Motown21トップ技術革新 > 作業現場の智恵
VOL.12 鈑金作業と塗装作業のクロスオーバーの部分について

 非常におおまかに、書いただけでも、以上の五つが、複数の作業員で行なえます。
キャリアや作業の習熟度合いで、最初は多少の開きはでるでしょうが、比較的早く短い作業がでるようになると思います。

 ポイントはチームの中に、指揮者として、すべての作業が完璧にできる人間が、最低一人はいるということです。その部分だけクリアーすれば、次の作業の指示をし、現時点での弱い部分を重点的に、フォローし、作業の流れがよくなり、納期短縮ができ、収益もあがります。

 多くの作業員がいる会社は、アウトソーシングや作業の専従、複数のチーム編成など、会社の引き出しは多々できますが、3〜10人程度の工場であれば、フロントマン以外の優秀な指揮者がいれば、十分クロスオーバーできる、作業が可能だと思います。

 重要な認識は、あくまで会社の収益や、労働時間短縮、が最重要で、それに付帯して、個人の力だけではなく、社員全員の力で、上手に会社の流れを良くするということです。
また今回の長くなってしまいましたが、わが社では実際に現時点で実践しています。


鈴木 一也 氏(鈴木オートサービス代表)


                                →  1   2  3    4    5