Motown21トップ技術革新 > 作業現場の智恵
VOL.13 塗装作業でのゴミの付着低減化についての改善について

4. イオンエアーの活用
イオンを発生させる、スプレーガンは、10年ほど前からあります。すでにお使いの方もいるでしょうが、簡単に説明させていただきます。

このイオンスプレーガンを使うことによって、静電気を除去できます。これを、塗装前に、車体と人体にエアーブローします。その作業により、静電気によるホコリの付帯を防げます。前章に書いたことと間逆のことですが、あくまで塗装するパネルのみに掛けることにより、ピンポイントの静電除去を行い、ホコリの帯同を防ぎます。

またポイントは、前章に書いたように、人体への静電除去を同時に行い、ホコリを防げます。
ですから、今はそれほど高くない機械ですので、使用されていない方は、この機会にご購入をお勧めします。

以上の作業で、ゴミの付着はだいぶ防げます。

磨き作業に余計な時間を使うよりは、事前の努力(一手間)による、作業時間の低減のほうがずっと合理的です。指数での磨き作業の時間は、おおよそ1パネルあたり10から15分程度しか、試算されていません。ですから、それ以上の作業時間は、作業上のサービスにしかなりません。収益を好転させるには、足かせの一つになってしまいます。指数提示の時間より短い作業、これが高収益のネックです。ですから皆さんも、塗装時のゴミの低減に努力してみませんか。


鈴木 一也 氏(鈴木オートサービス代表)


                                →  1   2  3    4    5