Motown21トップ技術革新 > 作業現場の智恵
VOL.10 作業に見合う見積もりの要領

3.Fr及びRrドア部位
  この部位は、オプションや付随パーツも多く、計上は比較的に多いです。

(1) ドアトリム
⇒ドア修正時及び塗装作業時に「工数0.3  〜0.4程度」を計上する。

(2) ドアハンドル
⇒ドア修正時及び塗装作業時に「工数 0.2〜0.3程度」を計上する。

(3) ドアミラー
⇒ドア修正時及び塗装作業時に「工数0.2〜0.3程度」を計上する。
上記3つは指数マニュアルの目安としても、明記しています。

(4) ドアモール
●ドア修正時及び塗装作業時にモールを交換する場合。
⇒「工数0.3〜0.5程度」計上する。
●ドア修正時及び塗装作業時とドア交換時に、モール再使用する場合。
⇒「工数0.5〜部品代の0.7程度」を計上する。

(5) ドアベルトモール(水切りモール)
●ドア修正時及び塗装作業時とドア交換時に、モールを交換や再使用する場合。
⇒「工数0.15〜0.2程度」を計上する。

(6) ドアサイドバイザー
●ドア修正時及び塗装作業時とドア交換時に、バイザーを交換する場合。
⇒「工数0.15〜0.2程度」を計上する。

(7) ドアエッジモール
●ドア修正時及び塗装作業時とドア交換時に、エッジモールを交換する場合。
⇒「工数0.15〜0.2程度」を計上する。

上記(6)と(7)はオプションパーツの貼り付け部品が前提です。新車カタログの、取付け工賃を目安にしても言いと思われます。それと、再使用には不向きなので、再使用の際は、責任をもってご使用ください。


(8) ドアインシュレーター
⇒ドア修正時に交換の場合「工数 0.1〜0.3程度」を計上する。

(9) ドアサービスホールカバー
   最近のサービスホールカバーは、ブチルテープが伸びてしまい、再使用や保管がしにくく、
   新品交換をお勧めします。
●サービスホールカバー交換時のブチルテープ費用として。
⇒部品代として「0.1〜0.2程度」を計上する。


                                →  1   2  3    4    5   次ページへ