4. 乾燥時間   22分
5. サーフェーサー研ぎ作業 約15分
6. マスキング作業    約10分
7. ベースカラー塗装作業   約15分〜25分
8. トップコート塗装作業  約10分
9. 乾燥時間    22分
10. 冷却時間      1分
11. 磨き時間     15分

  約2時間30分程度で完成です。

  どうでしょうか?あくまでも、すべての作業がこのようにできるとは、絶対にありませんが、クイック作業をやると、普段の作業の掘り起こしや、見直しにもなります。絶対に大抵の人が無駄に時間を使っているはずです。
  毎日このような作業を行い、一日に何本も仕上げるのは大変ですが、完全予約制で、全員で分担作業をすれば、必ず仕上げられるはずです。

  そして今回一番書きたかった、リピーターのための、営業ツールになるはずです。リピーターのお客さまが、毎回このような簡易作業ではないはずです。次回の受付では、もう少し利益幅のある依頼を、してくれるかもしれません。
  そのための武器に絶対なるはずです。そのためにも、簡易補修だから、仕上がりを重視しなくてもいいと言う、考え方はやめたほうがいいと思います。



鈴木 一也 氏(鈴木オートサービス代表)



                                →  1   2  3