Motown21トップ技術革新 > 作業現場の智恵
VOL.12 鈑金作業と塗装作業のクロスオーバーの部分について

(2) 作業員全員によるサフェサー塗装作業と研磨作業
 この作業も、外観上に見える部分には、直結せず、少し練習すればだれでも出来るようになれるはずです。ですからこの作業もルール化(標準化)し、鈑金作業者、塗装作業者に関わらず、だれもが同じ条件で、作業を行ないます。

1. ポリパテ研磨後、に車の内外をエアーブローし、パテ部分にかからないように洗車を行なう。
2. 一度使ったスポンジテープや、マスキングビニールを使用し、マスキングをする。
3. 塗装色に合わせて、アバウトに調色をし、サフェーサーを塗る。
4. 全体に山を作るように、外側から内側へと、塗る。
5. 間逆の色を用意し、ガイドコートを塗る。
6. 機械で温度管理をし、完全乾燥させる。

この作業を、全員で出来ることになることで、その後の作業の流れが確実によくなります。




                                →  1   2  3   4    5   次ページへ